第62回カンヌ国際映画祭速報

第62回カンヌ国際映画祭が24日に幕を閉じました。最高賞のパルムドールにはオーストリア人監督ミヒャエル・ハネケ監督の「白いリボン」(原題:Das weisse band)が選ばれました。

監督は俳優兼映画監督の父親と女優の母親を持つ生粋のエンタメ一家。ウィーン大学で演劇を学んだ後は映画批評家などを経て監督業へと携わるようになりました。

2001年の第54回の同映画祭でも審査員特別グランプリを「ピアニスト」で受賞したのが記憶に新しいかもしれません。

「パルムドール」以外の主な受賞者は次の通りです。

◎グランプリ=「預言者」ジャック・オディアール監督
◎監督賞=ブリリャンテ・メンドーサ監督「キナタイ」
◎女優賞=シャルロット・ゲンスブール「アンチキリスト」
◎男優賞=クリストフ・ワルツ「イングロリアス・バスターズ」
◎脚本賞=「スプリング・フィーバー」(ロウ・イエ監督)
◎審査員賞=「フィッシュ・タンク」アンドレア・アーノルド監督、「サースト」パク・チャヌク監督
◎特別賞=アラン・レネ監督

注目されていた菊地凛子さんですが、主演したイサベル・コイシェ監督(スペイン)の「マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トウキョウ」は主要賞の受賞を逃しています。

今回の映画祭で目立ったのはクルド人監督パフマン・ゴバディ監督。先日スパイ容疑でイランに拘束、釈放されていた日経米国人ジャーナリストロクサナ・サベリさんが婚約者で、出品作の「ペルシャ猫を誰も知らない」を共同執筆しています。

世界同時不況の中、映画の興行成績も落ち込むことが懸念されていますが、そんな中でも見事な芸術作品は年々うまれてくるのはかわりません。いい映画に元気をもらいたいものですね。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010-10-31

    長寿大国は日本?フランス?

    世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  2. 2010-1-5

    シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  3. 2015-5-8

    次世代原子炉はコンコルド(超音速旅客機)となってしまうのか?

    次世代原子炉が元凶 フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  4. 2009-8-19

    フランスの財政問題

    壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  5. 2011-1-4

    国民投票でフランス人の真の声を届けよ!

    市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  6. 2015-7-17

    ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  7. 2010-3-10

    産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
ページ上部へ戻る