フランスはピカソの死の50周年を記念してボートを押し出す

南フランスでパブロ・ピカソが亡くなってから50年後、スペインの巨匠への欲求は無尽蔵のようです。

ピカソの陶器、ピカソの彫刻、ピカソとフェミニズム、ピカソの白の使用、ピカソの有名人の写真…1973年4月8日の芸術家の死から半世紀を記念する展覧会のリストは、ずっと続きます。

「ピカソはすべてを飲み込み、それでも私たちはもっと飢えている」と孫のオリヴィエ・ウィドマイヤー・ピカソはフランスの通信社AFPに語り、「探求する新しい角度を見つけ続けているキュレーター、歴史家、研究者の数に魅了された」と付け加えた。

彼の遍在性を説明することは別の問題です。

ピカソの天才は議論の余地がないようで、これは20世紀初頭の彼の出現と相まって、表現の自由への最後の障害が解体され、あらゆる方向に自由に探索することができます。

そして、彼は10代から91歳でコートダジュールのムージャンで死ぬまで働き、決してやめませんでした。

「彼は誰よりも上にいる」と、パリのポンピドゥー・センター近代美術館の元館長であるベルナール・ブリステインは言った。

「無限の発明、近代化のすべての偉大な流れを横断する旅、80年間の継続的な実験、喜ばせる欲求と不喜ばせる欲求…そのすべてが平等ではない」とブリステネはAFPに語った。

虐待的な女性蔑視者?

#MeToo運動は、彼が妻やガールフレンドに対する虐待的な女性蔑視者であったという告発が再評価の要求を引き起こすため、ピカソの評判が立っている高い台座をわずかに揺るがしました。

「私たちは彼の人生の女性について「ミューズ」として話すのをやめなければならない。自殺した人もいれば、狂気に陥った人もいる」と、パリのピカソ美術館の元学芸員であるエミリー・ブーヴァールは言った。

例外は、ピカソを捨て、1960年代の有名な本で非難した「専制的、迷信的で利己的な存在」の死から50年が経過するのを見るために生きた唯一の愛人、フランソワーズ・ジロでした。

しかし、被害は限られています。

ピカソはまだ定期的にオークションで最も高い興行収入のアーティストのリストのトップにランクされています。アートプライスによると、彼の絵画は昨年だけで4億9,900万ドルを生み出しました。

バランスがある、とブーヴァードは言った。

「ピカソは物を充当した人だ、人々だ」と彼女は言った。彼の作品は、しばしば残忍で勇敢な誠実さで暴力とセクシュアリティについて頻繁に語りましたが、彼はまた、彼の人生の女性にそれらの感情を向けました。

「この質問にとらうということは、ピカソについて異なるが公平に話すことを意味する」とブーヴァールは言った。

ピカソのフェミニストビジョン

今年の夏のブルックリン美術館での展覧会は、「フェミニストのレンズを通して」アーティストを再評価することを約束し、ピカソの最も率直な批評家の一人であるコメディアンのハンナ・ガズビーによってキュレーションされています。

一方、ファッションデザイナーのポール・スミスがキュレーションしたパリのピカソ美術館での、はるかに軽い回顧展に群衆が集まっています。

それは、性政治がピカソの作品を見ることから来る単純な喜びを損なうために何もしていないことを示唆している。

「幼い学童やティーンエイジャーが別の光の中で彼の作品を見に来るという考えなので、私はそれを非常に装飾的にしました」とスミスはAFPに語った。

私たちの多くはすでに世界中で何度もピカソを見たことがあるので、新しい方法でそれを見せたいと思っています。

(AFP付き)

https://www.rfi.fr/en/culture/20230408-france-pushes-boat-out-to-mark-50th-anniversary-of-picasso-death

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1697
Enable Notifications OK No thanks