トレーダーの賞与に新たな規定

フランスの大手銀行BNPパリバの第2・四半期決算は16億0400万ユーロ(22億9000万ドル)となり、純利益が前年同期に比べて6.6%増加した。このうち10億ユーロをトレーダーのボーナスにあてると発表されたことで、「世界同時不況をもう忘れたのか、国の支援を受けてきたのにあり得ない」と批判が相次いでいた。

これに対してサルコジ大統領の待ったの声がかかり、今回エリゼ宮には大手銀行の役員が招集され、トレーダーのボーナス受け取りに関する新たな規定が設けられることになった。

新しい規定ではボーナス額の査定期間を数年単位に拡大したり、ボーナスを全額受け取るまでに数年がかりとなる。また、成績が予想以下であれば減額されることを盛り込んだ。

2009年のボーナスが最高額の場合、3分の一が2010年に支払われ、残りは3年かけて支払われる。さらにその一部は銀行の株での支払いとする。

サルコジ大統領は「危機はまだ去っていない。発端は金融だったことを忘れてはならない。過去を過ぎ去ったかのように扱う巨額のボーナスには憤りを感じる」と述べた。

また、この新しい規定はフランスの競争力を維持するためにも、国際的に受け入れられるべきとして、金融サミット前の欧州連合(EU)首脳会議で、正式に欧州の提案とするよう提起すると発表している。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. espace sans tabac
ページ上部へ戻る