アペリティフ in 東京、代官山で開催

今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前から始まったアペリティフの日は東京のみならず全国に広まり浸透してきているフランス流ライフスタイルのイベントです。

ヨーロッパの中でもフランス人はライフスタイルを大切にし、日々の生活の仮名にゆとりのひとときを求めます。その一つとしてなくてはならない大切な習慣が「アペリティフ」です。ラテン語のAperireを語源とするAperitifは、食欲を増進させ、集う人々の懇親を深めます。美味を追求し、友情を重んじ、ゆったりと人生を楽しむフランスのライフスタイルの象徴です。

フランスの食品関係のイベントというとボジョレーヌーボー解禁が有名ですが、アペリティフは友人などと一緒に過ごす楽しいひとときという日々のライフスタイルにフォーカスされています。日本では「飲み会」というソーシャライジングの方法がありますが、フランス流スタイルというべきでしょうか?

近年コミュニケーションをいかにとるかが焦点になってきていますが、ひと味違ったライフスタイルを味わってみてはいかがでしょうか?

アペリティフ in 東京 2018
2018年5月18日〜20日
代官山 HILLSIDE TERRACE
今回出店しているお店のアミューズ(おつまみ)はYouTubeチャンネルで紹介しています。
https://youtu.be/MDpD4pYF_Ag


レストラン モナリザの河野シェフと天使の海老を使ったアミューズ


Le Pommier、その場で焼いてくれるフレンチトースト


料亭「青柳」調理長とスペシャルアミューズ
トリュフをふんだんに使ったアミューズ

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  2. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  3. 次世代原子炉が元凶フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  4. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  5. ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
  6. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  7. 日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
ページ上部へ戻る