イタリアのブドウにとって悪い年は、フランスを世界トップのワイン生産者にしています

フランスは、カビがイタリアのブドウを荒廃させた後、世界最大のワイン生産国としてのタイトルを取り戻す予定です。フランスのブドウ園も真菌に苦しんでいましたが、シャンパーニュを含む主要なワイン産地の良好な天気は、全体的な生産を安定させるのに役立ちました。

秋の収穫が始まると、イタリアのワインメーカーは、異常な暑さと豪雨が早い成長期を混乱させ、カビが繁栄した後、生産量の急激な減少に備えています。

ワインロビーと公共農業機関Ismeaによると、イタリアの生産量は今年4400万ヘクトリットルを下回ると予測されており、5000万ヘクトリットルだった昨年よりも12%減少しています。

一方、フランス農業省は、フランスの2023年の生産量が合計で約45ヘクトリットルになると予想している。それは2022年より2%減少したが、5年平均をわずかに上回っている。

フランスが昨年世界のワインの約19%を製造したイタリアよりも多くのワインを生産したのは9年ぶりです。対照的に、フランスは、ブドウとワインの国際機関のデータによると、18%弱を生産しています。

横行する真菌

両国は、ブドウのべと病と呼ばれる病気を引き起こすプラズモパラビティコラ菌に苦しんでいました。

暖かく湿気の多い条件で繁栄し、真菌はブドウの葉に黄色の斑点を残し、若いブドウを枯れさせます。

5月と6月の大雨と相まって、高温は真菌にとって理想的な条件を作り出し、イタリア中東部の一部でブドウの収穫の45%を一掃したと推定されています。

フランスでは、ボルドーの主要なワイン生産地域が最悪の打撃を受けた。農業省によると、この地域の生産量は昨年から9%減少し、過去5回の収穫の平均を17%下回るだろう。

南西も深刻な影響を受け、ラングドック・ルシヨンの南部地域は干ばつに苦しんだ。

しかし、2023年は、スパークリングワインが作られる北東部地域でのより良い天候の後、シャンパンにとって豊作になると予測されています。同省の数字によると、生産量は平均を24%上回る可能性がある。

ブルゴーニュ、ロワール渓谷、ジュラの地域も、平均よりも良い収穫量を得ると予想されています。

(ロイター)

https://www.rfi.fr/en/france/20230917-bad-year-for-italian-grapes-makes-france-the-world-s-top-wine-producer

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks