AntenneFrance n.498 フランス国鉄総裁、ユダヤ人撲滅荷担に謝罪

┼                                   ┼
A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e______________ISSN_1881-2597_n.498
  S O M M A I R E  2011/1/31

  □今年も協賛しています。
  □フランス国鉄総裁、ユダヤ人撲滅荷担に謝罪

___________________________________________

身近なフランス情報をTwitterでも発信しています。
http://twitter.com/antennefrance

◆◆今年も協賛しています。
◆◆吉田神社で本、当たります
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 京都の吉田神社の節分祭は室町時代に執行されて以来、信仰と伝統を誇る京
 洛の一大行事で約50万人もの参拝者でいっぱいになります。厄除け発祥の地
 としても有名です。
 
 この期間限定で厄除け福豆を授与しています。この福豆にはくじが付いてお
 り、様々な商品が当たります。

 この節分祭で、先日発行の「にほんの守り」と「パリ・ブランシェ」を奉納
 しました。その他多数魅力的な商品がありますので、ぜひ参加してみてください。

 吉田神社には大元宮といって全国の神様を祀ったお社があり、こちらもこの
 期間だけ八百万の神様のお札が授与されます。
 
 吉田神社近隣には関西日仏学館もありますので、参拝ついでに関西日仏学館
 に寄ったりするのも良いですね。

 期間:2月2日〜3日
 吉田神社
 http://www5.ocn.ne.jp/~yosida/keihinkyousansyousyaitiran.html
 京都市左京区吉田神楽岡町30番地
 地図

◆◆
◆◆フランス国鉄総裁、ユダヤ人撲滅荷担に謝罪
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 第二次世界大戦中のユダヤ人ホロコーストといえば、ナチスの犯罪と考える
 でしょう。しかし、占領中のフランス政府では、ナチスに協力的でこのホロ
 コーストにも協力していたと言われています。
 
 日本でも戦時中の問題は議論が分かれるところですが、フランスでもこのよ
 うなデリケートな問題に関して未だに対立が生じているのです。しかし、突
 然フランス国鉄のトップが戦時中ユダヤ人の強制収容所に運ぶことに荷担し
 ていたことを謝罪しました。
 
 ピピ(Pipy)総裁は22000人のユダヤ人がアウシュビッツ強制収容所に出発し
 たパリ郊外のボビニー(Bobigny)駅を記念館にすることを発表し、「国営の
 会社であるフランス国鉄は、強制されてナチスのユダヤ人撲滅マシーンの歯
 車の一つとなりました。」
 
 この背景には、アメリカで建設が予定されている複数の新幹線受注合戦に関
 して、アメリカのユダヤ人団体がユダヤ人に対する強制収容輸送の責任を曖
 昧にしている限り新幹線導入に反対することを表明したからです。
 
 背に腹は代えられないと言いますが、まさにこの事でしょう。以前は新幹線
 建設の国際競争では、日本の新幹線とフランスのTGVなどのヨーロッパ陣営
 の争いでしたが、日本側がそれほど熱心では無かったと聞いています。
 
 しかし、日本も長年の不況で、国際入札に関しても力を入れてきて、カリ
 フォルニア州知事が来日時にも売り込みをかけていました。更に、韓国や中
 国など日本やフランスなどから新幹線技術を導入した国も参戦してきて、競
 争は激しくなっているようです。

◆◆フランスメディアショップ
◆◆ファッションをテーマにしたフランス語教材Ecoutarium Mode
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 大人になってから語学を学ぶなら趣味に近い内容で学ぶのも良いでしょう。
 言葉と言ってもネックとなるのはボキャブラリーで、更に分野ごとに特徴の
 ある言い回しがあります。
 
 Ecoutariumシリーズ第3弾はファッション関係の記事を幅広く集め、ファッ
 ション関連で渡仏する方や興味のある方に最適な初中級者向けのフランス教
 材です。ファッション関係のフランス雑誌や資料など読んだり、フランス発
 信の情報により近くなるでしょう。

