[email protected](ファム・アット・東京)国際女性の日イニシアティヴ

この期間に日本とフランスを代表する第一線で活躍する女性作家たちによるディスカッション「女たちのダイアログ」、愛して、生きる女性をテーマにした映画特別上映「女たちの記憶」、世界50ヶ国の女性たちの生き生きとした姿をとらえたアートイベント「地球に生きる女性たちティトゥアン・ラマズー展」、感性の目覚めをテーマにした「ヴァイオリンとトークの夕べ」などさまざまな催しが、大手町・丸の内地区で繰り広げられます。

わたしたちの社会は今大きく変化し、それにともない現代社会における女性のあり方も変わりつつあります。日本とフランス双方の視点からこの新しい女性像に焦点を当て、われわれが直面する社会・文化の課題を国際的な枠組みで話し合い、情報発信することは、これからの文化や社会、さらに政治・経済の方向性を読み解く上でも大きな意義があります。多くのアーティストや活動家たちは21世紀の社会における女性の重要性を主張しています。そしてこのテーマは国境を越えてすべての女性に関わるものです。一人でも多くの「私」にこのイベントに参加していただきたいと願っています。

* 日仏女性フォーラム 3/7,8,9
* フランス映画特別上映 2/28,3/1
* アートイベント 2/27-3/31
* ヴァイオリンとトークの夕べ 4/3

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2007-6-7

    日・仏社会保障協定発効

    現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  2. 2010-3-10

    産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  3. 2015-5-27

    フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  4. 2009-11-19

    幼児のテレビ鑑賞は禁止すべき?

    幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  5. 2009-11-26

    科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  6. 2006-2-18

    結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  7. 2008-7-4

    国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
ページ上部へ戻る