フランス映画祭2006:Frankie/フランキー

20060309151251_m8.jpg
監督:ファビアンヌ・ベルトー(短編『Noël en famille』)
出演:ダイアン・クルーガー(『ホワイト・ライズ』)、ジャニック・グラーヴェリン(『パリの確立』)
ドラマ/2005年/88分
虚飾の世界に生きるモデルが、絶望と孤独のただなかに見つけたひとつの温もり。自ら女優のキャリアを持つF・ベルトーが描く哀しくも優しい物語。


20060309151343_s8.jpg
虚飾の世界に生きるモデルが、絶望と孤独のただなかに見つけたひとつの温もり。自ら女優のキャリアを持つF・ベルトーが描く哀しくも優しい物語。フランキー演ずるダイアン・クルーガーは、近年『ホワイト・ライズ』や『トロイ』に出演した期待の国際派女優。監督のファビアンヌ・ベルトーもまたフランスのTVに出演していた女優であり、近年は短編映画などの制作を手掛け始めた。その彼女の初長編監督作。女性ならではの繊細で豊かなまなざしに、胸しめつけられる。
Story
 精神病院に入院し、徐々に回復しつつある26歳のブロンドの女性、フランキー。彼女は若さと美しさを失い始めたモデル。そして周囲は一時的な輝きだけが横行する虚飾の世界――。もはやどこにも居場所を見つけることができない彼女は、女の絶望と、無限の孤独に苛まれる。まるでホームレスのように、安ホテル、写真スタジオ、バー、代理店と、街を徘徊するフランキー。だがトムという存在によって、彼女は少しずつ友情や愛情に似た心のともしびを覚え、世界に耳を傾けてゆく……。フラッシュバックで紡がれる、哀しくも優しい物語。
Staff
監督:ファビアンヌ・ベルトー
製作:グザヴィエ・デュランジェ、
ブリュノ・プティ
脚本:ファビアンヌ・ベルトー
撮影:ファビアンヌ・ベルトー
Cast
出演:ダイアン・クルーガー(『ホワイト・ライズ』)、ジャニック・グラーヴェリン(『パリの確立』)
View image
View image
View image

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  2. espace sans tabac

    子ども遊び場の全面禁煙

    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  3. 中小企業に比べ税金を払わない大手企業

    フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その…
  4. 日本とフランスの自殺者数

    日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  5. 国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial