フランス映画祭2006:Saint Jacques… La Mecque/ サンティアゴ…メッカ

20060309160445_m32.jpg
監督:コリーヌ・セロー(『赤ちゃんに乾杯!』)
出演:ミュリエル・ロバン(『ビジター』)、ジャン=ピエール・ダルッサン(『ロング・エンゲージメント』)
コメディ/2004年/112分
聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅路のなかで展開する葛藤、恋愛、心境の変化。『赤ちゃんに乾杯!』のコリーヌ・セロー監督最新作!


聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅路のなかで展開する葛藤、恋愛、心境の変化。『赤ちゃんに乾杯!』のコリーヌ・セロー監督最新作!ルイス・ブニュエルの『銀河』などこれまでも映画の題材となってきた有名な巡礼の道程を、『赤ちゃんに乾杯!』や『女はみんな生きている』で有名なコリーヌ・セロー監督が取り上げる。美術監督には、『グレースと侯爵』などエリック・ロメールの近作を手がけるアントワーヌ・フォンテーヌを起用。『ビジター』のミュリエル・ロバンと、『アメリ』で挫折した作家を演じたアルチュス・ド・パンゲルンの共演。
Story
 それぞれの夢や思惑を抱えながら、ローマ、エルサレムと並ぶカトリックの聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまでの巡礼路を歩む9人の登場人たち。遺産相続のために聖地を目指す仲の悪い三人兄弟。純朴な従兄弟をメッカに連れて行くと偽っているアラブ系移民二世のフランス人。この純朴な青年と恋に落ちるある巡礼者。道程は長い。勘違いや、葛藤、恋愛、夢、そして彼らの内面の変化が、スペインの聖地にたどり着くまでの素晴らしい景観の中で展開してゆく。
Staff
監督:コリーヌ・セロー(『赤ちゃんに乾杯!』)
製作:シャルル・ガッソ
脚本:コリーヌ・セロー
撮影:ジャン=フランソワ・ロバン
美術:アントワーヌ・フォンテーヌ
Cast
出演:ミュリエル・ロバン(『ビジター』)、ジャン=ピエール・ダルッサン(『ロング・エンゲージメント』)、パスカル・レジティマス
View image
View image
View image
View image
View image

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランス人、トップクラスの生産性

    バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  2. フランス映画祭2019記者会見

    フランス映画祭2019横浜団長・フェスティバルミューズ決定

    今年もフランス映画祭の季節がやってきました。 本年のフェスティバルミューズは女優の中谷美紀さ…
  3. シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  4. 幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  5. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
ページ上部へ戻る