EUは癌の恐れから人工スモーキースナックフレーバーを禁止する

欧州加盟国は、健康リスクが懸念される中、チーズやポテトチップスなどの製品に使用される人工煙香料を禁止する。製造業者は代替案を見つけるのに2年かかる。

スモークフレーバーソースやポテトチップスは、実際には本物の煙で味付けされていませんが、スモークフレーバー一次製品(SFPP)と呼ばれる様々な木材の結露に由来する添加物で、欧州食品安全機関(EFSA)は癌につながる可能性があると懸念しています。

EFSAは2023年11月に調査結果を発表し、製品の遺伝毒性、つまり癌につながる可能性のある細胞遺伝子への影響について懸念を提起した。

調査結果に続いて、欧州加盟国は4月に8つのスモークフレーバーの承認を更新しないという委員会の提案を承認した。

代替案を見つける時間

今後数週間で正式に採択され、今年後半に実施される新しい規制は、食品生産者に代替案を見つける時間を与えます。

ポテトチップスやソースなどのフレーバーエンハンサーとしてスモーク添加剤を使用する製品は、成分が変更されない限り、2年以内に禁止されますが、ハム、魚、チーズなどの伝統的な喫煙に代わる添加剤を使用する製品は5年です。

伝統的に添加物なしで燻製されたハムやサーモンは、禁止の影響を受けません。

アイルランドのスナック会社ケリーは、アイルランドはヨーロッパ最大の燻製製品の消費者の1つであるため、新しい規制が食品業界に「大きな経済的損害」をもたらし、約300億ユーロの売上高に影響を与えると警告しました。

しかし、欧州委員会は、この規制により、企業が代替案を考え出すのに十分な時間があると述べています。

https://www.rfi.fr/en/international/20240616-european-union-to-ban-smoke-flavours-used-in-crisps-and-snacks

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1749
Enable Notifications OK No thanks