フランス映画祭2006:Frankie/フランキー

20060309151251_m8.jpg
監督:ファビアンヌ・ベルトー(短編『Noël en famille』)
出演:ダイアン・クルーガー(『ホワイト・ライズ』)、ジャニック・グラーヴェリン(『パリの確立』)
ドラマ/2005年/88分
虚飾の世界に生きるモデルが、絶望と孤独のただなかに見つけたひとつの温もり。自ら女優のキャリアを持つF・ベルトーが描く哀しくも優しい物語。


20060309151343_s8.jpg
虚飾の世界に生きるモデルが、絶望と孤独のただなかに見つけたひとつの温もり。自ら女優のキャリアを持つF・ベルトーが描く哀しくも優しい物語。フランキー演ずるダイアン・クルーガーは、近年『ホワイト・ライズ』や『トロイ』に出演した期待の国際派女優。監督のファビアンヌ・ベルトーもまたフランスのTVに出演していた女優であり、近年は短編映画などの制作を手掛け始めた。その彼女の初長編監督作。女性ならではの繊細で豊かなまなざしに、胸しめつけられる。
Story
 精神病院に入院し、徐々に回復しつつある26歳のブロンドの女性、フランキー。彼女は若さと美しさを失い始めたモデル。そして周囲は一時的な輝きだけが横行する虚飾の世界――。もはやどこにも居場所を見つけることができない彼女は、女の絶望と、無限の孤独に苛まれる。まるでホームレスのように、安ホテル、写真スタジオ、バー、代理店と、街を徘徊するフランキー。だがトムという存在によって、彼女は少しずつ友情や愛情に似た心のともしびを覚え、世界に耳を傾けてゆく……。フラッシュバックで紡がれる、哀しくも優しい物語。
Staff
監督:ファビアンヌ・ベルトー
製作:グザヴィエ・デュランジェ、
ブリュノ・プティ
脚本:ファビアンヌ・ベルトー
撮影:ファビアンヌ・ベルトー
Cast
出演:ダイアン・クルーガー(『ホワイト・ライズ』)、ジャニック・グラーヴェリン(『パリの確立』)
View image
View image
View image

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  2. 結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  3. 産休延長へ

    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  4. フランスでバカロレアは絶対か?

    日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  5. 国民投票でフランス人の真の声を届けよ!

    市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
ページ上部へ戻る