AntenneFrance N.35

□□□□□□□□□1□□□□□□□□□2□□□□□□□□□3□□□□□□□
12345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234
┼                                   ┼
                                  vol.35
                       A n t e n n e F r a n c e
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆
                        ◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆ ◆
                         ◆◆◆  ◆◆ ◆◆
                        ◆ ◆  ◆      ◆
                                ◆
                            ◆
                        ┼           ┼
                         S O M M A I R E
                        ┼           ┼
         N O U V E L L E
       0◆お知らせ
        _____________________________
         L E P E T I T B O U Q U E T
       1◆映画「Fin aout debut septembre」
        _____________________________
         L E P E T I T B O U Q U E T
       2◆汚染血液訴訟
        _____________________________
         L E P E T I T B O U Q U E T
       3◆暴走するタクシー
        _____________________________
         L E P E T I T B O U Q U E T
       4◆フィリップ・ソレルスの打ち明け話
        _____________________________
         F R A N C A I S
       5◆フランス語で学ぶフランス N.9
        _____________________________
         F R A N C A I S
       6◆En Pensee N.2
        _____________________________
         I N F O R M A T I O N
       7◆AntenneFrance 姉妹サイト
        _____________________________
         I N F O R M A T I O N
       8◆登録・解除・お問い合わせなどについて
        _____________________________
┏━┓                          N O U V E L L E
┃0┃お知らせ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お問い合わせいただいている『Le Petit Bouquet』日本語版は、4月より有料で
 送信するようになります。詳しいスケジュールは次回にもお伝えできると思いま
 す。有料化後もダイジェストを送信できると思います。
 フランス人のために発行されているこのメールマガジン『Le Petit Bouquet』は、
 フランスのニュースを始め興味深いデーターや面白い話しや文化などを独自の切
 り口で紹介しています。本家は週5日発行しています。
 フランス人をターゲットにしているので、日本人が喜ぶように執筆した記事では
 なく、変なフィルターがかかっている事もありません。
 AntenneFrance のホームページのアドレス変更いたしました。
 新しいURLは、
 http://www.metamondes.com/AntenneFrance/
 です。
 ご協力のお願い
 物語やイラストなど書ける人募集しております。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                    L E P E T I T B O U Q U E T
┃1┃映画「Fin aout debut septembre」  (N.439)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 映画「Fin aout debut septembre」
 観客は、パリの小宇宙にもう一度立ち戻る。そこには、不器用に生きている 30
 代の人々がいる。そして、映画監督オリビエ・アサヤスは、真実の人生とはこん
 なものだ、と私たちによくも見せつけてくれたと感じるだろう。
 しばらくの間苛立ちを感じるが、 彼の新作「Fin aout debut septembre」は、知
 らぬ間に彼の巧みな繊細さに引き寄せられてゆき、感情が高まって来るのを感じ
 させる。
 フィルムは、不治の病におかされた作家、アドリアンの姿をとらえる。病と闘う
 自分の健康と宣告された死への不安は、彼に関わっている登場人物たちを輝かせ
 て見せる。
 とりわけ、すっかりアドリアンに影響された友人、ガブリエル(Matieu Amalric)
 がどうなってゆくか。映画では、ノスタルジックなジェニー(なんとJeanne
 Balibar)と別れるところで彼が登場する。そして、思いもよらぬアンヌ
 (Virginie Ledoyen)とのはっきりしない関係が始まってゆく。
 アドリアンは、苦しんでいるが、彼を苦しめている不幸をみんなには悟らせない
 ように振舞う。忍び寄る死によって強い印象を与える大作家を感じさせるアドリ
 アンは、気取り屋だと見えるかもしれない。
 ところが、苦しみを内に秘めながら、この役を演じているのは、見事なフランソ
 ワ・クルゼ(Francois Cluzet)なのである。いつも変わり者の役を彼に押し付け
 てしまう度を越して引きつるほど滑稽さは、もはや感じられない。
 アリ・ファルカ・トゥレの物悲しく、けれど力強いギターの伴奏により、「Fin
 aout debut septembre」は、胸が締め付けられるような思いを巧みに味わせてく
 れる。彼は、私たちの中で鳴り響いてゆく感情を散りばめているのだ。
 この映画を形成するディテールの内容を歪曲することは、繊細なことなのである。
 この物語は、決して悲しみや、後悔、立派と言える行動についてくどくどと述べ
 ているものではないとだけははっきり言える。むしろ、生きることへの強い感情
 を引き立てるために、それらを組み合わせているのだ。
 アサヤスは、彼の登場人物たちが自分で気付かず、そしてコメディアンという素
 質のおかげで、ほとんど目に付かない感情がふいに現れる瞬間に、彼らをとらえ
 る。正統的なアサヤスは、省略法と緩叙法を使いこなし、現代的な彼は、登場人
 物たちの繋がりを組み立てることを観客に委ねる。
 彼の映画でしばしば見られるように、最後は、最も美しい。ラストシーンは、そ
 の後に何もない句読点のように、観客の感動と彼らが空想する自由の他には何も
 ないのだ。
 死と病(この病気の名前は、遠慮からかまた気取りのためか決して明かされるこ
 とはないのだが)が付きまとうこの映画は、あえて生きている人々の姿をとらえ
