フランス、新型インフルエンザで初の死亡者

フランスでは新型インフルエンザの感染者が初めて死亡した。14才の少女で、結核と肺疾患にかかっており、新型インフルエンザによってもともとの病気が進行してしまったのではないかとみられている。

フランスでは現在1000人以上の感染者がいるが重篤な患者は今のところ他に出ていない。

冬の季節を迎えた南半球では新型インフルエンザが猛威をふるっており、夏の暑い季節をむかえたヨーロッパでも感染者は日に日に増えている。

感染拡大の恐れがある秋冬の前に各国は具体的な対策を固めていきたいところで、現在感染者が増加しているアルゼンチンはEUと人口の分布が似ているとしてEU諸国が参考にしようと躍起になっている。

フランスでは約1億回分のワクチンが10月から冬にかけて納品されると政府が発表しており、国民の不安が爆発する前のしかるべき措置と思える。

日本でもいったん終息状態に思えたが、感染者が全くいなくなったわけではない。それでも、厚生労働省からはワクチンに関する発表は今のところ無い。夏だから、と安心してはいられない。早くワクチンに関する情報を発表してもらいたいものだ。夏をこえればもう目の前に冬の寒さと乾燥した季節がやってくるのだから。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  2. フランス核実験で人体実験も、、、

    しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  3. フランスの地方分権

    今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  4. フランスでもブルカ禁止法案

    先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  5. シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial