クリスチャン・ポラック氏「百合と大筒」を発表

ポラック在日フランス商工会議所は、クリスチャン・ポラック氏の著作による「百合と大筒」を出版し、出版記念発表会をフランス大使公邸にて行いました。

発表会では在日フランス商工会議所の会頭ベルナール・デルマス、クリスチャン・マセ駐日フランス大使、また、著者のクリスチャン・ポラック本人によるスピーチが行われ、日仏をつなげるこの有意義な出版へのそれぞれの想いが語られました。

「百合と大筒」は、2001年の「絹と光 – 日仏交流の黄金時代、江戸時代から1950年代まで」、2005年の「筆と刀 – 日本におけるもうひとつのフランス、1872-1960」に続く第3弾となります。

書籍では、フランスがいかにして日本の産業、軍事発展に寄与したかを明らかにします。一個人の数奇な生涯(例えば海軍士官シャルル・ラヴィゾン)、一企業の新天地での冒険(シュネデール・エ・クルゾー)、ある時代の人々の心に深く刻まれた悲劇(ニール号の沈没)などにさまざまな角度から迫ります。

フランスと日本の文化交流が、当時からどのように育まれてきたのかを知ることのできる文化的な価値の高い出版です。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  2. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  3. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  4. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  5. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  6. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  7. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
ページ上部へ戻る