フランス映画祭2012

今年もフランス映画祭が開催されます。20年を迎え、名称も「20th アニバーサリー フランス映画祭」となっています。横浜市のイベントとしてスタートしましたが、東京に移り、3月になったりしましたが、こうやって20年も続いているのは凄いことです。

そしてアンテンヌフランスも体勢の変遷はありましたが、総じて第1回目から何らかの形で取材していることになります。やはり映画祭の雰囲気や作品の選考なども含め横浜時代のフランス映画祭が良かったと思いますが、それでも、なかなかお目にかかれないフランス映画が定期的に日本で上映するきっかけになっていることは間違い有りません。

今年は、団長がいません。地震や原発の問題でしょうか?この時期はカンヌの状況に左右されると言われ、なかなか団長や来日ゲストを決定するのに大変だという話も聞いていますから、様々な要因があったのでしょうが、大変残念なことです。

今年の目玉は、オープニング作品である「最強のふたり」と「わたしたちの宣戦布告」だそうで、共に配給は決まっている作品です。

 2012年6月21日(木)〜24日(日)
 有楽町朝日ホール
 TOHOシネマズ日劇(レイトショー)

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. セバスチャン・マルニエ監督

    セバスチャン・マルニエ監督インタビュー スクールズ・アウト

    https://youtu.be/-DVY9NpXM8w セバスチャン・マルニエ監督 インタビュ…
  2. 産休延長へ

    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  3. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  4. 日・仏社会保障協定発効

    現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  5. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial