AntenneFrance N.42

□□□□□□□□□1□□□□□□□□□2□□□□□□□□□3□□□□□□□
12345678901234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234
┼                                   ┼
                                  vol.42
                       A n t e n n e F r a n c e
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆
                        ◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆ ◆
                         ◆◆◆  ◆◆ ◆◆
                        ◆ ◆  ◆      ◆
                                ◆
                            ◆
                        ┼           ┼
                         S O M M A I R E
                        ┼           ┼
         N O U V E L L E
       0◆お知らせ
        _____________________________
         S C R E E N K I S S
       1◆字幕翻訳家・山崎剛太郎 2
        _____________________________
         L E P E T I T B O U Q U E T
       2◆運転中の若い女性が男にガブリと噛みつかれる?!
        _____________________________
         L E P E T I T B O U Q U E T
       3◆お菓子が原因で学校退学?
        _____________________________
         L E P E T I T B O U Q U E T
       4◆村の老女は、ルイ 16 世の末裔?
        _____________________________
         L E P E T I T B O U Q U E T
       5◆コーヒーの真っ「黒」な将来
        _____________________________
         L E P E T I T B O U Q U E T
       6◆Paques(復活祭)を祝う、巨大オムレツ
        _____________________________
         F I L M
       7◆横浜フランス映画祭情報
        _____________________________
         I N F O R M A T I O N
       8◆AntenneFrance 姉妹サイト
        _____________________________
         I N F O R M A T I O N
       9◆登録・解除・お問い合わせなどについて
        _____________________________
┏━┓                          N O U V E L L E
┃0┃お知らせ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 さて今年もフランス映画祭が始まります。AntenneFrance では、出来るだけこの
 話題を追っかけていこうかと思っています。
 同時期ではありますが、インターネット上のフランス関連サイト ICHIBANDORi グ
 ループとして展示会への出店も予定しております。詳しい予定は後ほどご連絡い
 たします。
 最近は皆様のご協力を沢山頂くようになりました。大変ありがとうございます。
 しかし色々な計画が山のようにあり、編集に携わって下さる方も仕事の合間に時
 間を割いて行って下さっている為に、少しずつではありますが、作業が進んでお
 ります。
 残念ながら具体的に協力して頂きたいことを挙げられないのですが、翻訳以外に
 も色々な力を必要としております。もし何かありましたらご連絡下さい。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                        S C R E E N K I S S
┃1┃字幕翻訳家・山崎剛太郎 2
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 AntenneFrance と姉妹マガジンの映画専門マガジン ScreenKiss より、フランス
 映画の字幕翻訳をされている山崎剛太郎先生とのインタビューです。4回にわた
 ってお送りいたします。
 映画ビジネスに関わる方々にお話を伺うコーナーです。アポイントが取れ次第の
 取材なので、不定期になりますが、随時ご紹介していきたいと思います。
 前回に引き続き山崎剛太郎先生です。
 2)字幕周辺:用語などについて
 映画館とビデオやテレビでは何となく訳が異なるような気がするのだが、という
 質問には意外なお答えが。
 「それはその通りです。字幕にはいくつかの禁止用語があるのですが、これがビ
 デオ、テレビとなると劇場用より更に規制が厳しくなります。例えば“狂言自殺”
 という言葉。
 これには“狂う”という字が入っているのでだめ。同和問題なども各局で禁止用
 語をもっています。原題に禁止用語が含まれている場合も変えてしまう事もあり、
 こうした事は翻訳家協会でもいつも問題になる点です。
 例えば以前アキムコレクションをまとめて上映した事があり、その時私は『ノー
 トルダムのせむし男』を手掛けました。一応タイトルには残したものの、“せむ
 し”が禁止という事で字幕には“鐘つき男”、せむしに触れる時は“こぶ”とい
 う形で逃げました。
 原作の雰囲気を変えてしまう事もあり、私はこれは一種の“言葉狩り”にならな
 いかと思います。」
 ※他にも言葉に関しては、いろいろと感じられるところがおありだそうだ。
 「若い人の言葉もなるべく気にしているのですが、どうも自分の生活に密着して
 いないので使いにくいです。でも、配給会社はとにかく売れればいいわけだから、
 そうした言葉を使ってくれと言ってくる場合もあります。
 昔の話ですが、主演女優さんが百恵ちゃんに似てるからって『山崎さん、あそこ
 はね、百恵ちゃんて入れて下さい』って。恥ずかしいし、不快だったけど宣伝部
 から言われたしね。
 字幕では、僕の先輩の秘田余四郎さんて方がね、とても巧くて、この方の字幕は
 石に刻んでもいいと思う位ですよ。私が60才位の時、『天井桟敷の人々』をテ
 レビ用に頼まれたのですが、既に彼の素晴らしい訳があるのでそれを使えば、と
 言ったのですが版権は7年間なので、それが切れていたらしい。そこで、挑戦し
 ましたが、やはり彼の訳はそれを乗り越えられない程巧かったねぇ。」
 ここで名前の上がった秘田余四郎氏とは50年代位までのフランス映画をほとん
 ど手掛けていた翻訳家で、山崎先生ご自身、若い頃から彼の翻訳した映画を見て、
 映画に夢中になられたそうだ。
 ご自身多くの映画を訳される事になった訳だが、これには傑作な話がある。フィ
 ルムセンターでフランス映画特集上映をしていた際、先生が19才で見て感動し
 たデュヴィヴィエ監督作品の『ゴルゴダの丘』の上映があった。
 この作品でキリストの役をしたロベール・ルヴィギャンという役者がとても良か
 ったのだが、彼がユダヤ人という事がわかり、出演の決まっていた『天井桟敷の
 人々』の冒頭に出てくる古着屋の役をおろされてしまったという。(結局この役
 は急きょルノワール監督の弟が代役する事になった)
 それはともかく、その作品を、友人の若い早稲田の学生と一緒に見に行かれた。
 見ながら訳についても色々話していたところ、最後に字幕のところで、御自分の
 名前が出てきて吃驚されたのだそうだ。すっかり忘れていた作品で、どうやらこ
 れも19才の時は秘田氏の訳で御覧になっていたらしいが、その後フィルムライ
 ブラリーに納める為に新たに字幕を頼まれたような気がする。
 その他に上映していた作品にも御自分の字幕のものがあって、何人かに「山崎さ
 んのを5~6本見ました」といわれ頭をかかえられたらしい。確かに今迄で 700
 本も訳されていればこんな事も起こるのだろう。
 やはり、山崎先生の字幕に慣れている人から見れば先生の字幕だという事はすぐ
 にわかるそうで、テレビで放映されたりすると「先生の翻訳ですね」という電話
 がかかってきたりするそうだ。
 やはりお仕事柄、他の字幕翻訳も当然気になられる。昨年の東京国際映画祭で上
 映したアラン・タネール監督作品「レクイエム」はとても気に入って二回も御覧
 になられたが、ただひとつ気になって仕方がなかったのが冒頭の、ある文章だっ
 たという。
 この作品はある男が死んだ詩人と会う約束迄の時間に、若い時の父親や亡くなっ
 た友人、恋人と再会するといった白昼夢のようなストーリーなのだが、こうした
 内容と照らしあわせると冒頭の『人生は寝て過ごせ』という訳がとても気になっ
 た。
 ボードレールの詩に「獣の眠りを眠れ」というのがあり、多分それを人生に置き
 換えたのだと思えるが、英語で言えば”Sleep the Life”
