仏セザール賞のノミネーション発表!

フランスで最も権威のある映画賞で、仏版アカデミー賞とも言われる第35回セザール賞のノミネーションが1月23日に発表されました。セザール賞は、過去1年間に公開された映画の中から、3400人を超える選定委員の投票によって決められます。授賞式は2月27日に開催されます。

本年度セザール賞にて最多ノミネートを受けたのは、フランス映画祭2010に正式出品が決定している『アンプロフェット』(原/ Un Prophete)。本作は作品賞をはじめ、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、若手男優賞(2名)、脚本賞、撮影賞、編集賞、衣装デザイン賞、音響賞、オリジナル作曲賞の13部門にノミネートされました!
本作『アンプロフェット』(原)は、『真夜中のピアニスト』で日本でも有名なジャック・オディアール監督作品。本年度のセザール賞において最多受賞を評されるだけでなく、先日発表されたアカデミー賞でも外国語映画部門でのノミネートも果たし、国外でも高く評価されている話題作です。

作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、音響賞、オリジナル作曲賞の6部門にノミネートされた『オーケストラ!』(配給:ギャガ)や、2年連続で主演女優賞にノミネートを果たしたクリスティン・スコット・トーマスの『旅立ち』(原)、そしてまた短編映画賞部門においてノミネートされた『ドンデ エスタ キム・ベイシンガー?』(原)も、本年度のフランス映画祭に正式出品が決定しております。

主なノミネート一覧

★印はフランス映画祭上映作品

◆作品賞
・”A L’origine(In The Beginning)” 監督:グサヴィエ・ジャノリ
 ★”Le Concert”『オーケストラ!』監督:ラデュ・ミヘイレアニュ
 ・”Les Herbes Folles(Wild Grass)” 『風にそよぐ草』監督:アラン・レネ
 ・”La Journee De La Jupe” 監督:Jean-Paul Lilienfeld
 ・”Rapt” 監督:リュカ・ベルヴォー
 ★”Un Prophete”『アンプロフェット』監督:ジャック・オディアール
 ・”Welcome”『ウェルカム』監督:フィリップ・リオレ

◆監督賞
 ★ジャック・オディアール “Un Prophete”『アンプロフェット』 
 ・リュカ・ベルヴォー “Rapt”
 ・グサヴィエ・ジャノリ “A L’origine”
 ・フィリップ・リオレ “Welcome”『ウェルカム』 
 ★ラデュ・ミヘイレアニュ “Le Concert”『オーケストラ!』

◆主演男優賞
 ・イヴァン・アタル”Rapt”
 ・フランソワ・クリュゼ “A L’origine”
 ・フランソワ・クリュゼ “Le Dernier Pour La Route”
 ・ヴァンサン・ランドン “Welcome”『ウェルカム』
 ★タハール・ラヒム”Un Prophete”『アンプロフェット』 

◆主演女優賞
 ・イザベル・アジャーニ “La Journee De La Jupe”
 ・ドミニク・ブラン”L’autre”
 ・サンドリーヌ・キベルラン “Mademoiselle Chambon”
 ★クリスティン・スコット・トーマス”Partir”『旅立ち』
 ・オドレイ・トトゥ『ココ・アヴァン・シャネル』

◆助演男優賞
 ・ジャン=ユーグ・アングラード”Persecution”
 ★ニエル・アレストリュプ “Un Prophete”『アンプロフェット』 
 ・ジョーイスター”Le Bal Des Actrices”
 ・ブノワ・ボールヴールド『ココ・アヴァン・シャネル』
 ・ミシェル・ヴュイエルモーズ”Le Dernier Pour La Route”

◆短編映画賞
 ・”C’est Gratuit Pour Les Filles” 監督:Claire Burger、Marie Amachoukeli
 ★”?Donde Esta Kim Basinger?”『ドンデ・エスタ・キムベイシンガー?』監督:エドワール・ドリュック
 ・”La Raison De L’autre” 監督:Foued Mansour
 ・”Seance Familiale” 監督:Cheng-Chui Kuo
 ・”Les Williams” 監督:Alban Mench

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010/10/25

    産休延長へ
ページ上部へ戻る