AntenneFrance N.188 エコル・ド・パリ 2 1904-1929 別の役割

┼                                   ┼
A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e______________________________n.188
  S O M M A I R E
  □エコル・ド・パリ 2 1904-1929 別の役割
_______________________________________________
◆◆
◆◆エコル・ド・パリ 2 1904-1929 別の役割
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「エコル・ド・パリ」という呼び名は、1925年にA・ワルノーが考えた、パリ
 を前衛芸術の中心にしたフリーの芸術家たちをさす言葉だ。その中には多くの外
 国人がいたが、現代美術館は、そのような外国人だけを紹介している。一部、二
 部、三部、ではピカソ、プリミティヴィスム、キュビスム、伝統と現代性の二重
 性を取り上げた。
 第四、第五部では、外国の芸術家が20年代の首都パリにどのようにして新しい
 視線を示したかを補足している。「パリの独創」の始まりのころについては、写
 真が大部分を占めている。ジェルメール・クリュルによるエフェル塔の幾何学的
 クローズアップ、マン・レイのダダイスト的構成、フロランス・アンリーの完璧
 な視覚的線、ブッラサイの夜の大胆さ、ベレニス・アボット、リーズ・ビング、
 アンドレ・ケルテスの写真。美学に対して個人的で独創的なこのメディアは、現
 代性を定着させるのに貢献したようだ。
 肖像写真は、顔に名前を語らせる。モジリアニの古い肖像写真の中に、シャツの
 襟を開け、セーターを着て、腰に手を当てたとてもくつろいだ様子のモダンなも
 のがある。アバンギャルドなヴァン・ドンジャン、鋭い目のキュプカがいる。こ
 の時代の記事や文学作品の一部を読むこともできる。「エコル・ド・パリ」は、
 だれもが好むものではない。カミーユ・モクレールは、「笑劇・現代芸術」の中
 で、外人の進入に直面し、ゆがめられていくフランス芸術の危機を予告してい
 る。
 「パリの独創」はまた、バー、キャバレー、サーカス、アトリエ、売春宿といっ
 た慣れ親しんだ場所に注意を向けた絵画の新しいイメージを通過する。アマゾン
 社が世に出したジュール・パッサン(ブルガリア出身のアメリカの画家、彫刻
 家)の “いたずら” は、刺激に事欠かない。そういう場所を批判し、また売
 り物にする芸術家たち自身も、入り乱れたポートレイトで、パリジャンの興味の
 中心となっている情景を描いた。とりわけスーチンを取り上げた第六部に入ると
 様式の多様さはますます顕著になる。濃厚な絵、野性的な一色塗り、色彩の捻
 れ、主題の変形、このリトアニアの画家の仕事は、目がくらむほどだ。
 現代前衛芸術の解放と言われるものには、ゴッホの影響が見られるようだ。この
 展示は、「1929年」で終わる。『狂乱の時代』の快楽は、経済、社会的、政
 治的な危機に場所を譲る。パリを去る芸術家もいた。ヨーロッパは不安定な情勢
 となり、アメリカをうらやましげに眺めた。
 時代は移る。「他の役割」は、芸術にとってなくてはならない独特な精神、多か
 れ少なかれ“新しい”洞察、技巧と美学の大胆さ、内気、あるいは大胆な心をも
 たらせた外国人芸術家の多大な貢献のことであるかもしれない。
 「エコル・ド・パリ」に平行して、美術館では「パリ寄港」として、パリを仕事
 場に選んだ現代芸術家や外国人芸術家の27人を扱っている。
 3月11日まで
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンは、8つの方式で発行されています。
  まぐまぐ   
  Melma    
  Pubzine
  マッキー!   ID:411
  メルポット   ID:0000000007
  ココデメール  ID:0300400007
  Tiara online ID:france
  emaga
  ※当方の手作業による変更、中止は行っておりません。
  ※配信先の変更は、現在の配信を中止後、上記にてお申し込みください。
◇◇広告募集______________________________◇

  フランス・コミュニティーに対象に特化した広告をしませんか?
  詳しくは、publicite@AntenneFrance.com へ
◇◇姉妹サイト・メールマガジン_____________________◇

 □MelFR@NCE
   フランスに関係した情報を交換する為のメーリングリストです。質問など
   マナーやルールを守ってご参加下さい。
 □フランス・ウェブリング
   日本語のフランス関係のサイトのウェブ・リングです。
   日本のフランス・コミュニティーの輪です。
 □ScreenKiss
   映画関係者のインタビュー、タイムリーな映画祭情報、ハリウッド、ロン
   ドン、パリなどの映画情報など多彩な情報を独特の視点でお届けします。
◇◇お問い合わせ____________________________◇

  記事に関して        comment@AntenneFrance.com
  タイアップ         tieup@AntenneFrance.com
  ホームページ        http://www.antennefrance.com/
  ホームページではオリジナル・スクリーンセーバーなどをダウンロードして
  います。
◇◇著作権について___________________________◇

  全ての記事はAntenneFranceのオリジナルもしくは提携した機関より提供して
  掲載しています。掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じ
  られています。
  発行人・編集長 中津川 昌弘
  ■Copyrights(C), 1997-2001 AntenneFrance
┼                                   ┼
_____________________________________________________________F____I____N__
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
http://www.AntenneFrance.com/

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る