フランス映画祭2012

今年もフランス映画祭が開催されます。20年を迎え、名称も「20th アニバーサリー フランス映画祭」となっています。横浜市のイベントとしてスタートしましたが、東京に移り、3月になったりしましたが、こうやって20年も続いているのは凄いことです。

そしてアンテンヌフランスも体勢の変遷はありましたが、総じて第1回目から何らかの形で取材していることになります。やはり映画祭の雰囲気や作品の選考なども含め横浜時代のフランス映画祭が良かったと思いますが、それでも、なかなかお目にかかれないフランス映画が定期的に日本で上映するきっかけになっていることは間違い有りません。

今年は、団長がいません。地震や原発の問題でしょうか?この時期はカンヌの状況に左右されると言われ、なかなか団長や来日ゲストを決定するのに大変だという話も聞いていますから、様々な要因があったのでしょうが、大変残念なことです。

今年の目玉は、オープニング作品である「最強のふたり」と「わたしたちの宣戦布告」だそうで、共に配給は決まっている作品です。

 2012年6月21日(木)〜24日(日)
 有楽町朝日ホール
 TOHOシネマズ日劇(レイトショー)

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  2. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  3. パリではワインオークションが行われ、最高級のワインの取引が行われた。注目されたのは1788年もののコ…
  4. ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。中国では人…
  5. 7月から8月にかけてフランスはバカンスに入ってしまうため、フランスとのやりとりはほぼ完全にストップし…
  6. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  7. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
ページ上部へ戻る