定年を迎えた主人公セルジュは、眠っていたバイク「マムート」で、人生の軌跡をたどる旅に出る。 思わず微笑みを誘う、自分探しのロードムービー。

定年を迎えながら就業記録が不備なために年金がもらえないと知ったセルジュ。過去の勤め先に書類を発行しても らうため、大型バイクで旅に出た彼は、昔の同僚や長年会っていなかった家族と再会し、自己を再発見してゆく……。
日本の年金問題にも通じる設定を生かした、ユーモラスで心温まるロードムービー。ジェラール・ドパルデューが主人 公を生き生きと演じ、イザベル・アジャーニが意外な役柄で登場する。ベルリン映画祭コンペティション上映作品。

監督:ブノワ・ドゥレピーヌ、ギュスタヴ・ケルヴェン 出演:ジェラール・ドパルデュー、ヨランド・モロー、イザベル・アジャー二、ブノワ・ポールブールド /2009 年/フランス/92 分/35mm/カラー/1.85/ドルビーデジタル

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
  2. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  3. 2010/10/25

    産休延長へ
    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  4. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  5. フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  6. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
  7. フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
ページ上部へ戻る