フランス映画祭2006:Fauteuils d’orchestre /オーケストラ・シート(原題)

20060202154826_m34.jpg
監督:ダニエル・トンプソン(『シェフと素顔と、おいしい時間』)
出演:ヴァレリー・ルメルシエ(『カドリーユ』)、セシル・ド・フランス(『スパニッシュ・アパートメント』)
コメディ/2005年/106分
提供:コムストック・オーガニゼーション
『シェフと素顔と、美味しい時間』のトンプソン監督がセシル・ド・フランスを迎えて織りなす、アートの街パリのための、おしゃれで心温まるコメディ。


パリ。芸術家やアートを愛する人々の街…。でも彼らだってそれぞれ悩みを抱えてる!セシル・ドゥ・フランスの魅力満載、これがホントのパリの顔?『シェフと素顔と、おいしい時間』の女性監督ダニエル・トンプソンが、若手人気女優セシル・ドゥ・フランス他演技派俳優たちを集め撮り上げた、芸術のパリを巡るおしゃれでハートフルなコメディ。なお本作は、撮影直後に亡くなった名女優シュザンヌ・フロンに捧げられている。
Story
 テレビでも成功している、でも本当は芸術的な映画を夢見ている人気女優…彼女は17日に舞台の初日を控えている。世界最高の舞台でスノッブな客を前に演奏する、でも本当はもっと孤独に自由に、そして純粋で飾らない客を前に演奏したいピアニスト…彼は17日にベートーヴェンの演奏会を控えている。人生をアート作品の収集にかけてきた男…でも彼は17日にそのすべてを一晩で売り放ってしまう!ある田舎の女性ジェシカ…彼女は人生の運試しにパリへやってきて、ウェイトレスとしてカフェに雇われる。17日夜そのカフェで、彼ら全員がそれぞれの悩みを抱えながら偶然出会い、交錯し――さあいったい何が起こる?
Staff
監督:ダニエル・トンプソン(『シェフと素顔と、おいしい時間』)
製作:クリスティーヌ・ゴジアン
脚本:ダニエル・トンプソン、
クリストファ-・トンプソン
撮影:ジャン=マルク・ファーブル
Cast
出演:ヴァレリー・ルメルシエ(『カドリーユ』)、セシル・ドゥ・フランス(『スパニッシュ・アパートメント』)、クリストファー・トンプソン

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  2. 数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  3. ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
  4. バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  5. 先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  6. 日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  7. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
ページ上部へ戻る