クリスチャン・ポラック氏「百合と大筒」を発表

ポラック在日フランス商工会議所は、クリスチャン・ポラック氏の著作による「百合と大筒」を出版し、出版記念発表会をフランス大使公邸にて行いました。

発表会では在日フランス商工会議所の会頭ベルナール・デルマス、クリスチャン・マセ駐日フランス大使、また、著者のクリスチャン・ポラック本人によるスピーチが行われ、日仏をつなげるこの有意義な出版へのそれぞれの想いが語られました。

「百合と大筒」は、2001年の「絹と光 – 日仏交流の黄金時代、江戸時代から1950年代まで」、2005年の「筆と刀 – 日本におけるもうひとつのフランス、1872-1960」に続く第3弾となります。

書籍では、フランスがいかにして日本の産業、軍事発展に寄与したかを明らかにします。一個人の数奇な生涯(例えば海軍士官シャルル・ラヴィゾン)、一企業の新天地での冒険(シュネデール・エ・クルゾー)、ある時代の人々の心に深く刻まれた悲劇(ニール号の沈没)などにさまざまな角度から迫ります。

フランスと日本の文化交流が、当時からどのように育まれてきたのかを知ることのできる文化的な価値の高い出版です。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010-3-10

    産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  2. 2010-4-26

    フランスでもブルカ禁止法案

    先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  3. 2009-11-19

    幼児のテレビ鑑賞は禁止すべき?

    幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  4. 2011-9-1

    仏独の目指す欧州経済政府

    20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  5. 2008-10-24

    フランスも女子アナ時代

    数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  6. 2010-3-30

    中国工場を閉鎖しフランスへ

    ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。 中国では人…
  7. 2011-7-11

    フランスでバカロレアは絶対か?

    日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
ページ上部へ戻る