 だから、とてもびっくりしてしまわれたという。
                                鳥野 韻子
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                    L E P E T I T B O U Q U E T
┃2┃運転中の若い女性が男にガブリと噛みつかれる?!  (N.466)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「人間(l’homme)人間(l’homme)にとって狼である。」というのは、古代ロー
 マの喜劇詩人プラテゥスの言葉として有名であるが、狼の餌食になるのは男
 (l’homme)だけというわけではない。女性(le femme)もである。特に車の運転
 中の女性は、狼に狙われやすい!
 こんなぞっとするようなことを言うのも、実は3月18日に(先週の木曜日に)
 クレルモン・フェラン(*1)の大通りで起きた、ある出来事のせいなのである。
 若い女性が運転する車が信号待ちをしていると、どういうわけか、一人の男が突
 然、その車に向かって敷石を投げつけたのだ。強く抗議をしようと車から降りよ
 うとしていたその女性にその男は飛びかかり、なんと!野蛮にも眉に噛みついた
 のだ!
 この手のつけようがないほど感情の高ぶった男は、その後、何が何でも突き刺し
 てやるのだとナイフを取り出したが、多分誰か通りかかって怖気づいたのだろう、
 逃げ出してしまった。
 警察の捜査によって身元が判明し、その男はその夜のうちに自宅で逮捕された。
 おそらく5月8日に判決が下されるだろうが、その前にやはり精神鑑定が前もっ
 て行われることになる。
 *1) クレルモン・フェラン(Clermont-Ferrand)
  ピュイ・ド・ドーム県の県庁所在地。フランス中部オーヴェルニュ地方の中心
  都市
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                    L E P E T I T B O U Q U E T
┃3┃お菓子が原因で学校退学?  (N.469)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 5歳の男の子が食券を持っていなかったことで憲兵のところに連れて行かれたと
 いう記事を先週の金曜日に掲載したが、今日は、タルブとルルド(*1)の間の小さ
 な町オサンにある聖ジョゼフ小学校での出来事である。
 その学校の校長が 11 歳の男子生徒のアルノをたいしたこともないことで退学さ
 せたのだ。なんとお菓子のことで!
 「交換ごっこ」をして遊んでいるときにその出来事は起こった。…僕はメノウの
 石を2つあげるから、それと交換にパニーニのステッカー(*1)をくれよ、あたし
 は縄跳びを貸すわね、その代わりにあなたの髪かざりを私を貸してね…こんな風
 に、古くからある「物々交換」の真似事をしていたのだが…
 この時アルノ少年は他の生徒と一枚の絵を、イチゴ菓子と、他の砂糖菓子と交換
 しただけだった。それを「恐喝の第一歩」と決めつけた校長は直ちにアルノを退
 学させてしまった。そのうえ彼の弟、8歳のフロランと6歳のヤニックにまで罰
 を与えたのだ。何の関係もない2人なのに…
 *1) タルブ(Taebes)、ルルド(Lourdes)
   フランス南東部、ミディピーレネー地方の町。
   ルルドは聖母マリアを祭るフランス最大の巡礼地として有名。
 *1) パニーニのステッカー
   パニーニ社(PANINI)の子供向けステッカー。
   漫画タンタンやディズニーなどのさまざまな人気キャラクターのステッカー
   がある。2、3フランくらいで販売しており、フランスの子供に人気がある。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
★☆★☆★☆★☆★☆★ ル・プティ・ブーケ日本語版 ★☆★☆★☆★☆★☆★
☆ フランスのメールマガジン                      ☆
★  ■■◆フランスの一般ニュース     ただ今、AntenneFrance でのみ★
☆   ■■◆おもしろネタ  など満載!!       ご覧になれます!☆
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ Le Petit Bouquet ★☆★☆★
┏━┓                    L E P E T I T B O U Q U E T
┃4┃村の老女は、ルイ16世の末裔?  (N.472)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ブーズビル・ラ・ゲラールでは、火曜日から興奮が冷めやまない。普段は丸々と
