フランス映画祭2006:Saint Jacques… La Mecque/ サンティアゴ…メッカ

20060309160445_m32.jpg
監督:コリーヌ・セロー(『赤ちゃんに乾杯!』)
出演:ミュリエル・ロバン(『ビジター』)、ジャン=ピエール・ダルッサン(『ロング・エンゲージメント』)
コメディ/2004年/112分
聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅路のなかで展開する葛藤、恋愛、心境の変化。『赤ちゃんに乾杯!』のコリーヌ・セロー監督最新作!


聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅路のなかで展開する葛藤、恋愛、心境の変化。『赤ちゃんに乾杯!』のコリーヌ・セロー監督最新作!ルイス・ブニュエルの『銀河』などこれまでも映画の題材となってきた有名な巡礼の道程を、『赤ちゃんに乾杯!』や『女はみんな生きている』で有名なコリーヌ・セロー監督が取り上げる。美術監督には、『グレースと侯爵』などエリック・ロメールの近作を手がけるアントワーヌ・フォンテーヌを起用。『ビジター』のミュリエル・ロバンと、『アメリ』で挫折した作家を演じたアルチュス・ド・パンゲルンの共演。
Story
 それぞれの夢や思惑を抱えながら、ローマ、エルサレムと並ぶカトリックの聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまでの巡礼路を歩む9人の登場人たち。遺産相続のために聖地を目指す仲の悪い三人兄弟。純朴な従兄弟をメッカに連れて行くと偽っているアラブ系移民二世のフランス人。この純朴な青年と恋に落ちるある巡礼者。道程は長い。勘違いや、葛藤、恋愛、夢、そして彼らの内面の変化が、スペインの聖地にたどり着くまでの素晴らしい景観の中で展開してゆく。
Staff
監督:コリーヌ・セロー(『赤ちゃんに乾杯!』)
製作:シャルル・ガッソ
脚本:コリーヌ・セロー
撮影:ジャン=フランソワ・ロバン
美術:アントワーヌ・フォンテーヌ
Cast
出演:ミュリエル・ロバン(『ビジター』)、ジャン=ピエール・ダルッサン(『ロング・エンゲージメント』)、パスカル・レジティマス
View image
View image
View image
View image
View image

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  2. 江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  3. フランスの地方分権

    今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  4. フランスの犬事情

    フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  5. 子だくさんフランス

    今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial