AntenneFrance N.186 フランスの音楽輸出ブーム 3

┼                                   ┼
A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e______________________________n.186
  S O M M A I R E
  □フランスの音楽輸出ブーム 3
_______________________________________________
◆◆rfi musique
◆◆フランスの音楽輸出ブーム 3
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「French Influence」の後半では、フランスのレコードレーベル各社の代表がフ
 ランス音楽を海外でのマーケティングについての経験、戦略などを語った。
 Atomospheriquesの若手ディレクターであるMarcThononは雄弁に、
 Atomospheriquesのアルターナティブアプローチについて雄弁に語り、いかに彼ら
 の純粋に「アーティスティック」な戦略によって、Tahiti80が日本でのゴールド
 ディスクを獲得するに至ったかを説明した。
 ThononのBarclay(Universal)に働いているときには、決してTahiti80やLouise
 Attaque のようなアルターナティブなグループと契約することが許されなかった
 という話は、フランスの新しい才能を海外で花咲かせるには、インディペンデン
 トレーベル方が適しているとの印象を与えた。
 それに対して、SonyのVergine Auclairはメジャーレーベルも輸出に貢献している
 ことを示した。たとえばSonyのPatricka Kaasは全売上の30%が海外での売上、ま
 たインドネシア生まれのAnggunなどはなんと全セールスの70%は海外での売上で
 ある。Virgin(Daft Punk、Air、Manu Chao)、Universal(Modjio、Era、Khaled、
 Tarkan)など他のメジャーレーベルにおいても同様にアーティストの最近海外で
 の成功が目立ってきている。
 昼食の後、JVC-JapanのAya OhiとMSI-USAのAdam Herkoがフランスのアーティスト
 の活動が海外でどのように見られているかについて発言、その後はフランスの女
 性デュオLes Nubiansが登場し、アーティス自らが最近のアメリカでの成功につい
 て話した。
 彼女達は、海外でのツアーがレコードセールスや、パブリックイメージのアップ
 につながるだけではなく、インスピレーションの源となることや、文化的経験が
 深まること、また新たな人との交流も生まれるといった新たな視点を提示した。
 ツアーコーディネーターのBernard Batzenはより経済的側面に焦点をあてた。
 Batzen は海外ツアーのコストを中心に、フランスの「ワールド」ミュージックの
 グループのプロモーション特有の問題(ステージにのぼるにも、飛行機に乗るに
 も人数が多すぎること)について述べた。また、元La Mano Negra(海外で成功し
 たフランスのグループの先駆けの1つ)のマネージャーでもあった彼は、フラン
 ス政府や民間の団体の支援に感謝しながらも、その官僚的な手続きによって、
 せっかくの補助金を受け取るのに、必要以上の時間がかかることに苦言を呈し
 た。
 Batzenの後、何人かのスピーチがあったはずのだが、2人の魅力的な女性がステー
 ジにあがるまで、うつらうつらしてしまいよく覚えていなことを告白しなければ
 なるまい。
 一人目はSCAMEのトップJean-Loup Tournierの娘Nathalie Tournierであった。彼
 女はロスアンゼルスでのFrench Music Officeのトップ、もう一人のMarie-Agnes
 BeauはロンドンのFrench Music Officeにおり、彼女達はそれぞれ日々の業務につ
 いて語った。
 これらの海外のオフィスはフランスのレコード業界にとって重要なアンテナであ
 り、フランスの業界のプロフェッショナルとロンドン、ロスの音楽ネットワーク
 を繋ぐ重要な役割を果たしている。
 Marie-Agnes Beauがどうやって英国のティーンエイジャーにフランス語を教える
 ために、フランスのラップグループを招待したかという話に、我々は将来フラン
 スの音楽が海外にあたえる影響について、なんら心配する必要はないとの感を
 持った。フランスの外務省の予算とBeau氏が行っているような創造的なプロジェ
 クトによって、現在のフランス音楽の輸出ブームは、実際に長期的続くものにな
 るかもしれないのだ!
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンは、8つの方式で発行されています。
  まぐまぐ   
  Melma    
  Pubzine
  マッキー!   ID:411
  メルポット   ID:0000000007
  ココデメール  ID:0300400007
  Tiara online ID:france
  emaga
  ※当方の手作業による変更、中止は行っておりません。
  ※配信先の変更は、現在の配信を中止後、上記にてお申し込みください。
◇◇広告募集______________________________◇

  フランス・コミュニティーに対象に特化した広告をしませんか?
  詳しくは、[email protected]
◇◇姉妹サイト・メールマガジン_____________________◇

 □[email protected]
   フランスに関係した情報を交換する為のメーリングリストです。質問など
   マナーやルールを守ってご参加下さい。
 □フランス・ウェブリング
   日本語のフランス関係のサイトのウェブ・リングです。
   日本のフランス・コミュニティーの輪です。
 □ScreenKiss
   映画関係者のインタビュー、タイムリーな映画祭情報、ハリウッド、ロン
   ドン、パリなどの映画情報など多彩な情報を独特の視点でお届けします。
◇◇お問い合わせ____________________________◇

  記事に関して        [email protected]
  タイアップ         [email protected]
  ホームページ        http://www.antennefrance.com/
  ホームページではオリジナル・スクリーンセーバーなどをダウンロードして
  います。
◇◇著作権について___________________________◇

  全ての記事はAntenneFranceのオリジナルもしくは提携した機関より提供して
  掲載しています。掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じ
  られています。
  発行人・編集長 中津川 昌弘
  ■Copyrights(C), 1997-2001 AntenneFrance
┼                                   ┼
_____________________________________________________________F____I____N__
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
http://www.AntenneFrance.com/

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る