 ている。
 一ヶ月にも満たない日々の記録,、「8月が終わり9月が始まる(Fin aout debut
 septembre)」は、自由に物語が広がって行くために重くのしかかるもの(小さな
 社会の窮屈さ、自己の取るに足りない行為)を少しづつ排除している。
 私たちは、アドリアンから彼を取り巻く人々に伝わってゆくものを場面のあちら
 こちらに発見する。これは、遺産の、とりわけその分割の映画なのだ。雑誌
 「Chahiers du cinema」で文章を書き始めたオリビエ・アサヤスは、肉体と心の
 唯一の動きを開花させるために彼の抑えられない理論の欲求(文学的なもの、現
 代の世の中を物語によって語ることの不可能性について話すガブリエル)を徐々
 に黙らせている。
                            ◇翻訳:赤木 信子
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                    L E P E T I T B O U Q U E T
┃2┃汚染血液訴訟  (N.441)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Toubib or not toubib?
 週間風刺新聞「カナール・アンシェネ」の中で、ルイ-マリー・ホローは、汚染血
 液訴訟について次のように自問している。「医者なのか、医者ではないのか?
 (toubib or not toubib)」と。
 そして、処方医が一度も不安を抱くことがなかったのに、政治家ばかりが問題に
 されることに抗議している。
 それは、彼にとって、ファビユス、デュフォワ、エルベが 1985 年から血液製剤
 の死をまねく可能性について知っていたとすれば、医者、血友病の専門家あるい
 は輸血の専門家がそのことをよく知らなかったとどうやって言い張ることが出来
 るのかと言うことなのである。
 実際しばしば忘れられてしまいがちだが、医療行為、処方箋、処方が無しに、血
 液を媒体とする感染は一つも存在しない。悪の大衆化には、全てがからんでいる
 のだ。
 しかも、「新聞社も何社か、証人として喚問することが出来るだろう」と言うが、
 その新聞社も、重大な間違いをしているのだ。献血者の厳正な選択を要求する
 1983 年の通達に対し、「エイズは今日、公衆衛生のために献血者の個人生活につ
 いてまで調査しなくてはいけないような脅威なのか?」と抗議しているル・モン
 ドのように。
 「だって黒人は、悪魔が創った者だから」と、ハイチ人の排除を皮肉ったこの週
 間風刺新聞は、ここでも見逃してはいない。・・・要するに、被告席に座らなく
 てはいけないのは、この社会そのものなのだ。
                            ◇翻訳:赤木 信子
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                    L E P E T I T B O U Q U E T
┃3┃暴走するタクシー  (N.441)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 これは、まさに暴走だ。それもタクシーの。日曜日の朝、車泥棒はパリの幹線道
 路やその近辺にこんな風にやっかいな種を撒き散らした。
 8時半、18 区で、彼はタクシーの運転手を武器で脅し、車を盗むとそのまま逃げ
 て行った。オーベルヴィリエーの出口で見つけられたが、一度はなんとか警察の
 手から逃れることが出来た。
 その時から、パリの外環状道路での警察のオートバイ2台での追跡が始まった。
 このオートバイを追い払うために、少なくとも追跡の邪魔をしようと、運転手は
 一台のオートバイに追突し、そのあと何台かの車に衝突して行った。
 彼はドレ出口から外に出、考え直し外環状道路に戻ってくる間もなくマレショー
 とはまったく反対方向に走っていたのだ。
 タクシーに追いついたオートバイ隊員は、その逃走者に向けて二度射撃を行った。
 恐れおののいた彼は、まず高速道路A4への連絡道路、そして国道 19 号につな
 がる高速道路A86 に向かって走り出した。
 彼が急停車したのは、オートバイの一台に歩道の上を走って行かせようとした為
 だった。そして彼はまた後ろから急発進した。
 だがそんな彼をストップさせたのは、なんと街路設備のコンクリートだった。彼
 は、そこに衝突してしまったのだ。もはや降伏するしかなかった。これで一件落
 着。
                            ◇翻訳:赤木 信子
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
★☆★☆★☆★☆★☆★ ル・プティ・ブーケ日本語版 ★☆★☆★☆★☆★☆★
☆ フランスのメールマガジン                      ☆
★  ■■◆フランスの一般ニュース     ただ今、AntenneFrance でのみ★
☆   ■■◆おもしろネタ  など満載!!       ご覧になれます!☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ Le Petit Bouquet ★☆★☆★
┏━┓                    L E P E T I T B O U Q U E T
┃4┃フィリップ・ソレルスの打ち明け話
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「私は、社交好きではない。人が私に対して抱くイメージは、メディアを通して
 多かれ少なかれうまく解釈されたもので、私が書いた何千という本のページから
 のものではない。
 先入観から、どこかで自分を判断しようとしている。しかし、それは、私の振る
 舞いかたなのだろうか。私は、人の深みを直ちに感じさせるような真面目で、厳
 格な顔つきはしない。これは、私が、クレリカリスム(clericalisme)-教権拡
 張主義-と呼ぶものなのだ。もし人が、陰気で、疎外された雰囲気を持っていれ
 ば、当然そんな風にしか思わない。
 私の場合、私のイメージは、うまいやり方で分割されている。テレビに出演し、
 そして仕事をするために家に帰っても、一向に気にしない。そこには、なんの矛
 盾もないのだ。」
 作家、フィリップ・ソレルスは、このように日曜日の新聞「Journal du
 Dimanche」に、打ち明け話をしている。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                          F R A N C A I S
┃5┃フランス語から学ぶ「フランス」 N.9
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 □ temps (時、時代、天気など)
  ◇ travailler a plein temps
     フルタイムで働く
  ◇ travailler a mi-temps
     パートタイムで働く
  ◇ Il fait beau temps. / Il fait mauvais temps.
     天気が良い。/ 天気が悪い。
  ◇ Le temps , c’est de l’argent.
     時は金なり。
  ◇ parler de la pluie et du beau temps
     当たり障りの無い話をする
  ◇ a temps
     タイミングよく、遅れずに
  ◇ avec le temps
     時とともに
  ◇ de temps en temps
     時々
  ◇ en meme temps
     同時に
  ◆使ってみよう
  ◇ Prenez votre temps
