チャップリンからの贈り物

1978年に本当にあったチャップリンの遺体誘拐事件を元にした作品です。もちろん映画では様々な脚色がされていますが、この実話に基づいて構成されています。チャップリンが実際住んだ邸宅や墓地、息子や孫娘が出演しているという、チャップリンファンなら見逃せない作品です。

本当にこの作品を100%楽しみたいというなら、チャップリンの有名な作品を一度ご覧になって行かれることをお勧めいたします。それは、いくつかのシーンでこれらの作品のオマージュが出てくるからで、60代以上でしたらどこかで知っているシーンや音楽も出てくるのではないかと思います。「ライムライト」「街の灯」「黄金狂時代」「チャップリンの霊泉」「モダン・タイムス」「ロシュフォールの恋人たち」などのオマージュがあるそうです。

この誘拐事件というのは、作品の内容そのものなのですが、チャップリンの死後2ヶ月後にスイス・レマン湖畔に埋葬された遺体が棺ごと盗まれました。犯人が身代金を要求し逮捕されるのですが、遺族は犯人を告訴しなかったばかりか、お金を用立てたのです。

7/18(土)YEBISU GARDEN CINEMA、シネスイッチ銀座他全国順次ロードショー

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  2. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  3. ミカエル・アース監督インタビュー

    フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
  4. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  5. バカンスはエコロジーか?

    7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial