チャップリンからの贈り物

1978年に本当にあったチャップリンの遺体誘拐事件を元にした作品です。もちろん映画では様々な脚色がされていますが、この実話に基づいて構成されています。チャップリンが実際住んだ邸宅や墓地、息子や孫娘が出演しているという、チャップリンファンなら見逃せない作品です。

本当にこの作品を100%楽しみたいというなら、チャップリンの有名な作品を一度ご覧になって行かれることをお勧めいたします。それは、いくつかのシーンでこれらの作品のオマージュが出てくるからで、60代以上でしたらどこかで知っているシーンや音楽も出てくるのではないかと思います。「ライムライト」「街の灯」「黄金狂時代」「チャップリンの霊泉」「モダン・タイムス」「ロシュフォールの恋人たち」などのオマージュがあるそうです。

この誘拐事件というのは、作品の内容そのものなのですが、チャップリンの死後2ヶ月後にスイス・レマン湖畔に埋葬された遺体が棺ごと盗まれました。犯人が身代金を要求し逮捕されるのですが、遺族は犯人を告訴しなかったばかりか、お金を用立てたのです。

7/18(土)YEBISU GARDEN CINEMA、シネスイッチ銀座他全国順次ロードショー

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  2. まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルよりフランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  3. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  4. 日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  5. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  6. しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  7. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
ページ上部へ戻る