フランス映画祭2006:Saint Jacques… La Mecque/ サンティアゴ…メッカ

20060309160445_m32.jpg
監督:コリーヌ・セロー(『赤ちゃんに乾杯!』)
出演:ミュリエル・ロバン(『ビジター』)、ジャン=ピエール・ダルッサン(『ロング・エンゲージメント』)
コメディ/2004年/112分
聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅路のなかで展開する葛藤、恋愛、心境の変化。『赤ちゃんに乾杯!』のコリーヌ・セロー監督最新作!


聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅路のなかで展開する葛藤、恋愛、心境の変化。『赤ちゃんに乾杯!』のコリーヌ・セロー監督最新作!ルイス・ブニュエルの『銀河』などこれまでも映画の題材となってきた有名な巡礼の道程を、『赤ちゃんに乾杯!』や『女はみんな生きている』で有名なコリーヌ・セロー監督が取り上げる。美術監督には、『グレースと侯爵』などエリック・ロメールの近作を手がけるアントワーヌ・フォンテーヌを起用。『ビジター』のミュリエル・ロバンと、『アメリ』で挫折した作家を演じたアルチュス・ド・パンゲルンの共演。
Story
 それぞれの夢や思惑を抱えながら、ローマ、エルサレムと並ぶカトリックの聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまでの巡礼路を歩む9人の登場人たち。遺産相続のために聖地を目指す仲の悪い三人兄弟。純朴な従兄弟をメッカに連れて行くと偽っているアラブ系移民二世のフランス人。この純朴な青年と恋に落ちるある巡礼者。道程は長い。勘違いや、葛藤、恋愛、夢、そして彼らの内面の変化が、スペインの聖地にたどり着くまでの素晴らしい景観の中で展開してゆく。
Staff
監督:コリーヌ・セロー(『赤ちゃんに乾杯!』)
製作:シャルル・ガッソ
脚本:コリーヌ・セロー
撮影:ジャン=フランソワ・ロバン
美術:アントワーヌ・フォンテーヌ
Cast
出演:ミュリエル・ロバン(『ビジター』)、ジャン=ピエール・ダルッサン(『ロング・エンゲージメント』)、パスカル・レジティマス
View image
View image
View image
View image
View image

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  2. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  3. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  4. 次世代原子炉が元凶フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  5. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  6. 世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  7. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
ページ上部へ戻る