ヴェルサイユ宮殿の家具職人、ローラン・ジャナン

この夏、私たちはヴェルサイユ宮殿を目指します。団地やその工房にマイクを設置し、その芸術職の一端を紹介します。椅子張り職人、家具職人、金箔職人、時計職人、装飾画家、アートディレクター、彫刻修復家、噴水職人、庭師などである。これらの女性や男性は、ヴェルサイユ宮殿の遺産を維持し、修復し、装飾を施しています。そのキャリアや動きのノウハウを語っていただきました。

 

ヴェルサイユ宮殿では、屏風、壁掛け、壁への布地の取り付け、トリミング、シート張りのカバーリングや修復など、椅子張り職人の仕事が一通り行われています。ジュート布、リネン、馬の毛の香りが漂う工房で、椅子張り職人のローラン・ジャナンが私たちを迎えてくれました。

イノベーションを起こそうとはしない。家具の研究から、当時存在し得たものに限りなく近づけ、その面影を取り戻したいと思っています。

ヴェルサイユ宮殿の椅子張り職人の工房にある椅子張り用の釘。マリア・アフォンソ

Laurent Jannin、椅子張り職人、美術技師。椅子張り職人という職業に出会ったのは、学生時代だった。バカロレア取得後、彼はこの最初の考えに立ち返った。つまり、交互に見習いをすることだ。20歳のとき、職人からあらゆるスタイルのシートの張り方や、テキスタイルの装飾を組み合わせたシートの作り方など、この仕事のすべてを教わりました。見習い師匠の工房で働いた後、文化庁の美術技師に応募したのです。2003年、モビリエ・ナショナルに入社。2014年、ヴェルサイユ宮殿での社内公募に応募。

“ミュゼオグラフィ “だ、伝統的な方法で仕事をするんだ。シャトーに存在する時代は主に18世紀と19世紀なので、適切な原材料を使用してこれらの技術を使用するのみです。それぞれの家具には、私たちの仕事に関する技術的な知識だけでなく、美術史や図面、適切なスタイルに適応したボリュームや生地を理解するための観念などの知識も必要です。作品を理解する前に学芸員と話し合い、作品を科学的に研究している人たちです。これらの技術を結集して、装飾を再現し、家具も元の姿に戻すことができるのです。

ヴェルサイユ宮殿の椅子張り職人の工房。マリア・アフォンソ

伝統的な張り地では、張り職人は馬の毛などの天然素材を使って仕事をします。独自のノウハウだが、もう一歩先がある。

「古いシートを剥がすと、中に何が入っていたかがわかるんです。私たちが最初に再発見するのは、考古学と少し似ていて、時々驚くことがあります。手紙やコインなど、誰が使ったかわからないものが落ちている席があります。

メールマガジン購読
ヴェルサイユ宮殿の椅子張り職人の工房。マリア・アフォンソ

ローラン・ジャンナンは、今でも情熱を傾けられる仕事をしていることに満足しています。また、トゥールズ貿易キャンパスで教鞭をとり、実習生や学生、研修生に貿易の現実を突きつけたいと考えている。

“ジェスチャーを観察しろ “と、学生にはよく言っています。私は自分の仕事のやり方を伝えますが、それは「THE 仕事のやり方」ではありません。25年の経験を経て、これまで出会った技術者、元技術者、そして学生たちにも、それぞれのやり方があり、それが私を豊かにしてくれています。好奇心を持てば、見たものすべてに従って手を動かすことができる」と、弟子たちに言っています。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/100-création/20220703-la-main-de-laurent-jannin-tapissier-au-château-de-versailles

