スフィンクス

昨年日本でも大騒ぎになったアイドルというか芸能人の麻薬事件。今までも芸能人の麻薬使用に関するニュースも少なくはなかったが、ここまで大騒ぎは今まで無かったのでは?

麻薬の取引が特定のクラブで行われているというのはフランスでも同じようで、ある議員の息子が麻薬でラリっているところに、踏み込んだ警官の一人が殺されてしまい、もう一人は逆に暴力で告発されてしまう。こういう事は、なんか日本でもおきている様な気がするし、日本のドラマでも政治家の息子の罪をもみ消すなんて言うストーリーが良くある。

こういった点でとりわけフランスの社会事情に詳しくない日本人にも、分かりやすいストーリーで、様々な演出や結末もありがちだし、上映時間も短めなので、それなりに楽しめる。

アメリカのドラマだと、自分を信用させるために殺さざる得なくなる時に何かと場面展開させて殺さないですむというパターンがあるが、そんな危機的状況ではサクッと殺してしまったりして、うざったい演出が無い。

自分たちの無実を証明するために、勝手に捜査を開始をするくせに、麻薬組織はほとんど殺しちゃう。やけに手荒なストーリー展開、その割には良くあるセクシーシーンには行きそうで行かない。

エンドクレジットにkarateという仕事のスタッフが入っていたが、そういうシーンがあったのか印象にない。見に行く方は気にとめて見て欲しい。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. バカンスはエコロジーか?

    7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
  2. ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  3. espace sans tabac

    子ども遊び場の全面禁煙

    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  4. フランスでバカロレアは絶対か?

    日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  5. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
ページ上部へ戻る