クリスマス・ストーリー

欧米人と付き合えばよく分かる事だが、クリスマスは重要な日だ。だから海外に留学していてもクリスマスにはお国に帰るという人は結構多い。本作が、疎遠になっていた家族を一同に集める口実用いたのが、このクリスマスだ。30年前のクリスマスと名の付く映画ならキリスト教に深く結びついた内容で、最後には心温まるエンディングだっただろうが、21世紀にそんな話では映画にならないのだろう。

とてもフランスらしい映画なので、正直色々分かりにくい部分が多々あるだろうし、そういった意味でも通常公開やDVDなどで見るよりはフランス人なども多いフランス映画祭で見るのが一番良いだろう。試写会でも、面白いところでも誰も笑わないので、寂しい。フランス映画祭の独特な雰囲気は東京に移ってから消えてきたが、反応の良い観客と一緒に見るのは、それなりの楽しさがある。

作品を見る前にネタバレを極端に嫌う人がいることはよく分かっているが、事前に多少の解説を読んでおいた方が良いのではないかと思う。一度分からないことがあると疑問に感じて、それが頭から離れずに、更に内容が分からなくなる事がたまに有るが、そうなりかねない。

何しろ本物の親子が競演しているのに、役では親子じゃない。まあ、ドラマでは良くあることだが、誰が誰の子なのか分からなくなる。ジュノン(カトリーヌ・ドヌーヴ)の娘がエリザベート(アンヌ・コンシニ)だが全然似ていない。だが、三男イヴァン(メルヴィル・プポー)の妻役がキアラ・マストロヤンニでカトリーヌ・ドヌーヴの本当の娘だ。

フランスではカンヌやセザール賞で受賞し高評価となっている。ニューヨークでも上映されたらしく、ニューヨーク・ポストの年間ベスト4に選ばれている。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る