ウイグル:中国、国連訪問に応じる用意があるが条件付き

国連は、中国が100万人近いウイグル人を収容しているとされる収容所の視察を3年前から交渉しているが、成功していない。香港の日刊紙『South China Morning Post』によると、北京は国連代表団を歓迎する用意があるとのことだ。

北京はオリンピック後、国連人権高等弁務官ミシェル・バチェレ氏の訪問が「検察審査会」ではなく、「友好的」であることを条件に、新疆の門を開くという。

この条件は、ジュネーブでは冷ややかに受け止められた。国連人権高等弁務官事務所のルパート・コルビル報道官は、「今年前半の訪問の可能性について、まだ話し合いが続いている」と述べた。詳細は現在交渉中です。訪問を有意義なものにするために、私たちは、市民社会の幅広い関係者や場所への自由で監視のないアクセス、および政府のメンバーとの面会を求めています。これらは、そうした訪問の必須条件です。

オリンピック前の報告・訪問はなし

South China Morning Postによると、北京はミシェル・バチェレに圧力をかけ、新疆における集団拘束、拷問、強制労働に関する報告書の発行を延期させようとしているとのこと。このような国連の報告書は、すでにいくつかの国から外交的ボイコットを受けているオリンピックを汚すことになる。

ミシェル・バチェレは中国に行くか行かないかにかかわらず、新疆に関する報告書を発表するつもりである。欧米人やNGOはこの報告書を心待ちにしており、後者は高等弁務官が北京に対して声を上げることを繰り返し要求してきた。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220128-ouïghours-la-chine-prête-à-une-visite-de-l-onu-mais-sous-conditions

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks