フランス映画祭 2018ナタリー・バイが団長に決定!

今年で26回⽬を迎える「フランス映画祭 2018」(6/21(⽊)~6/24(日)開催)。⽇仏交流160周年を迎える本年は、13年ぶりに横浜で行われます。
この度、映画祭団⻑として、映画界の巨匠ゴダール、トリュフォーらに愛されたフランスの名⼥優、ナタリー・バイさんが就任。2013年以来、3度⽬の団⻑を務めることになります。今回の起⽤理由としてユニフランス代表イザベル・ ジョルダーノ⽒は「クラシックでエレガントなフランス映画界の巨匠達であるフランソワ・トリュフォー監督やベルトラン・タヴェルニエ監督から新世代の監督たちまで、また、世界的に活躍するS・スピルバーグ監督やグザビエ・ドラン監督らにも愛される⼥優であり、多様な世代と多彩なジャンルをカバーするにふさわしい団⻑だと思っておりま す。」とコメントを寄せています。

新作12作品に加えて、個性豊かな⻑編2作品の上映も追加決定いたしました。団⻑であるナタリー・バイが出演する、エマニュエル・ドゥヴォスとナタリーの競演が光るサスペ ンス『モカ⾊の車(原題:Moka)』。特別上映作品として『モカ⾊の⾞』上映前にはナタリー・バイの娘であるロー ラ・スメットの監督短編作品『トマ』(フランス/13分/監督:ローラ・スメット)も上映。ローラ・スメットの来⽇も予定しています。

さらに『たかが世界の終わり』でセザール主演男優賞を受賞したフランス映画界の次世代俳優ギャスパー・ウリエル主演、第71回(2018)カンヌ国際映画祭監督週間にも出品された話題作『世界の果て(原題:LES CONFINS DU MONDE )』の上映が決定。チケットは6月2日からチケットぴあ(オープニング作品のみ、横浜市民は入場料が500円)にて発売。そのほかはイオンチケットセンターにて発売です。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010/10/25

    産休延長へ
    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  2. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  3. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  4. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  5. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  6. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  7. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
ページ上部へ戻る