フランス映画祭 2018ナタリー・バイが団長に決定!

今年で26回⽬を迎える「フランス映画祭 2018」(6/21(⽊)~6/24(日)開催)。⽇仏交流160周年を迎える本年は、13年ぶりに横浜で行われます。
この度、映画祭団⻑として、映画界の巨匠ゴダール、トリュフォーらに愛されたフランスの名⼥優、ナタリー・バイさんが就任。2013年以来、3度⽬の団⻑を務めることになります。今回の起⽤理由としてユニフランス代表イザベル・ ジョルダーノ⽒は「クラシックでエレガントなフランス映画界の巨匠達であるフランソワ・トリュフォー監督やベルトラン・タヴェルニエ監督から新世代の監督たちまで、また、世界的に活躍するS・スピルバーグ監督やグザビエ・ドラン監督らにも愛される⼥優であり、多様な世代と多彩なジャンルをカバーするにふさわしい団⻑だと思っておりま す。」とコメントを寄せています。

新作12作品に加えて、個性豊かな⻑編2作品の上映も追加決定いたしました。団⻑であるナタリー・バイが出演する、エマニュエル・ドゥヴォスとナタリーの競演が光るサスペ ンス『モカ⾊の車(原題:Moka)』。特別上映作品として『モカ⾊の⾞』上映前にはナタリー・バイの娘であるロー ラ・スメットの監督短編作品『トマ』(フランス/13分/監督:ローラ・スメット)も上映。ローラ・スメットの来⽇も予定しています。

さらに『たかが世界の終わり』でセザール主演男優賞を受賞したフランス映画界の次世代俳優ギャスパー・ウリエル主演、第71回(2018)カンヌ国際映画祭監督週間にも出品された話題作『世界の果て(原題:LES CONFINS DU MONDE )』の上映が決定。チケットは6月2日からチケットぴあ(オープニング作品のみ、横浜市民は入場料が500円)にて発売。そのほかはイオンチケットセンターにて発売です。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る