パリでイタリア文化が発明された場所の1つである「ラ・リブレリア」

Florence Rautは2006年にパリのrue du Faubourg-PoissonnièreにLa Libreriaをオープンしました。アンドレア・デ・リティスは2年後に彼女に加わった。それ以来、イタリア文化の最大の名前が、数十平方メートルの近所の書店でもあるこの場所を通過しました。

オリヴィエ・ファヴィエ

「もう17年が経ちましたが、時間が過ぎるのを見たことがありません」とフローレンス・ラウトは微笑みます。愛のためにイタリアに行った人は、新しい仲間と一緒に人生を再建するために2000年代初頭にパリに戻りました。翻訳者、彼女は荷物の中にイタリア語の完璧な知識、日常生活と本の出席で学んだ言語、そして映画で進化したいという願望を持っていました。そして、彼女がイタリア語で本だけが販売されているセントポール地区の小さな書店カフェを経営していることに気づいたのは少しランダムでした。

提案は鋭く、通りはあまり忙しくなく、オーナーは荷造りすることになりました。気にしないで、フローレンスは、今、彼女が自分の道を見つけたと確信し、別の場所を探していて、さらに、本に捧げられた他にない近所で、ポアソンニエール地下鉄から目と鼻の先の看板を見つけることになります。店は窮屈ですが、地下室があります。それを予備に変えるのではなく、イタリア語の本専用の部分になり、1階で良い近所の書店で見られるようなより一般的な選択肢を提供します。

翻訳から書店まで、文化の伝達

レシピは、非常に迅速に、その場所はパリ9区の読者のためのミーティングポイントになり、また、慈悲深く気配りのある耳を持つ書店の共感に魅了されます。しばらくして、彼女はイタリア時代に出会った友人でもある翻訳者でもあるアンドレア・デ・リティスとチームを組み、最近家族の理由でパリに到着し、安定した仕事を探しました。「私は長い間2日をやっています」と、これは覚えています。今、私はまだ翻訳していますが、主にクーリエ・インターナショナルに触発されたイタリアの週刊誌であるインテルナツィオナーレのために、あまり定期的に翻訳していません。」

一緒に、彼らはリブレリアのハードで揺るぎないコアを構成しています。街の騒音や喧騒から遠く離れた地下室で、彼らはイタリア文学の周りの出会いを増やします。小説、演劇、詩のすべてのビッグネームは、エリ・デ・ルカからヴァレリオ・マグレリ、マルチェロ・フォワまで、そこを通り過ぎます。「クラウディオ・マグリスが来たとき、歩道でさえ、人々が階段に座っていたので、私は一瞬彼らが倒れるのを恐れていた」とフローレンスは覚えている。」

近所では、戦間期、フォーブル・サン・ドニ通りの側に、ムッソリーニが皮肉にもlesfuorusciti、文字通り「外出」と呼んだ反ファシストのイタリアの知識人の一部がありました。リブレリアが政治クラブでない場合、それは確かにあなたが自分自身をあまり真剣に受け止めずに素晴らしいことをする別の場所の精神を持っています。したがって、他の銀行では、有名なイタリア文化研究所、rue de Varennesのように、不可欠な交差点となっています。

パリのイタリア文化

壁には、地下室につながる階段の上、箱の後ろ、天井と図書館の間のいくつかのコーナーには、時折絵画や写真を掛けるのに十分な空きスペースが残っています。ギャラリーに変わることなく、リブレリアは時折、パリが21世紀の首都の1つである征服されるべき都市であるキサルピーナアーティストにとって人気のある場所として倍増します。イタリアのコミュニティ – 4,000人の学生を含む57,000人 – は、ポルトガルのコミュニティからはるかに遅れているイル・ド・フランスに存在する3番目のヨーロッパの人口を表していますが、ルーマニアのコミュニティとほぼ同等です。何よりも、彼女はますます資格を持ち、元の言語で文化活動(映画館、劇場、書店など)のための広いプールを提供しています。

これに加えて、ダンテ・アリギエーリの言語のために、特に美術史における学生の間で明確な復活があります。「イタリア語は英語にはるかに遅れをとっていますが、スペイン語の直後、パリIの言語部門で最も人気のあるセクションの1つです」と、例えば講師のイザベル・ヴィオランテは説明します。エラスムスコースの開発もこれに関係しています。イタリアでの1学期または1年間の勉強は、多くの学生の夢のままです。これらすべての理由から、パリのイタリアの文化生活は特に豊かで、そのメディア – パリのイタリア、Altritaliani -、その協会 – Polimnia、Anpi、Anteprima – であり、リストは網羅的ではありません。

したがって、ラ・リブレリアは、例えばパリのイタリア文化研究所だけでなく、今年は「イタリアの情熱」プログラムのために、イタリア文学文化フェスティバルItalissimoと提携して、パリブックフェスティバルでも存在しています。書店の一部として、すべてのプレゼンテーションはバイリンガルであるため、イタリア語以外の話者がアクセスできます。それらに従うことで、最高のイタリア文化を発見するだけでなく、「ベル・パーゼ」の言語を聞き、話すこともできます。

https://www.rfi.fr/fr/culture/20230902-la-libreria-l-un-des-lieux-où-s-invente-la-culture-italienne-à-paris

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1745
Enable Notifications OK No thanks