フランス映画祭2012

今年もフランス映画祭が開催されます。20年を迎え、名称も「20th アニバーサリー フランス映画祭」となっています。横浜市のイベントとしてスタートしましたが、東京に移り、3月になったりしましたが、こうやって20年も続いているのは凄いことです。

そしてアンテンヌフランスも体勢の変遷はありましたが、総じて第1回目から何らかの形で取材していることになります。やはり映画祭の雰囲気や作品の選考なども含め横浜時代のフランス映画祭が良かったと思いますが、それでも、なかなかお目にかかれないフランス映画が定期的に日本で上映するきっかけになっていることは間違い有りません。

今年は、団長がいません。地震や原発の問題でしょうか?この時期はカンヌの状況に左右されると言われ、なかなか団長や来日ゲストを決定するのに大変だという話も聞いていますから、様々な要因があったのでしょうが、大変残念なことです。

今年の目玉は、オープニング作品である「最強のふたり」と「わたしたちの宣戦布告」だそうで、共に配給は決まっている作品です。

 2012年6月21日(木)〜24日(日)
 有楽町朝日ホール
 TOHOシネマズ日劇(レイトショー)

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  2. 幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  3. フランスの財政問題

    壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  4. espace sans tabac

    子ども遊び場の全面禁煙

    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  5. 幼児のテレビ鑑賞は禁止すべき?

    幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
ページ上部へ戻る