フランス映画祭 2018ナタリー・バイが団長に決定!

今年で26回⽬を迎える「フランス映画祭 2018」(6/21(⽊)~6/24(日)開催)。⽇仏交流160周年を迎える本年は、13年ぶりに横浜で行われます。
この度、映画祭団⻑として、映画界の巨匠ゴダール、トリュフォーらに愛されたフランスの名⼥優、ナタリー・バイさんが就任。2013年以来、3度⽬の団⻑を務めることになります。今回の起⽤理由としてユニフランス代表イザベル・ ジョルダーノ⽒は「クラシックでエレガントなフランス映画界の巨匠達であるフランソワ・トリュフォー監督やベルトラン・タヴェルニエ監督から新世代の監督たちまで、また、世界的に活躍するS・スピルバーグ監督やグザビエ・ドラン監督らにも愛される⼥優であり、多様な世代と多彩なジャンルをカバーするにふさわしい団⻑だと思っておりま す。」とコメントを寄せています。

新作12作品に加えて、個性豊かな⻑編2作品の上映も追加決定いたしました。団⻑であるナタリー・バイが出演する、エマニュエル・ドゥヴォスとナタリーの競演が光るサスペ ンス『モカ⾊の車(原題:Moka)』。特別上映作品として『モカ⾊の⾞』上映前にはナタリー・バイの娘であるロー ラ・スメットの監督短編作品『トマ』(フランス/13分/監督:ローラ・スメット)も上映。ローラ・スメットの来⽇も予定しています。

さらに『たかが世界の終わり』でセザール主演男優賞を受賞したフランス映画界の次世代俳優ギャスパー・ウリエル主演、第71回(2018)カンヌ国際映画祭監督週間にも出品された話題作『世界の果て(原題:LES CONFINS DU MONDE )』の上映が決定。チケットは6月2日からチケットぴあ(オープニング作品のみ、横浜市民は入場料が500円)にて発売。そのほかはイオンチケットセンターにて発売です。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2009-11-26

    科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  2. 2011-9-8

    増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  3. 2010-10-31

    長寿大国は日本?フランス?

    世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  4. 2010-6-25

    フランスで年金受給年齢引き上げ

    日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  5. 2009-8-13

    フランスの地方分権

    今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  6. 2009-8-26

    フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  7. 2015-5-27

    フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
ページ上部へ戻る