フランス映画祭2006:Fauteuils d’orchestre /オーケストラ・シート(原題)

20060202154826_m34.jpg
監督:ダニエル・トンプソン(『シェフと素顔と、おいしい時間』)
出演:ヴァレリー・ルメルシエ(『カドリーユ』)、セシル・ド・フランス(『スパニッシュ・アパートメント』)
コメディ/2005年/106分
提供:コムストック・オーガニゼーション
『シェフと素顔と、美味しい時間』のトンプソン監督がセシル・ド・フランスを迎えて織りなす、アートの街パリのための、おしゃれで心温まるコメディ。


パリ。芸術家やアートを愛する人々の街…。でも彼らだってそれぞれ悩みを抱えてる!セシル・ドゥ・フランスの魅力満載、これがホントのパリの顔?『シェフと素顔と、おいしい時間』の女性監督ダニエル・トンプソンが、若手人気女優セシル・ドゥ・フランス他演技派俳優たちを集め撮り上げた、芸術のパリを巡るおしゃれでハートフルなコメディ。なお本作は、撮影直後に亡くなった名女優シュザンヌ・フロンに捧げられている。
Story
 テレビでも成功している、でも本当は芸術的な映画を夢見ている人気女優…彼女は17日に舞台の初日を控えている。世界最高の舞台でスノッブな客を前に演奏する、でも本当はもっと孤独に自由に、そして純粋で飾らない客を前に演奏したいピアニスト…彼は17日にベートーヴェンの演奏会を控えている。人生をアート作品の収集にかけてきた男…でも彼は17日にそのすべてを一晩で売り放ってしまう!ある田舎の女性ジェシカ…彼女は人生の運試しにパリへやってきて、ウェイトレスとしてカフェに雇われる。17日夜そのカフェで、彼ら全員がそれぞれの悩みを抱えながら偶然出会い、交錯し――さあいったい何が起こる?
Staff
監督:ダニエル・トンプソン(『シェフと素顔と、おいしい時間』)
製作:クリスティーヌ・ゴジアン
脚本:ダニエル・トンプソン、
クリストファ-・トンプソン
撮影:ジャン=マルク・ファーブル
Cast
出演:ヴァレリー・ルメルシエ(『カドリーユ』)、セシル・ドゥ・フランス(『スパニッシュ・アパートメント』)、クリストファー・トンプソン

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  2. 今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  3. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  4. 世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  5. 日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  6. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  7. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
ページ上部へ戻る