アペリティフ in 東京、代官山で開催

今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前から始まったアペリティフの日は東京のみならず全国に広まり浸透してきているフランス流ライフスタイルのイベントです。

ヨーロッパの中でもフランス人はライフスタイルを大切にし、日々の生活の仮名にゆとりのひとときを求めます。その一つとしてなくてはならない大切な習慣が「アペリティフ」です。ラテン語のAperireを語源とするAperitifは、食欲を増進させ、集う人々の懇親を深めます。美味を追求し、友情を重んじ、ゆったりと人生を楽しむフランスのライフスタイルの象徴です。

フランスの食品関係のイベントというとボジョレーヌーボー解禁が有名ですが、アペリティフは友人などと一緒に過ごす楽しいひとときという日々のライフスタイルにフォーカスされています。日本では「飲み会」というソーシャライジングの方法がありますが、フランス流スタイルというべきでしょうか?

近年コミュニケーションをいかにとるかが焦点になってきていますが、ひと味違ったライフスタイルを味わってみてはいかがでしょうか?

アペリティフ in 東京 2018
2018年5月18日〜20日
代官山 HILLSIDE TERRACE
今回出店しているお店のアミューズ(おつまみ)はYouTubeチャンネルで紹介しています。
https://youtu.be/MDpD4pYF_Ag


レストラン モナリザの河野シェフと天使の海老を使ったアミューズ


Le Pommier、その場で焼いてくれるフレンチトースト


料亭「青柳」調理長とスペシャルアミューズ
トリュフをふんだんに使ったアミューズ

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  3. フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  4. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  5. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  6. バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  7. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
ページ上部へ戻る