AntenneFrance n.486 芸術はいかに?

┼                                   ┼
A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e______________ISSN_1881-2597_n.486
  S O M M A I R E  2010/6/10
  □芸術はいかに?

___________________________________________

身近なフランス情報をTwitterでも発信しています。
http://twitter.com/antennefrance

◆◆
◆◆芸術はいかに?
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 約20年ほど前、バブル崩壊後の事ですが、美術展ではお客さんが集まらず、
 日本でも芸術に対してもう少し親近感があればと言う話を色々聞いたことが
 ありました。当時の外国の美術館の経営状態まで分からないけれど、集客に
 困難という話は聞いたことが無いし、実際色々なプログラムがあり賑わって
 いるように見えました。
 
 日本では一部の美術館を除いて、美術展というと外国から目玉を持ってきた
 りして客集めという印象ですが、フランスでもアメリカでも超有名な美術館
 には1日じゃあ見切れないほどの作品が展示されているので、特別な企画展
 が無くても行ってみたくなります。
 
 最近では、都内の様々な美術展を行けば、平日でもゆっくり見れないほどの
 人で混み合っています。このように混み合っている美術展に行く度に前出の
 話を思い浮かべるのです。日本人は芸術に対する関心は随分向上したので
 しょうか?
 
 戦略的に混んでいるように見せると言うことは無いでしょうが、とにかく人
 の割に展示品の間隔が狭すぎて、よく見えない物が多すぎます。会場の問題
 もありますが、もう少し何とかしてもらいたい物です。
 
 
 海外の美術館は、大抵夜遅くまで開いていますし、仕事帰り、学校帰りでも
 ゆっくり見れます。日本では5時頃までと言うところが多く、これは美術館
 が公営なので、職員がそんなに遅くまでやりたくないのが原因と言うことで
 した。
 
 ルーブル博物館もあの悪名高い(?)ピラミッドを造るまでは、来場者が少
 なく閑散としていたそうですが、リニューアルで活気を取り戻したと言いま
 す。フランスの現代アートの美術館パレ・ド・トーキョーは深夜0時まで営
 業していて、大変人気でヨーロッパの現代アートの中心地になっているそう
 です。
 
 六本木ヒルズの美術館は、新しい欧米の美術館のスタイルを真似た物で、イ
 ギリス人をディレクターに迎え開館前から期待をしていました。新しいこと
 も精力的に行っています。ただ、色々な企画展が同時に行われたりして一つ
 一つの企画の展示量が少ないし、物足りないと感じることが多いでしょう。
 魅力は六本木ヒルズの最上階にあると言うだけで、それさえもあまり活かさ
 れていない気がします。
 
 
 さて、ラ・フォル・ジュルネは、フランス・ナントで始まった音楽祭で、日
 本ではゴールデンウィークに東京では有楽町から丸の内で開催されていま
 す。有名人による有料のコンサートもありますが、ショッピングエリアの一
 角などで無料の演奏会もたくさん行われています。
 
 このように気軽に音楽を聴けるというのは素晴らしいですね。ただ主催者の
 意図もあるでしょうが、いくつかのコンサートはひどい状況で行われたよう
 です。例えば、いくらショッピングエリアとはいえ、一度もリハーサルがな
 い。会場に備え付けられたピアノ(多分飾りとしておいたのでしょう)は調
 律どころか調整もされていないなど、話を聞けば出演者を馬鹿にしているよ
 うな感じも受けます。
 
 普通一度でも音楽に携わったことがあれば、信じられない話ですが、主催者
 側に音楽をやっていた人はいないのでしょうか?大手が下請けにイベントを
 発注したような物で、出演者は下請けの下請けのような立場に考えられてい
 たようで、こういうクレームは困るとも言われたそうです。
 
 六本木ヒルズの美術館は森ビル、ラ・フォル・ジュルネは三菱地所が大きく
 かかわっているのですが、両者ともデベロッパーで芸術に関心があって造詣
 も深いと思いますが、何か今一歩足りない感じがします。

