ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2012

ラ・フォル・ジュルネ

ラ・フォル・ジュルネ クラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」が4月22日から5月6日まで、東京をはじめ全国5都市で開催されます。今年のテーマはロシアの作曲家たちです。

 ラ・フォル・ジュルネは1995年にフランス北西部の港町ナントで誕生して以来、クラシック音楽をできるだけの大勢の観客に楽しんでもらおうと創意工夫をこらしてきました。毎年何十万人もの観客が、クラシック音楽界の常識を覆すプログラム構成で、質の高い演奏を低料金で鑑賞しようと足を運びます。1日で複数のコンサートを鑑賞できるように、すべての公演が45分程度に設定されているほか、子ども向けのコンサートやイベントもあります。

 フランスで大成功を収めたラ・フォル・ジュルネは、今や日本でもすっかり定着しました。今年は4月22日から5月6日まで、新潟、滋賀、東京、石川、佐賀で開催されます。

 今年はストラヴィンスキーやスクリャービンをはじめ、ラフマニノフ、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、チャイコフスキーなど、ロシアの大作曲家たちの作品を紹介します。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. ボルドーの持続可能なワイン造り

    ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
  2. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  3. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  4. フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  5. 日曜日も働きたい?!

    まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルより フランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial