フランス映画祭2006:La Ravisseuse/ 誘拐者

20060309145836_m2.jpg
監督:アントワーヌ・サンタナ(『Un moment de bonheur』)
出演:イジルド・ル・ベスコ(『発禁本SADE』)、グレゴワール・コラン(『ネネットとボニ』)
ドラマ/2004年/90分
ブノワ・ジャコの長年の助監督アントワーヌ・サンタナの長編第二作。ジャコ作品でお馴染みのイジルト・ル・ベスコ主演。


20060309145715_m2.jpg
ブノワ・ジャコの長年の助監督アントワーヌ・サンタナの長編第二作。ジャコ作品でお馴染みのイジルト・ル・ベスコ主演。長年ブノワ・ジャコの助監督を務めてきたアントワーヌ・サンタナの長編第二作。昨年映画祭で上映されたジャコの『いつか会える』での新鮮な演技が記憶に新しいイジルド・ル・ベスコと、『ネネットとボニ』などクレール・ドゥニ作品でお馴染みのグレゴワール・コランが共演。『旅芸人の記録』(1975)をはじめ多くのアンゲロプロス作品を手がけるヨルゴス・アルヴァニティスによる撮影にも注目。
Story
 1877年.若い田舎娘のアンジェル=マリーは、赤ん坊に乳を飲ませるため、あるブルジョワ家庭に乳母として雇われる。やがて、その家の若い女主人であるシャルロット・オルクスとアンジェル=マリーとのあいだに親密な関係が築かれる。けれども、シャルロットの夫のジュリアンは妻と乳母とのあいだに生まれつつある関係を芳しく思ってはいなかった。彼はほどなくして二人の女性に対する権威を確かなものとするのだった…。
20060309150203_s2.jpg
Staff
監督:アントワーヌ・サンタナ
製作:ラウリド・レイング、パスカル・メッジ
脚本:ヴェロニク・ピュイバレ、
フロランス・ヴィニョン、アントワーヌ・サンタナ
撮影:ヨルゴス・アルヴァニティス
Cast
イジルド・ル・ベスコ
エミリー・ドゥケンヌ
グレゴワール・コラン
アネモヌ
フレデリック・ピエロ
20060309145955_m2.jpg

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2009-9-15

    移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  2. 2005-11-20

    江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  3. 2011-8-12

    アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  4. 2011-7-11

    フランスでバカロレアは絶対か?

    日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  5. 2008-7-4

    国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  6. 2011-9-8

    増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  7. 2010-1-5

    シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
ページ上部へ戻る