フランス映画祭2020 横浜×ショートショート 特別マスタークラス開催決定!

12月10日(木)〜13日(日)に横浜にて開催されるフランス映画祭2020 横浜。
当初6月に開催が予定されておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期となり、冬の横浜での開催が決定いたしました。


毎年、映画祭期間中に開催されていたフランスの映画人によるマスタークラスも実施が危ぶまれましたが、この度、俳優の別所哲也さんが代表を務める米国アカデミー賞公認国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)」とコラボレーションが決定。

フランス映画祭2020 横浜の開催期間に合わせて、フランスのショートフィルムをオンラインで限定配信し、ゲストを招いて学生へ向けたオンラインの特別マスタークラスを行うことになりました。

今回のテーマはフランスのショートフィルムでみる親と思春期の子の関係。思春期を迎える女性と父親の関係性を描いた短編作品、『真西へ』と『アデュー』にフォーカスし、それぞれの監督をゲストに迎え、質疑応答のトークを行います。

また、ブリリア ショートショートシアター オンラインでも配信されている『ローラとの夜』も関連作品として紹介します。

マスタークラスの模様はフランス映画ファンの皆様にもご覧頂ける様、Youtubeにて生配信を予定しております。
今回のコラボについてSSFF & ASIA代表の別所哲也さんよりコメントが到着致しましたのでイベントの概要と合わせて下記の通りご紹介いたします。

別所哲也

横浜フランス映画祭 2020、開催おめでとうございます!
私が企画する国際短編映画祭「ショートショートフィルム フェスティバル & アジア」内で過去、フランス映画祭の短編プログラムを上映したり、横浜ではある企画の審査員として参加させて頂くなど、多くのコラボレーションをご一緒させて頂きました。

横浜でフランスの映画人たちと夜中まで交流をしたのを昨日のように覚えています。
そして、フランス映画。Mon Dieu!
映画大国フランスの優秀な長編、ショートフィルムにはいつも感嘆させられます。
洗練された文化、多様な人生感、そして愛について数多くの名作が生まれていますね。
今、なかなかフランスには行けない中、横浜とオンラインでの作品上映を通じてフランス文化体験を楽しみたいと思います! 

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 代表 別所哲也

『真西へ』(17分/コメディ)

原題:Plein Ouest
監督アリス・ドゥアール

思春期目前の娘、揺れる父親心
9歳のマチルドは、バカンスの終わりを友人たちと海辺で楽しんでいる。すると、彼女の父親が、彼らのある遊びを曲解してしまう。

真西へ
アリス・ドゥアール(『真西へ』監督)

『アデュー』(24分/ドラマ)

原題:Un adieu
監督:マティルド・プロフィ

父と娘の別れの一日
フランスの海岸沿いを走る一台の車には、パリの学校で新生活をスタートさせる娘と、彼女を送り届ける父が乗っている。娘はもうすぐ思春期、そして父親にも別れを告げることになる。最初でおそらく最後の2 人きりのドライブ。特別なことはないかのように振る舞う父娘に、別れのときが迫る。
マティルド・プロフィの監督デビュー作。
思春期の終わりにさしかかり、父親との関係が変わる時期に特有な感覚を、視線や沈黙、不器用な言葉を通して繊細に描き出す。

アデュー
マティルド・プロフィ(『アデュー 』監督)

『ローラとの夜』(19分/ドラマ)

原題:La Nuit, tous les chats sont roses
監督:ギョーム・ルニュソン

「自分らしさ」からの解放を描く
17歳のアリスは、自分の身体に違和感を覚えている。インターンシップのための重要な面接の前日、普段だぶだぶの服を着ている彼女は、母親から女性らしいタイトなスーツを着るように勧められて反抗してしまう。そんな時、彼女はローラに出会う。

ローラとの夜

その他配信3作品

◆ 『音楽家』(14分/アニメーション) 原題:Navozande, le musician(監督:レザ・リアヒ )

◆ 『岸辺』(8分/アニメーション)原題:Rivages (監督:ソフィ・ラシーヌ )

◆ 『思い出たち』(15分/アニメーション)原題:Souvenir Souvenir (監督:バスティアン・デュボワ )

フランス映画祭2020 横浜×ショートショート フィルムフェスティバル & アジア
特別マスタークラス 概要

【配信日時(予定)】12月11日(金)11:00〜12:00 (生配信)
【配信URL】 youtube.com/c/フランス映画祭2020横浜(フランス映画祭2020 横浜公式チャンネル)
【テーマ】フランスのショートフィルムでみる親と思春期の子の関係
【対象作品】
『真西へ 』 (監督:アリス・ドゥアール)
『アデュー』(監督:マティルド・プロフィ)
『ローラとの夜』(監督:ギョーム・ルニュソン/ BSSTO作品)
【トークゲスト】アリス・ドゥアール(『真西へ』監督)、マティルド・プロフィ(『アデュー 』監督)
【モデレーター】東野正剛(SSFF & ASIAフェスティバルディレクター)

作品のオンライン配信について
【配信サイト】ブリリア ショートショート シアター オンライン (BSSTO/特設ページ
【配信期間】  12/5(土)10:00〜12/18(金)10:00
【作品】
・マスタークラス対象3作品(実写):『真西へ』(17分) 、 『アデュー 』 (24分) 、 『ローラとの夜』 (19分)
・その他配信3作品(アニメーション):『音楽家』 (14分) 、『岸辺』 (8分) 、『思い出たち』 (15分)
※本配信は大学生へ向けた特別マスタークラスの模様を配信するものです。一般の方のQ&Aなどへの参加はできません。
※本配信は後日アーカイブでもご覧いただけます。
※上記6作品のオンライン配信は期間中どなたでもご視聴いただけます。

ショートショート フィルムフェスティバル & アジアとは
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)は 1999年の誕生以来、毎年6月に東京・原宿表参道エリアを中心に開催されている映画祭です。国際短編映画祭としては、アジア最大級の規模を誇り、5,000を超える作品が毎年世界中から集まります。オフィシャルコンペティション(ジャパン部門、アジア インターナショナル部門、インターナショナル部門)をはじめ、「環境」「観光」「CGアニメーション」「ノンフィクション」など、様々なジャンルの部門・プログラムで構成されています。(公式HP:https://www.shortshorts.org)

【フランス映画祭2020 横浜 Festival du film français au Japon 2020 】
■会期: 12月10日(木)~13日(日)
■会場:横浜みなとみらい21地区、イオンシネマみなとみらいほか
■主催:ユニフランス
■共催:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、横浜市 
■特別協賛:日産自動車株式会社
■公式HP:https://www.unifrance.jp/festival/2020/ 
■ハローダイヤル:050-5541-8600(全日8:00~22:00 )

【配信サイト】ブリリア ショートショート シアター オンライン
特設ページURL: https://sst-online.jp/magazine/9184/ 
【配信期間】  12/5(土)10:00〜12/18(金)10:00

シェアしよう!