牛のゲップで地球温暖化

温暖化の要因の一つが牛のゲップというのです。牛は1日に90回のゲップをして600リットルのメタンガスを発生します。牛の食べる食物繊維は消化が難しくそしゃくを繰り返すことによって発酵しガスが発生、そのままでは爆発してしまうためにゲップをして外にはき出します。
牛が出す温暖化ガスはフランスに14つ有る石油精製工場の3倍。牛のゲップが約26万トンで精製工場の2倍のガスが、排泄物から約12万トンで精製工場とほぼ同等のガスが発生しています。それに加えて肥料の撒布で15万トンの温暖化ガスが発生します。
この唯一の解決策は排泄物の処理方法のみで、排泄物からメタンガスを取り出して利用する事ぐらいしかできないそうです。
温暖化ガスは牛だけが出すのではなく、農業から19%、工業から20%、交通から27%発生しています。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010-1-5

    シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  2. 2009-8-26

    フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  3. 2010-3-30

    中国工場を閉鎖しフランスへ

    ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。 中国では人…
  4. 2015-5-27

    フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  5. 2008-7-4

    国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  6. 2010-10-25

    産休延長へ

    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  7. 2018-5-19

    アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
ページ上部へ戻る