フランス映画祭2006:Frankie/フランキー

20060309151251_m8.jpg
監督:ファビアンヌ・ベルトー(短編『Noël en famille』)
出演:ダイアン・クルーガー(『ホワイト・ライズ』)、ジャニック・グラーヴェリン(『パリの確立』)
ドラマ/2005年/88分
虚飾の世界に生きるモデルが、絶望と孤独のただなかに見つけたひとつの温もり。自ら女優のキャリアを持つF・ベルトーが描く哀しくも優しい物語。


20060309151343_s8.jpg
虚飾の世界に生きるモデルが、絶望と孤独のただなかに見つけたひとつの温もり。自ら女優のキャリアを持つF・ベルトーが描く哀しくも優しい物語。フランキー演ずるダイアン・クルーガーは、近年『ホワイト・ライズ』や『トロイ』に出演した期待の国際派女優。監督のファビアンヌ・ベルトーもまたフランスのTVに出演していた女優であり、近年は短編映画などの制作を手掛け始めた。その彼女の初長編監督作。女性ならではの繊細で豊かなまなざしに、胸しめつけられる。
Story
 精神病院に入院し、徐々に回復しつつある26歳のブロンドの女性、フランキー。彼女は若さと美しさを失い始めたモデル。そして周囲は一時的な輝きだけが横行する虚飾の世界――。もはやどこにも居場所を見つけることができない彼女は、女の絶望と、無限の孤独に苛まれる。まるでホームレスのように、安ホテル、写真スタジオ、バー、代理店と、街を徘徊するフランキー。だがトムという存在によって、彼女は少しずつ友情や愛情に似た心のともしびを覚え、世界に耳を傾けてゆく……。フラッシュバックで紡がれる、哀しくも優しい物語。
Staff
監督:ファビアンヌ・ベルトー
製作:グザヴィエ・デュランジェ、
ブリュノ・プティ
脚本:ファビアンヌ・ベルトー
撮影:ファビアンヌ・ベルトー
Cast
出演:ダイアン・クルーガー(『ホワイト・ライズ』)、ジャニック・グラーヴェリン(『パリの確立』)
View image
View image
View image

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  2. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  3. 世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  4. 日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  5. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  6. 今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  7. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
ページ上部へ戻る