第62回カンヌ国際映画祭速報

第62回カンヌ国際映画祭が24日に幕を閉じました。最高賞のパルムドールにはオーストリア人監督ミヒャエル・ハネケ監督の「白いリボン」(原題:Das weisse band)が選ばれました。

監督は俳優兼映画監督の父親と女優の母親を持つ生粋のエンタメ一家。ウィーン大学で演劇を学んだ後は映画批評家などを経て監督業へと携わるようになりました。

2001年の第54回の同映画祭でも審査員特別グランプリを「ピアニスト」で受賞したのが記憶に新しいかもしれません。

「パルムドール」以外の主な受賞者は次の通りです。

◎グランプリ=「預言者」ジャック・オディアール監督
◎監督賞=ブリリャンテ・メンドーサ監督「キナタイ」
◎女優賞=シャルロット・ゲンスブール「アンチキリスト」
◎男優賞=クリストフ・ワルツ「イングロリアス・バスターズ」
◎脚本賞=「スプリング・フィーバー」(ロウ・イエ監督)
◎審査員賞=「フィッシュ・タンク」アンドレア・アーノルド監督、「サースト」パク・チャヌク監督
◎特別賞=アラン・レネ監督

注目されていた菊地凛子さんですが、主演したイサベル・コイシェ監督(スペイン)の「マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トウキョウ」は主要賞の受賞を逃しています。

今回の映画祭で目立ったのはクルド人監督パフマン・ゴバディ監督。先日スパイ容疑でイランに拘束、釈放されていた日経米国人ジャーナリストロクサナ・サベリさんが婚約者で、出品作の「ペルシャ猫を誰も知らない」を共同執筆しています。

世界同時不況の中、映画の興行成績も落ち込むことが懸念されていますが、そんな中でも見事な芸術作品は年々うまれてくるのはかわりません。いい映画に元気をもらいたいものですね。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る