アレックス・ボーパンは、セルジュ・ゲンズブールが “ゲインズバー “時代の最盛期である1984年にリリースしたアルバム『ラヴ・オン・ザ・ビート』を引き継ぐという、危険な作業に挑戦しています。ストリングスの威厳と、クラブのようにきらびやかなエレクトロサウンドを融合させた40歳のニューアルバムは、明らかな成功を収めています。

RFI musique: 「Love on the Beat」がリリースされたとき、あなたは10歳でした。その年のあなたは、アルバムや男性に対してどのような認識を持っていましたか?
Alex Beaupain: 妹と私が見始めたゲンズブールは「Gainsbarre」でした。私たちがテレビを見ることを許されたとき、私たちは彼に出くわしました。そして、当時、彼は非常に重要なメディア・パーソナリティだったので、校庭で彼のことを話す友人もいました。10歳の頃は、ほとんどが印象や感覚でしかありません。「ラブ・オン・ザ・ビート」でのバンブーの叫び声、テレビに映る老人とその後ろでトップレスで踊る女性。表紙については、彼だと理解するのに時間がかかりました。かなり変わった女性だと思いました。ゲンズブールという、後に私にとって大きな意味を持つことになる歌手への最初のアプローチは、このキャラクターとこのアルバムでした。だから、魅力と恐怖が入り混じっている。その汚い言葉は、礼儀正しく控えめな子供だった私に衝撃を与えました。

傑作と言われる『Melody Nelson』ではなく、やや過小評価されているこのアルバムを取り上げた理由は?
知的には、文章的にも音楽的にも、『メロディー・ネルソン』や『キャベツ頭の男』が『ラブ・オン・ザ・ビート』よりもはるかに優れたアルバムと考えられる理由を分析し、理解することができます。しかし、私にとっては、歌は感情、気持ち、心情と非常に密接に結びついているので、私の好きなゲンズブールのアルバムはこのアルバムであることに変わりはありません。19歳の時に、他のレパートリーを消化した後に、この曲に戻ってきました。その時から、「過小評価されているものに向かっていくのは面白いかもしれない」と自分に言い聞かせていました。

正当性の問題を自問自答したのか?
私たちは常に自分自身にその質問をしています。すべては段階的に行われます。一方では、やりたいと思っていた。一方で、何もできなくなった閉塞感をきっかけに、ゲンズブールの没後30年を機に、「もしかしたらニッチがあるかもしれない」と思うようになりました。今でも、私はあまり自信のあるアーティストではないので、この「Love on the Beat」のカバーをやることの知性を疑っています。自分の正当性に対する最大の危機は、これらの曲をどのように解釈し直そうかと考えるときです。面白くない「模倣」と面白くない「体外離脱」の間に位置する。私は自分の歌の中でほとんど喋っていませんが、Ciel de traîneでは一度だけ喋ったことがあります。そのため、そのやり方や方法を見つけるのがとても難しかったです。

ニューヨークのファンクをストリングスやエレクトロに置き換えていますね。これは、あなたにとって当然の選択でしたか?
最初から、弦を再投入することを考えていました。なぜなら、非常に面白いメロディーやハーモニー、クロマチックな起伏のある曲があるからです。当時の効率的で煌びやかなアレンジでは、あまり聞くことができないかもしれません。人によっては、それをバカにしているように見えるかもしれません。80年代は、シンセサイザーが登場したことで、ポップス・ロックの楽曲制作からストリングスがほとんど姿を消していました。ゲンスブールの死後、特にトリップホップで再登場した。メロディー・ネルソンやゲンズブールのキャリアに敬意を表していることは明らかなので、それに惹かれました。それは、アルバムのラブサイドです。そして、ビートですが、これは必ずしも自分ではどうすればいいのかわかりません。ビートメーカーのSaint DXと、Christine & the QueensやCharlotte Gainsbourgのツアーに参加していたBastien Dorémusを迎えに行きました。コードとリズムがわかれば、音楽の見え方が変わってきますし、どこか荘厳な雰囲気を醸し出すことができます。ゲンズブールが男性を起用したのも、この作品が初めてだと思います。フォウ・リアル、2人の兄弟と一緒に仕事をすることを勧められました。彼らはある種の姿勢を持ち、ある種の宝石のような、ある種の無秩序な、ちょっとしたトランスジェンダーのようなもので遊んでいます。そして、兄弟で「Lemon Incest」を歌うと、突然、近親相姦が別の場所で行われているので面白いと思いました。

