定年を迎えた主人公セルジュは、眠っていたバイク「マムート」で、人生の軌跡をたどる旅に出る。 思わず微笑みを誘う、自分探しのロードムービー。

定年を迎えながら就業記録が不備なために年金がもらえないと知ったセルジュ。過去の勤め先に書類を発行しても らうため、大型バイクで旅に出た彼は、昔の同僚や長年会っていなかった家族と再会し、自己を再発見してゆく……。
日本の年金問題にも通じる設定を生かした、ユーモラスで心温まるロードムービー。ジェラール・ドパルデューが主人 公を生き生きと演じ、イザベル・アジャーニが意外な役柄で登場する。ベルリン映画祭コンペティション上映作品。

監督:ブノワ・ドゥレピーヌ、ギュスタヴ・ケルヴェン 出演:ジェラール・ドパルデュー、ヨランド・モロー、イザベル・アジャー二、ブノワ・ポールブールド /2009 年/フランス/92 分/35mm/カラー/1.85/ドルビーデジタル

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  2. 今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  3. 日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  4. まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルよりフランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  5. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  6. フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  7. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
ページ上部へ戻る