 したお尻の乳牛が、のんびりと駆け回っているような、コー地方(*1)のこの小さ
 な村の住人は、その話を信じることが出来なかった。
 しかし、それを証明する公式な書類が現れたのである。みんなから『ジャニヌー』
 の愛称で呼ばれている 93 歳の老女は、なんとあのルイ 16 世(*2)の末裔らしい
 のである。この元気の良い農婦は、今でも一人で畑で野菜を作っているのだが、
 実は首をはねられた王の息子、あのルイ 17 世(*3)を祖父に持っているらしいの
 だ。
 歴史家は、間違って、投獄され死んだと思っていた。彼らにはアンドレ・カスト
 ゥロやアラン・ドゥコーの粘り強さが無かったようだ。この2人はノルマンディ
 地方の古文書の中に、カペー(*4)の一市民の痕跡を発見したのだ。
 おそらく、革命の混乱のおかげで、若い王子は牢獄から逃げ出すことが出来たの
 だった。彼はそこに投獄されたまま、死を待つだけだったはずなのに。農夫の服
 をまとい、ブーズビル・ラ・ゲラールで農場の作男として雇ってもらい、その地
 で子孫を残すこととなったのだろう。
 肩の上にしっかりと載った頭の持ち主、ジャニヌーは、今からすでにパリの伯爵
 に会う意志があることを告げた。この伯爵は、彼女のいとこにあたり、現在フラ
 ンスの王位継承の要求する人物なのである。
 *1) コー地方(Pay de Caux)
   ノルマンディ地方東部の高原地帯
 *2) ルイ16世
   1754-93 フランス王ルイ 15 世の孫、財政破綻からフランス革命の勃発を招
   き、ヴァレンヌ逃亡事件や対外密謀により信望を失って廃位、処刑された。
 *3) ルイ17世
   1785-95 ルイ 16 世の子。父王の処刑後、王党派から国王に指名されたが、
   革命政府の監視下におかれ病没したとされている。
 *4) カペー
   1792 年君主制を放棄した後のルイ16世と王家の者につけられた名
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                    L E P E T I T B O U Q U E T
┃5┃コーヒーの真っ「黒」な将来  (N.473)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 まったく、靴下の匂いのするような気力を我々に注ぎ込んでくれる話しだ。日刊
 紙「ル・モンド」は、この黒い靴下の飲物に興味があるらしい。そして、「コー
 ヒーは、もう 15 歳から 25 歳の人々を引きつけるものではない」と私たちに教
 えている。
 これは、社会がそうさせたのである。若者がタバコを吸うのを想像してみるとい
 い。多くの若者が吸っている。「しかし、彼らはもうコーヒーは飲まないのであ
 る。アラビアコーヒーやロバスタコーヒーの商人は、がっくり肩を落としてい
 る。」
 強すぎるし、苦すぎるコーヒーは、「コカコーラに代表されるようなソフトドリ
 ンク」に慣れ親しんだ若者には、太刀打ちできない。もっと甘味のあるココアは、
 いたる所でコーヒーの座を奪っている。もはやココアは、子供専用の飲物ではな
 いのだ。「長い間にだんだん飲まれるようになった。」
 運命のいたずらなのか、若者らにコーヒーを広める役目を果たすべき 30 代のた
 くましい男たちでさえ、朝食に熱いココアを飲んでいるとは。親たちの所為だ、
 いつもそうだ、彼らは、コーヒーに浸した角砂糖『カナール』の入門式には、従
 わないのである。
 そのうえ、居酒屋でも、この現象は起こっている。「酒場で出されるコーヒーの
 質は、落ちるいっぽうである。コーヒーは、ほとんどの場合、強すぎて苦すぎる
 のである。これでは若者もやる気を無くしてしまう。」と、ネスレ・フランスの
 飲料部門マーケティング部長であるディディエ・ローランは述べている。コーヒ
 ーは、まさにお先真っ「黒」だ!
 注)
 フランスでは、まずいコーヒーのことを「靴下の搾り汁(jus de chaussette)」
 と言っている。またカフェなどで飲むブラックコーヒーは、petit noir と言う。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                    L E P E T I T B O U Q U E T
┃6┃Paques(復活祭)を祝う、巨大オムレツ  (N.474)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ジロンド県ボルドーの南東に位置する小さな村、オー(Haux)でのお話。さすが
 国際的サッカー人、アラン・ジレス(Alain Giresse 現トゥールーズチーム監督)
 を生んだ土地だけあって、何事も中途半端ではすまさない。
 ここでは、Paques のお祝いもおおごと。なんと、4507 個もの卵を使ったオムレ