この曲は当時、スキャンダルを巻き起こした。

スキャンダルがない、というのは曲そのもののことです。スキャンダルとは、その周辺で起こりうること、つまりビデオクリップや、ゲンズブールがその後シャルロット・フォー・エヴァーをやっていることです。Le jeu de la vérité*をするとき、彼は「L’amour que nous ne ferons jamais ensemble」と言っているのを思い出します。彼が曲の中でこれほど教訓的なことを言うのは非常に珍しいことです。なぜなら、彼は通常、混乱の中でプレイするのが好きだからです。麻薬撲滅を謳った「Aux enfants de la chance」は、彼の曲の中で唯一、ここまではっきりと物事を言わなければならないと感じる曲です。あの曲に問題がある人の気持ちがわからない。

今回のアルバムでは、ポルノへのシフトがありますか?
確かにあります。彼は以前の彼のようなエロティシズムからポルノへと移行しています。ラヴ・オン・ザ・ビートのような曲は、一見するとそうなのですが、文章が極端に書かれています。些細なことではなく、すべて八重唱のスタンツなのです。ポルノグラフィティは、プレオナスティックな音から、彼自身の言い方から、この力から来ています。

彼に悩まされることもあったのでは?
若い頃は、何でもかんでも応援していました。私は驚き、感心して、彼の行動を許しました。大人になると、自分が好きだった歌手に対して、よりニュアンスのある意見を持つようになります。彼はカドのない、反動的な人間だったかもしれない。キャサリン・リンガーとの行動、あるいはホイットニー・ヒューストンとの行動。彼の書いたものにはあまり間違いがない。一方で、キャラクターに関しては、納得できない部分も多々あります。その後、歌手が聖人になることには興味がありません。今日、私たちは、人は一枚岩でなければならない、書くこともやることもすべてにおいて非の打ち所がないものでなければならないと考えがちです。アーティストには透明性が求められるようになってきました。それが、最近の無害な歌の特徴です。ゲンズブールの好きなところは、複雑なところです。そして『Love on the Beat』には、彼の複雑さがすべて詰まっています。非常に繊細な男、娘を愛する父親、『Harley David son of the bitch』のような下らないジョークを言う面白いおじさん、同性愛者の肌に見事に入り込むことができる男(『I’m the boy』と『Kiss me Hardy』、編集部注)、『No comment』のゲンズブール、『Love on the Beat』という曲で19世紀の詩を身にまとったゲンズブール…。

女優に歌わせたり、映画音楽を作ったりしていると、感情とセックスが入り混じった歌になってしまいます。ここでもゲンズブールがあなたにとっての創業者ですか?
彼は、スーチョンやダホと並んで、基本的なインスピレーションの源です。ゲンズブールは、シンガーでありながら仕事ができることを教えてくれました。つまり、自分のための通訳であるだけでなく、自分の歌を他の場所に持っていったり、映画音楽を作ったりすることができるのです。このようなことをするときは、彼のことを思い出します。そしてもうひとつ、彼の好きなところがあります。言いにくいことですが、それはある種のルーズさを認めることになるからですが、彼は49歳で成功したということです。彼のキャリアを見ると、自分はまだ2年残っていると自分に言い聞かせています。もしかしたら、まだ実現するかもしれませんし、歌手としてはワクワクしますよね(笑)。

*1985年から1986年にかけて放送されたフランスの第1TVチャンネルの番組

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://musique.rfi.fr/chanson-francophone/20211026-alex-beaupain-preference-gainsbourg