フランス革命記念日

7月14日は1789年のバスティーユ襲撃を記念したフランス革命記念日。この記念日はいつしか国民のお祭り日となり、恒例の打ち上げ花火でパリも賑わう一日となる。

そもそも7月14日が国祭日となったのは、1880年第三共和政のときのこと。パリ市選出の代議士バンジャマン・ラスパイユが「共和国は毎年7月14日を国祭日とする」とした法案を提出したことからはじまる。

この法案が7月6日に公布されたとき、内務大臣はこの日が最初の年から国家的な祝祭日となるよう、国祭日の予定を決める委員会をすでに立ち上げていた。

全国の市町村には祝いの鐘や劇団の出し物、旗による装飾など様々な方法によって祝賀ムードを盛り上げるよう奨励され、1880年7月14日当日は愛国心を復興させる祭典が実現された。

それまで配給が見送られていた軍旗が再編成され各連帯に配られ、強いシンボルを掲げる祭典となった。そして共和国を象徴する女神像「マリアンヌ」の崇拝も広まる。市民のだれもがマリアンヌのリトグラフを街角の売店で買うことができるようになったのだ。マリアンヌとはフランスを擬人化したイメージで、「自由の女神」として今や知らない人はいないでしょう。

ちなみにこのマリアンヌ、時代の顔を代表する美しいフランス人女性が選ばれ、その胸像が作製されフランス国中の役所や公的な場所へ置かれる。これまでマリアンヌに選ばれた著名人は、ブリジッド・バルドーやカトリーヌ・ドヌーヴなど。

こうして、国民の団結を図るという最大の役目を国祭日は担うようになり、現在では軍隊行進やコンサート、そしてメインイベントとして花火が打ち上げられる。今年はエッフェル塔の120歳を記念した花火大会となる予定だ。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  2. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  3. フランスでバカロレアは絶対か?

    日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  4. 江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  5. アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
ページ上部へ戻る