[ja] ヴェルサイユ宮殿の家具職人、ローラン・ジャナン – powered by Happy Scribe

RFI100%作品。セシル・ポンセマリア・アフォンソ

この夏、私たちはヴェルサイユ宮殿を目指します。団地やその工房にマイクを設置し、その芸術職の一端を紹介します。椅子張り職人、家具職人、金箔職人、時計職人、画家、装飾家、彫刻修復家、噴水職人、庭師などである。これらの女性や男性は、ヴェルサイユ宮殿の遺産を維持し、修復し、装飾を施しています。そのキャリアと動きのノウハウを語っていただきました。以前は、壁掛け、壁に布を敷く、トリミング、毛布、あるいは座席の張り地の復元など。ヴェルサイユ宮殿では、椅子張り職人の技がそのまま実践されている。家具職人のローラン・ジャンナンは、ヘシアン、リネン、馬の毛の香りが漂う彼の工房に私たちを迎えてくれました。

イノベーションを起こすのではなく、家具の研究によれば、その時代に存在し得たものを取り戻すために、可能な限り近づけようとしているのです。

Laurent Jeannin(椅子張り職人、美術技師)。学生時代にこの職業に出会ったのだ。バカロレア取得後、この最初の考えに立ち返り、20歳で修行をすることになった。職人の手ほどきを受けながら、あらゆる種類の座席を張り、テキスタイルの装飾と組み合わせるなど、あらゆる仕事をこなした。見習い師匠の工房で働いた後、文化庁の美術技師に応募したのです。2003年、モビリエ・ナショナルに入社。2014年、ヴェルサイユ宮殿での社内公募に応募。

これはミュゼオグラフィーであり、実際には、ヴェルサイユ宮殿に存在する家具には存在し得ないような現代的な技術を採用しない、非常に伝統的な方法で作業することになるでしょう。ですから、私たちがここで興味を持っている、主にシャトーで紹介されている時代は、18世紀と19世紀です。そこで、その技術だけを使い、それぞれの家具に適した原材料で伝統的なものを作っています。私たちの技術について、技術的なことだけでなく、知識も持っていなければなりません。周辺にあるものすべて。美術の歴史、サンズの歴史。ボリュームや、正しいスタイルに適応したファブリックを理解するためのものです。そして、その後、作品を鑑賞する前に学芸員と話し合い、そのようなストーリーのために作品の科学的な調査を行うのです。これらの技術を結集して、セッティングを再現し、家具や作品をオリジナルの姿に復元することができるのです。

伝統的な張り地では、張り師は馬の毛などの天然素材を使って仕事をします。独自のノウハウだが、いつの間にか別のステップが先行する。

その古い張地からシートを求めているのですね。歴史的な席だと、今この瞬間だから面白いんです。何世紀もかけて作られたインテリアとは何なのか、ちょっとだけ発見することができるのです。ずっと動かずに。そうすると、私たちはそれをいち早く再発見する、ちょっと考古学のようなものです。墓を開けると、いろいろな発見がある。包囲網があると、ちょっとね。ちょっとしたサプライズですね。席があるので、アリババの洞窟のようなこともある。私たちは長い間、物をなくしてきましたが、時々、手紙やコインを見つけることがあります。以上、使った人全員がシートに落ちているものすべて。

ローラン・ジャナンは、今でも情熱を傾けられる仕事をしていることに喜びを感じています。また、トゥールのCampus des Métiersで教鞭をとり、実習生や研修生に仕事の現実を突きつけたいと考えている。

学生には、ジェスチャーを観察するようにとよく言っています。実際に自分の働き方をあげてみる。しかし、私の働き方は、今のような働き方、働き方ではないのです。25年の経験を経て、私が観察してきたことすべてで作り上げてきたものです。私の周りで出会った技術者たち、古参の人たち自身、違うやり方をしている学生たち。そして、毎日が勉強です。すべてを疑われないやり方が見つかることもあるのです。でも、やってみると、よく言うよ。もしかしたら、私に似合うかもしれない。何も決まっていないのです。そして、弟子たちには、必ずしも私が見せることにこだわるな、と言っています。好奇心を持ち、学び、右も左もすべてに従って手を動かしてみることです。

ヴェルサイユ宮殿の職人技の世界について、RFIで詳しくご紹介しています。Point fr Chroniques 100 % créations and in podcast.

Default image
Antenne France
Articles: 710