フランス映画祭2006:La Ravisseuse/ 誘拐者

20060309145836_m2.jpg
監督:アントワーヌ・サンタナ(『Un moment de bonheur』)
出演:イジルド・ル・ベスコ(『発禁本SADE』)、グレゴワール・コラン(『ネネットとボニ』)
ドラマ/2004年/90分
ブノワ・ジャコの長年の助監督アントワーヌ・サンタナの長編第二作。ジャコ作品でお馴染みのイジルト・ル・ベスコ主演。


20060309145715_m2.jpg
ブノワ・ジャコの長年の助監督アントワーヌ・サンタナの長編第二作。ジャコ作品でお馴染みのイジルト・ル・ベスコ主演。長年ブノワ・ジャコの助監督を務めてきたアントワーヌ・サンタナの長編第二作。昨年映画祭で上映されたジャコの『いつか会える』での新鮮な演技が記憶に新しいイジルド・ル・ベスコと、『ネネットとボニ』などクレール・ドゥニ作品でお馴染みのグレゴワール・コランが共演。『旅芸人の記録』(1975)をはじめ多くのアンゲロプロス作品を手がけるヨルゴス・アルヴァニティスによる撮影にも注目。
Story
 1877年.若い田舎娘のアンジェル=マリーは、赤ん坊に乳を飲ませるため、あるブルジョワ家庭に乳母として雇われる。やがて、その家の若い女主人であるシャルロット・オルクスとアンジェル=マリーとのあいだに親密な関係が築かれる。けれども、シャルロットの夫のジュリアンは妻と乳母とのあいだに生まれつつある関係を芳しく思ってはいなかった。彼はほどなくして二人の女性に対する権威を確かなものとするのだった…。
20060309150203_s2.jpg
Staff
監督:アントワーヌ・サンタナ
製作:ラウリド・レイング、パスカル・メッジ
脚本:ヴェロニク・ピュイバレ、
フロランス・ヴィニョン、アントワーヌ・サンタナ
撮影:ヨルゴス・アルヴァニティス
Cast
イジルド・ル・ベスコ
エミリー・ドゥケンヌ
グレゴワール・コラン
アネモヌ
フレデリック・ピエロ
20060309145955_m2.jpg

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスも女子アナ時代

    数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  2. アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
  3. 幼児のテレビ鑑賞は禁止すべき?

    幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  4. 増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  5. フランスでもブルカ禁止法案

    先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
ページ上部へ戻る