フランス、新型インフルエンザで初の死亡者

フランスでは新型インフルエンザの感染者が初めて死亡した。14才の少女で、結核と肺疾患にかかっており、新型インフルエンザによってもともとの病気が進行してしまったのではないかとみられている。

フランスでは現在1000人以上の感染者がいるが重篤な患者は今のところ他に出ていない。

冬の季節を迎えた南半球では新型インフルエンザが猛威をふるっており、夏の暑い季節をむかえたヨーロッパでも感染者は日に日に増えている。

感染拡大の恐れがある秋冬の前に各国は具体的な対策を固めていきたいところで、現在感染者が増加しているアルゼンチンはEUと人口の分布が似ているとしてEU諸国が参考にしようと躍起になっている。

フランスでは約1億回分のワクチンが10月から冬にかけて納品されると政府が発表しており、国民の不安が爆発する前のしかるべき措置と思える。

日本でもいったん終息状態に思えたが、感染者が全くいなくなったわけではない。それでも、厚生労働省からはワクチンに関する発表は今のところ無い。夏だから、と安心してはいられない。早くワクチンに関する情報を発表してもらいたいものだ。夏をこえればもう目の前に冬の寒さと乾燥した季節がやってくるのだから。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る