◆◆フランスメディアショップ
◆◆Ecoutarium Mode 新登場
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 フランスと言えば世界のファッションをリードする国といっても過言ではな
 いでしょう。Ecoutariumシリーズ第3弾はファッション関係の記事を幅広く
 集め、ファッション関連で渡仏する方や興味のある方に最適な初中級者向け
 のフランス教材です。ファッション関係のフランス雑誌や資料など読んだ
 り、フランス発信の情報により近くなるでしょう。

フランス語学習も準備運動をしっかりと
 CleClaireで好評だったオートナビゲーションシステムをEcoutarium Modeで
 も採用。テキストを使わず音声ナビゲーションで、ゆっくり着実にトレーニ
 ングできます。外国語をマスターするには、その言葉に慣れていかなければ
 なりません。つまり、それは脳の中にフランス語を処理する部分を作って行
 くことです。一度作られれば、フランス語をフランス語のまま理解出来るよ
 うになります。
 
 その第一段階として、まだ未発達な脳の状態に合わせた速度から、じっくり
 理解しながら脳を鍛えて行きます。言葉は口に出すとよりはっきり記憶に残
 ります。脳と口の筋トレで、神経伝達経路を強固な物にします。

▼エクタリウム・オフィシャルサイト
http://www.ecoutarium.com/

エクタリウム・システム
 エクタリウムはフランス語を文節毎に区切り聞くことで、フランス語の語順
 で理解していくようにトレーニングを行います。エクタリウム・モードで
 は、繰り返し練習しやすいように収録順序を少し変更し、テキストなしでも
 学習出来るようにオートナビゲーションシステムを取り入れました。

▼フランスメディアショップ
 http://www.france.gr.jp/

◇◇France Journal___________________________◇
◇ 
  まぐまぐプレミアムでは毎週フランス最新情報を配信中!
  今!パリで話題のスポットやフランス人が話題にする社会ネタなどをリアル
  タイムに伝えます。

 フランスジャーナル 最近の記事
  ★レストランへの消費税軽減決まる
  ★新型インフルエンザ、各国の対応に温度差あり
  ★便利なパリ、グランパリ計画
  ★相次ぐ社長の監禁事件
 毎週フランスの気になるニュースを忙しい人のために簡潔にお届けします。

◇◇フランス関連サイト_________________________◇

 □フランスメディアショップ
   フランスDVDマガジン「LaFrance.TV」、革新的フランス語教材「早聞き時
   事フランス語」「Ecoutarium」「CleClaire」の販売

 □Paris.CD
   フレンチポップスの情報サイトへリニューアル中
   バイオグラフィー翻訳プロジェクト翻訳ボランティアも募集中!

◇◇著作権について___________________________◇

  全ての記事はAntenneFranceのオリジナルもしくは提携した機関より提供して
  掲載しています。掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じ
  られています。
  ISSN:1881-2597
  発行:AntenneFrance(アンテンヌフランス|東京都港区)
  ■1997-2010 AntenneFrance, All Rights Reserved.

◇◇アンテンヌフランスについて_____________________◇

  まぐまぐ認定「殿堂入りメルマガ」「草分けメルマガ【地域の情報】」のメー
  ルマガジンAntenneFranceは1994年からホームページ・メールマガジンでフラ
  ンスの情報を提供してきました。現在はNPO法人となり様々なフランスの情報
  を発信しています。
  記事に関して   
  ホームページ   
  ホームページでは過去の記事を閲覧・検索できます。

◇◇協賛・提携募集___________________________◇

  アンテンヌフランスの活動は会員の会費や寄付金などで運営されております。

  フランス・コミュニティーをサポートしていただける企業・お店を募集して
  います。

◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンは、いくつかの方式で発行されています。
  まぐまぐ   
  Melma     
  BIGLOBE    
  ※当方の手作業による変更、中止は行っておりません。
  ※配信先の変更は、現在の配信を中止後、上記にてお申し込みください。

┼                                   ┼
_____________________________________________________________F____I____N__
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
http://www.AntenneFrance.com/

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る