フランス語学習も準備運動をしっかりと
 CleClaireで好評だったオートナビゲーションシステムをEcoutarium Modeで
 も採用。テキストを使わず音声ナビゲーションで、ゆっくり着実にトレーニ
 ングできます。外国語をマスターするには、その言葉に慣れていかなければ
 なりません。つまり、それは脳の中にフランス語を処理する部分を作って行
 くことです。一度作られれば、フランス語をフランス語のまま理解出来るよ
 うになります。
 
 その第一段階として、まだ未発達な脳の状態に合わせた速度から、じっくり
 理解しながら脳を鍛えて行きます。言葉は口に出すとよりはっきり記憶に残
 ります。脳と口の筋トレで、神経伝達経路を強固な物にします。

▼エクタリウム・オフィシャルサイト
http://www.ecoutarium.com/

エクタリウム・システム
 エクタリウムはフランス語を文節毎に区切り聞くことで、フランス語の語順
 で理解していくようにトレーニングを行います。エクタリウム・モードで
 は、繰り返し練習しやすいように収録順序を少し変更し、テキストなしでも
 学習出来るようにオートナビゲーションシステムを取り入れました。

▼フランスメディアショップ
 http://www.france.tc/

◇◇France Journal___________________________◇
◇ 
  まぐまぐプレミアムでは毎週フランス最新情報を配信中!
  今!パリで話題のスポットやフランス人が話題にする社会ネタなどをリアル
  タイムに伝えます。

 フランスジャーナル 最近の記事
  ★レストランへの消費税軽減決まる
  ★新型インフルエンザ、各国の対応に温度差あり
  ★便利なパリ、グランパリ計画
  ★相次ぐ社長の監禁事件
 毎週フランスの気になるニュースを忙しい人のために簡潔にお届けします。

◇◇フランス関連サイト_________________________◇

 □フランスメディアショップ
   フランスDVDマガジン「LaFrance.TV」、革新的フランス語教材「早聞き時
   事フランス語」「Ecoutarium」「CleClaire」の販売

 □Paris.CD
   フレンチポップスの情報サイトへリニューアル中
   バイオグラフィー翻訳プロジェクト翻訳ボランティアも募集中!

◇◇著作権について___________________________◇

  全ての記事はAntenneFranceのオリジナルもしくは提携した機関より提供して
  掲載しています。掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じ
  られています。
  ISSN:1881-2597
  発行:AntenneFrance(アンテンヌフランス|東京都港区)
  ■1997-2011 AntenneFrance, All Rights Reserved.

◇◇アンテンヌフランスについて_____________________◇

  まぐまぐ認定「殿堂入りメルマガ」「草分けメルマガ【地域の情報】」のメー
  ルマガジンAntenneFranceは1994年からホームページ・メールマガジンでフラ
  ンスの情報を提供してきました。現在はNPO法人となり様々なフランスの情報
  を発信しています。
  記事に関して   
  ホームページ   
  ホームページでは過去の記事を閲覧・検索できます。

◇◇協賛・提携募集___________________________◇

  アンテンヌフランスの活動は会員の会費や寄付金などで運営されております。

  フランス・コミュニティーをサポートしていただける企業・お店を募集して
  います。

◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンは、下記で発行されています。
  まぐまぐ   
  Melma     
  ※当方の手作業による変更、中止は行っておりません。
  ※配信先の変更は、現在の配信を中止後、上記にてお申し込みください。

┼                                   ┼
_____________________________________________________________F____I____N__
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
http://www.AntenneFrance.com/

◇◇おすすめサイト___________________________◇

 □願いがかなうパワースポット
   寺社系パワースポットの情報を紹介

 □御守新聞(ハッピーお守りライフ)
   全国のお守りの紹介や神社やお寺の豆知識、日本の信仰に関する
   様々な情報を紹介。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. espace sans tabac
ページ上部へ戻る