 ツなのだ。中身はとろけるごとくやわらかく、直径は優に3メートルを超す。こ
 の巨大オムレツを調理するため、ボランティアたちは日の出とともに、卵を割り
 はじめ、午前中のほとんどをこの作業に費やした。
 卵の他には、ラード 30 キロ、塩と胡椒3キロ、にんにくと玉ねぎ 30 キロ、牛
 乳 20 リットルが使われた。そしてフライパンの重さは 250 キロ!
 葡萄のつるのたき火の上で、材料すべてをかき混ぜるために力をあわせ、みんな
 の心血をそそぐこと(l’huile de coude)も欠かせない。……これこそ、「らく
 らく」記録更新(”haut la main” の haut と地名の Haux をかけている)であ
 る。
 Paques(復活祭)
 キリストが十字架にかけられた3日後に甦った事をお祝いする日。様々に彩色さ
 れた卵が飾りに使われる。春分以降の最初の満月の次の日曜日と決められている。
 その年によって日付けがかわる移動祝日(fete mobile)のひとつ。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                               F I L M
┃7┃横浜フランス映画祭情報
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今年も恒例の横浜フランス映画祭が始まります。6月10日(木)-13日(日)
 の4日間、今年は7回目を迎え、御馴染みのパシフィコ横浜で開催される。
 日程:6月10日(木)~13日(日)
 場所:パシフィコ横浜
 料金:前売り券 1000円
    当日券  1200円
    今年は指定席もあるそうです。
    ウェルカムセレモニーとクロージングは1500円(当日は1700円)
 チケット発売日は5月14日
 ■公開予定の映画作品紹介
 □ Asterix et Obelix contre Cesar
  「アステリックスとオベリックス対シーザー」
  原作はフランスのマンガ「Asterix et Obelix」の完全映画化。監督は「フレン
  チ・コップス」「アルレット」のクロード・ジディ。出演は主演2人にクリス
  チャン・クラヴィエ、ジェラール・ドパルデュー。悪役には今年のアカデミー
  賞でオスカーを得たロベルト・ベニーニが扮している。
  109 mins
  http://www.asterix.tm.fr/lefilm/
 □ Belle Maman
  「美しいママ」
  「ペダル・ドゥース」に続いて、ガブリエル・アギオン監督のラブ・コメディ
  が今年もセレクトされた。この作品はキャストに注目。カトリーヌ・ドユーブ、
  ヴァンサン・ランドン(今年も来るか?)ステファーヌ・オードラン。
  102 mins
 □ Ca commence aujourd’hui
  「それは今日始まる」
  ベルトラン・タベルニエ監督の作品は、フランス映画祭ではこれまで3本上映
  されています。今回の映画もドキュメンタリー・タッチで小学校の教師を主人
  公にした社会派ドラマ。
  117 mins
  http://cacommenceaujourdhui.com/
 □ La classe de neige
  「雪のクラス」
  「伴奏者」「オディールの夏」に続くクロード・ミレール監督の新作です。ロ
  マーヌ・ボーランジェが出てるかって?残念でした。出ていません。心配性の
  ニコラは学校のスキー教室へ行くことになった。そこで起きた事件とは・・・?
  96 mins
 □ Le Derriere
  「お尻」
  サチャ・ギトリの原作を映画化した監督主演作品「カドリーヌ」に続いて、ヴ
  ァレリー・ルメルシエがまたまたコメディに挑戦。自分の父親がゲイであるこ
  とを知った娘(ルメルシエ)は、「ゲイの世界」を覗いてみたくなり、ある決
  心をする。彼女が取った行動とは!?
  102 mins
 □ Hasards ou coincidences
  「偶然と一致」
  これは、噂では今年の来日団の団長を務めるクロード・ルルーシュ監督の最新
  作です。日本でも「男と女」「愛と悲しみのボレロ」「レ・ミセラブル」等ヒ
  ット作があるルルーシュ監督。自分の奥さんを主演にしたこの作品はロードム
  ービとか。期待しましょう。
  120 mins
 □ Je regle mon pas sur le pas de mon pere
  「私は父に歩調を合わせる」
  新人監督のレミー・ウォーターハウスは撮った父親と息子のロードムービー。
  主演:ギヨーム・カネ、ジャン・ヤン、ローレンス・コート
  88 mins
 □ Karnaval
  「カーナバル」
  トマ・ヴァンサン監督作品。主人公ラルビは父親との大喧嘩の後、マルセイユ
  へ家出する。ダンケルクでカーニバルを見たラルビはベアと言う女に出会って
  ・・・
  88 mins
 
 □ Lautrec
  「ロートレック」
  題名が示す様に、画家トゥルーズ-ロートレックの伝記映画。ロートレックと
  言えば、「赤い風車”Moulin Rouge” 」と言う映画がすぐに思い浮かぶ。ホセ・
  フェラーがロートレックを演じたジョン・ヒューストン監督作品である。これ
  をビデオで見てから本国フランス製の本作品を見るか?キャストで唯一識別出
  来たのはエルザ・ジルベルシュタインだけだった。監督もロジェ・プランショ
  ンと聞いたことのない人だ。
  125 mins
 □ Mille bornes
  「1000の境界」
  死んだ友人の葬式に集まった友人:男5人と女が一人。死んだ友人は最後の願
  いとしてビデオを残していた。その願いとは、自分の死体を安置所から盗み出
  し、イタリアのベニスまで運んでくれと言うものだった・・・
  103 mins
 □ La Nouvelle Eve
  「新しいイブ」
  女流監督のカトリーヌ・コヌシーニの作品。30年間独身だったカミーユが遂
  に理想の男性に巡り会えたが、彼は子持ちの妻帯者だった。やはり「不倫」す
  るしかないのか?
  94 mins
 □ Petit freres
  「小さな兄弟」
  「ラ・ピラート」「ピストルと少年」そして、去年はあの「ポネット」でヒッ
  トを飛ばしたジャック・ドワイヨン監督の最新作です。家出した 13 才の少女
  と彼女を取り巻く4人の少年。
  92 mins
 □ Quasimodo d’el Paris
  「パリのカジモド」
  個人的には筆者が一番楽しみにしているのがこの作品。カジモド(ノートルダ
  ム・ド・パリのせむし男)の話は何度となく映画化されている。最近ではあの
  ディズニーもアニメ化した。さて今回は去年の映画祭でも受けていた「パパラ
  ッチ」のパトリック・ティムシットが監督主演で、あのモンティー・パイソン
  を連想させるタッチで映画化した。
  100 mins
  http://quasimodo-film.com/
 □ Rien sur Robert
  「ロベールに関しては何もない」
  脚本家として有名なパスカル・ボニツエール脚本・監督作品。数年前「Encore」
  と言う題名の彼の監督作品が東京映画祭で上映されたので、見に行った。あの
  作品が気に入った人にはいいかも。
  ファブリス・ルキーニ、ミシェル・ピコリ、サンドリーヌ・キベルラン、ベル
  ナデット・ラフォン
  107 mins
 □ Venus Beaute
  「美しいビーナス」
  マリオン・ベルヌー脚本、トニー・マーシャル監督作品。とにかくこの作品は
  出演している女優人が凄い。ナタリー・バイを筆頭に、ブル・オジエ、昔のフ
  ァンが泣いて喜びそうなミシュリーヌ・プレール、エマニュエル・リバ、トリ
  ュフォー作品以来のクロード・ジャドなど。ストーリーは現代女性が直面する
  様々な問題:仕事、嫉妬、自殺などを取り上げる。
  105 mins
 □ Tout baigne
  「全て水浸し」
  エリック・シバニアン監督作品。家が水浸しになってしまった。しかもこんな
  中、子供が生まれそうなの。一体どうしよう?
 □ Peau neuve
  「新しい肌」
  アニエス・B制作。もしも別人になることが出来たら?アランはある日決心す
  る。家族、仕事も捨てて、新しい運命を模索した彼に用意されていたのは?
  監督:エミリー・ドゥルーズ。
 □ Nos vies heureuses
  「私たちの幸福な生活」
  ジャック・マイヨ監督作品。6人の若者の人生スケッチ。イヤな物ばかりのこ
  の世の中で、好きな物を見つける喜びとは?
 □ L’humanite
  「ヒューマニティ」
  「ジーザスの日々」を撮ったブルーノ・デュモン監督の最新作。
 □ C’est quoi la vie
  「人生って何」
  フランソワ・デュペロン監督作品。家族崩壊で自分の居場所がなくなったニコ
  ラは祖父母が残してくれた農場へ行く。そこで、マリアと言う女性と出会い、
  彼は自分の新たな居場所を見つけることになる。
 情報提供:高木 洋一
 (編集部:ありがとうございました)
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                       I N F O R M A T I O N
┃8┃AntenneFrance 姉妹サイト
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆
◆◆◆ICHIBANDORi
◆◆◆http://www.masahiro.net/ICHIBANDORi/
   フランスの音楽や映画などを主に取り扱ったサイトです。
   フランスのテレビ局やラジオ局などの協力のおかげで、色々な情報やビデオ
   クリップなどを見ることが出来ます。
◆◆◆
◆◆◆L’HEXAGONE フランス情報省
◆◆◆http://www.metamondes.com/HEXAGONE/
   フランス旅行中にモバイルでインターネットをする方法、日本で見れるフラ
   ンスのテレビの紹介やその受信方法、日本で行われたフランス関係のイベン
   トに関してなど色々な情報を扱っています。
   フランス関係専門のホームページサーチエンジンも開始いたします。
◆◆◆
◆◆◆フランス・ウェブリング
◆◆◆http://www.metamondes.com/WebRing/
   ボタンをクリックすると、フランス関係のホームページがランダムに表示さ
   れます。新しいフランスのホームページと出会う為にも、このボタンを見た
   らクリックしてみて下さい。
◆◆◆
◆◆◆[email protected] フランス情報メーリングリスト
◆◆◆http://www.masahiro.org/ML/MelFRANCE/
   フランスに関係した情報を交換する為のメーリングリストです。質問などマ
   ナーやルールを守ってご参加下さい。
◆◆◆
◆◆◆映画専門マガジン ScreenKiss
◆◆◆http://www.ScreenKiss.com/
   横浜フランス映画祭で出会った人を中心に AntenneFrance で映画関係の記
   事を書いていた人で作るメールマガジンです。
   勿論フランス映画はご贔屓です。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                       I N F O R M A T I O N
┃9┃登録・解除・お問い合わせなどについて
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンは、6つの方式で発行されています。
                          (内容は全て同じです)
  まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/)
  マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/)
  フライヤー  (http://flier.pos.to/)
  メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/)
  ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/)
  ClickIncome  (http://clickincome.net/)
  【メールアドレス変更】
  ご自身の登録したサービスのページに行き古いアドレスを削除して、新しいア
  ドレスを登録します。
  マッキー版はご自身の購読IDの設定を変える事で変更できます。
  【解除】
  ご自身の登録したサービスのページに行き自分の登録したアドレスを削除のフ
  ォームに記入し送信して下さい。
  マッキー版はご自身の購読IDの設定で解除できます。
  【ホームページにて】
  AntenneFrance のホームページにはこのメールマガジンを発行しているサービ
  スへ直接処理が出来るようにリストアップしております。
  http://www.metamondes.com/AntenneFrance/
◇◇サービス______________________________◇

  ホームページで色々なサービスがあります。是非ご利用下さい。
  【オリジナル・ポストカード】
   インターネット上でポストカードを送信できるシステムです。他とは違っ
   たフランスの香るイメージを送ることが出来ます。
  【過去の記事参照】
   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。
  http://www.metamondes.com/AntenneFrance/
  Backnumber.toを利用したバックナンバー再送信サービスもあります。
  http://backnumber.to/list.asp?userid=10000200
◇◇広告募集______________________________◇

  AntenneFranceでは、広告を募集しております。
  詳しくは、[email protected]
◇◇お問い合わせ____________________________◇

  色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿を
  お願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。
◇◇スタッフ______________________________◇

  【編集長】      【記事執筆】      【翻訳】
   中津川 昌弘     Philippe BERTHET    赤木 信子
              石川 祐子       竹田 恭子
  【編集】        赤木 信子       松山 弥代
   校條 咲       鳥野 韻子       パンペルデュ
   金井 千春                  中井 秀明
◇◇協力・提携_____________________________◇

  TMF 日仏メディア交流協会
  INA フランス国立視聴覚研究所
  RFI フランス国営国際放送
  Le Petit Bouquet
ScreenKiss
  ICHIBANDORi
  EMEX (Europe Multimedia Express)
  Imagina News
◇◇AntenneFrance について_______________________◇

  AntenneFrance はフランスのメディアや日本国内のフランス関係機関との協
  力を得てフランスに関わる話題を紹介しています。
  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。
 ■Copyright(C), 1997-1999 AntenneFrance               ■
  Ce numero a ete realise par <>, <>, <>,
  <>, <>, <> et <>.
  Merci!
                      directeur de la publication
 ■                    Masahiro NAKATSUGAWA    ■
┼                                   ┼
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 ■  □  ◆  ◇             ╋           ╋
                           F  I   N 
                        ╋           ╋

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2009-12-4

    フランスの犬事情

    フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  2. 2006-2-18

    結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  3. 2009-12-2

    携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  4. 2010-1-5

    シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  5. 2009-11-19

    幼児のテレビ鑑賞は禁止すべき?

    幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  6. 2010-6-7

    フランス人、トップクラスの生産性

    バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  7. 2015-5-27

    フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
ページ上部へ戻る