フランス映画祭2012

今年もフランス映画祭が開催されます。20年を迎え、名称も「20th アニバーサリー フランス映画祭」となっています。横浜市のイベントとしてスタートしましたが、東京に移り、3月になったりしましたが、こうやって20年も続いているのは凄いことです。

そしてアンテンヌフランスも体勢の変遷はありましたが、総じて第1回目から何らかの形で取材していることになります。やはり映画祭の雰囲気や作品の選考なども含め横浜時代のフランス映画祭が良かったと思いますが、それでも、なかなかお目にかかれないフランス映画が定期的に日本で上映するきっかけになっていることは間違い有りません。

今年は、団長がいません。地震や原発の問題でしょうか?この時期はカンヌの状況に左右されると言われ、なかなか団長や来日ゲストを決定するのに大変だという話も聞いていますから、様々な要因があったのでしょうが、大変残念なことです。

今年の目玉は、オープニング作品である「最強のふたり」と「わたしたちの宣戦布告」だそうで、共に配給は決まっている作品です。

 2012年6月21日(木)〜24日(日)
 有楽町朝日ホール
 TOHOシネマズ日劇(レイトショー)

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日曜日も働きたい?!

    まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルより フランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  2. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  3. 江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  4. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  5. ミカエル・アース監督インタビュー

    フランス映画祭2019「アマンダと僕」で来日中のミカエル・アース監督にインタビューを行いました。 …
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial