ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2012

ラ・フォル・ジュルネ

ラ・フォル・ジュルネ クラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」が4月22日から5月6日まで、東京をはじめ全国5都市で開催されます。今年のテーマはロシアの作曲家たちです。

 ラ・フォル・ジュルネは1995年にフランス北西部の港町ナントで誕生して以来、クラシック音楽をできるだけの大勢の観客に楽しんでもらおうと創意工夫をこらしてきました。毎年何十万人もの観客が、クラシック音楽界の常識を覆すプログラム構成で、質の高い演奏を低料金で鑑賞しようと足を運びます。1日で複数のコンサートを鑑賞できるように、すべての公演が45分程度に設定されているほか、子ども向けのコンサートやイベントもあります。

 フランスで大成功を収めたラ・フォル・ジュルネは、今や日本でもすっかり定着しました。今年は4月22日から5月6日まで、新潟、滋賀、東京、石川、佐賀で開催されます。

 今年はストラヴィンスキーやスクリャービンをはじめ、ラフマニノフ、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、チャイコフスキーなど、ロシアの大作曲家たちの作品を紹介します。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
  2. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  3. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  4. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  5. 先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  6. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  7. 今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
ページ上部へ戻る