     どうぞ、ごゆっくり
  ◇ Combien de temps restez-vous a Tokyo?
     どのくらい東京に滞在しますか?
  ◇ Laisse-moi le temps de reflechir.
     考える時間をちょうだい。
  ◆ラテン語:primus + temps (第一の時期)で printemps 春 になります。
  ◇ Au printemps, les cerisieres sont en fleurs.
     春には、桜が咲く。
  ◇ Une hirondelle ne fait pas le printemps.
     一羽のツバメでは、春が来ない。(一時で万事を計るな)
  ◇ Le printemps approche! / C’est bientot le printemps!
     もうすぐ春だ!
                                赤木 信子
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                          F R A N C A I S
┃6┃En Pensee N.2
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 あまり口には出して言わないけれど、心の中思っているフランス語の表現集。
 【起きてから】
Apres s’etre leve
 □もうこんな時間だ
Il est deja cette heure la!
 □なんか具合が悪い
Je ne me sens pas bien. (Il y a quelque chose qui ne va pas)
 □風邪を引いたみたい
J’ai du prendre froid.
 □頭が痛い
J’ai mal a la tete.
 □今日はいい調子
Aujourd’hui, je me sens bien.
 □今日は良い目覚めだ
Aujourd’hui, je suis bien reveille(e). (Aujourd’hui je suis de bon humeur)
 □目覚ましが鳴る前に起きちゃった
J’etais deja reveille quand le reveil a sonne
 □早くしないと遅刻しそう
Si je ne depeche pas, je vais etre en retard.
 □今日は何を食べようか
Qu’est-ce que je vais manger aujourd’hui ?
 □朝食は止めよう
Je saute le petit dejeuner
 □マクドナルドで食べよう
Je vais manger au Macdo!
 □あと10分で出なきゃ
Je dois partir dans 10 minutes.
 □電車を一本遅らそう
Je vais rater mon train !
 □今日は遅刻だ
Aujourd’hui, je suis en retard.
 □今日は間に合いそう
Aujourd’hui, je suis a l’heure.
 □急行が乗れれば、間に合うな
Si je prends l’express, je serais a l’heure.
 □走っていこう
Je vais courir.
 □今日はのんびり行けそうだ
Aujourd’hui, je n’ai pas besoin de me presser.
 □早く着きすぎるかな
Je vais etre en avance. (je vais arriver en avance)
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                       I N F O R M A T I O N
┃7┃AntenneFrance 姉妹サイト
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆
◆◆◆ICHIBANDORi
◆◆◆http://www.masahiro.net/ICHIBANDORi/
   フランスの音楽や映画などを主に取り扱ったサイトです。
   フランスのテレビ局やラジオ局などの協力のおかげで、色々な情報やビデオ
   クリップなどを見ることが出来ます。
◆◆◆
◆◆◆L’HEXAGONE フランス情報省
◆◆◆http://www.metamondes.com/HEXAGONE/
   フランス旅行中にモバイルでインターネットをする方法、日本で見れるフラ
   ンスのテレビの紹介やその受信方法、日本で行われたフランス関係のイベン
   トに関してなど色々な情報を扱っています。
   フランス関係専門のホームページサーチエンジンも開始いたします。
◆◆◆
◆◆◆フランス・ウェブリング
◆◆◆http://www.metamondes.com/WebRing/
   ボタンをクリックすると、フランス関係のホームページがランダムに表示さ
   れます。新しいフランスのホームページと出会う為にも、このボタンを見た
   らクリックしてみて下さい。
◆◆◆
◆◆◆[email protected] フランス情報メーリングリスト
◆◆◆http://www.masahiro.org/ML/MelFRANCE/
   フランスに関係した情報を交換する為のメーリングリストです。質問などマ
   ナーやルールを守ってご参加下さい。
◆◆◆
◆◆◆映画専門マガジン ScreenKiss
◆◆◆http://www.ScreenKiss.com/
   横浜フランス映画祭で出会った人を中心に AntenneFrance で映画関係の記
   事を書いていた人で作るメールマガジンです。
   勿論フランス映画はご贔屓です。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                       I N F O R M A T I O N
┃8┃登録・解除・お問い合わせなどについて
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンは、6つの方式で発行されています。
                          (内容は全て同じです)
  まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/)
  マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/)
  フライヤー  (http://flier.pos.to/)
  メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/)
  ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/)
  ClickIncome  (http://clickincome.net/)
  【メールアドレス変更】
  ご自身の登録したサービスのページに行き古いアドレスを削除して、新しいア
  ドレスを登録します。
  マッキー版はご自身の購読IDの設定を変える事で変更できます。
  【解除】
  ご自身の登録したサービスのページに行き自分の登録したアドレスを削除のフ
  ォームに記入し送信して下さい。
  マッキー版はご自身の購読IDの設定で解除できます。
  【ホームページにて】
  AntenneFrance のホームページにはこのメールマガジンを発行しているサービ
  スへ直接処理が出来るようにリストアップしております。
  http://www.metamondes.com/AntenneFrance/
◇◇サービス______________________________◇

