流行は「日本」

ここ数年フランスでの流行の最先端は「日本」趣味だそうだ。もしフランスの検索サイトで適当な日本語をローマ字で検索してみたら、結構ヒットするかも知れない。
つい最近ある日本語名のインディーズ・レーベルの人と会ったが、やっぱりフランスでの日本ブームにあやかっている様だった。(ちなみに彼の場合は奥さんが日本人)パリに盆栽のお店や布団(といっても日本の布団というよりマットのような感じ)のお店があることは以前もお伝えしたが、最新の商品にも日本名がよく使われてきている。やっぱり、オタク文化がイケているのだろうか?
友人のフランス人の妹の彼がオタクファンで、その妹が日本に遊びに行く事をものすごく興奮していた様だ。フランスのガルニエ(garnier)というロレアル系の会社が開発した新商品は「MANGA Look」、これで日本のマンガに出てくるキャラクターのような髪型になれるということで、ジェルかワックスのようなヘアスタイリング剤です。サイトでは色々なマンガキャラクターらしいヘアスタイル例が見れます。
フラッシュサイトなのでクリックして探してください。http://fr.garnier.com/_fr/_fr/
最近ではアニメ「AKIRA」の作家の大友克洋さんにフランス政府が勲章を授与。シュバリエ(騎士)といわれる芸術文化勲章は文化芸術に功労があった人に贈られますが、もう少し現実的な話をすると、フランス又はフランス政府に貢献があった人や比較的有名な、フランスのプロモーションに役に立ちそうな人物に贈られる外交的というか意図的な授与をします。ですから、そこまでフランスでマンガの影響力があるのかと思われます。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る