  ホームページで色々なサービスがあります。是非ご利用下さい。
  【オリジナル・ポストカード】
   インターネット上でポストカードを送信できるシステムです。他とは違っ
   たフランスの香るイメージを送ることが出来ます。
  【過去の記事参照】
   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。
  http://www.metamondes.com/AntenneFrance/
  Backnumber.toを利用したバックナンバー再送信サービスもあります。
  http://backnumber.to/list.asp?userid=10000200
◇◇広告募集______________________________◇

  AntenneFranceでは、広告を募集しております。
  詳しくは、[email protected]
◇◇お問い合わせ____________________________◇

  色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿を
  お願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。
◇◇スタッフ______________________________◇

  【編集長】     【編集・記事執筆】     【翻訳】
   中津川 昌弘    Philippe BERTHET      中井 秀明
             赤木 信子         赤木 信子
             石川 祐子
◇◇AntenneFrance について_______________________◇

  AntenneFrance はフランスのメディアや日本国内のフランス関係機関との協
  力を得てフランスに関わる話題を紹介しています。
  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。
 ■Copyright(C), 1997-1999 AntenneFrance               ■
  Ce numero a ete realise par <>, <>, <>,
  <>, <>, <> et <>.
  Merci!
                      directeur de la publication
 ■                    Masahiro NAKATSUGAWA    ■
┼                                   ┼
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 ■  □  ◆  ◇             ╋           ╋
                           F  I   N 
                        ╋           ╋

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010/10/25

    産休延長へ
ページ上部へ戻る