AntenneFrance n.426 グァンタナモ収容所閉鎖の歓迎と不安

┼                                   ┼
A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e______________ISSN_1881-2597_n.426
S  O  M  M  A  I  R  E  2009/2/14
□グァンタナモ収容所閉鎖の歓迎と不安

_______________________________________________<http://AntenneFrance.com/>

◆◆
◆◆グァンタナモ収容所閉鎖の歓迎と不安
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アメリカの大統領がオバマになって、日本のニュースではあまり取り上げら
れていないが、フランスなどヨーロッパでは特に話題となっているキューバ
の「グァンタナモ収容所」の閉鎖だ。

何でアメリカがキューバの収容所を閉鎖できるのか?と謎に思う人もいるだ
ろう。なにせ、アメリカとキューバは敵対関係に有ることはよく知られてい
るし、何の関係が?

歴史は遡るが、キューバはスペイン領だったのだが、アメリカの援助で独立
した。このため、キューバ領土内には以前の香港のようにアメリカが租借し
ている地区があり、これがキューバの南側にあるグァンタナモ湾だ。

ここに米軍基地があるが、日本のそれとは微妙に違う。日本の米軍基地は日
本の領土で日本の主権が及ぶので、日本人やそのほかの外国人は日本の法律
で日本で裁かれる。(ただし米軍兵士には治外法権が認められている。)

これに対しキューバの場合は、条約によって領土はキューバの物ではある
が、キューバの主権は停止されているのである。

このごく僅かな違いを根拠として存在しているのがグァンタナモ収容所だ。
グァンタナモでは、アメリカの領土ではないのでアメリカの法律も及ばない
し、キューバの主権も停止されているので、キューバの法律にも影響されな
いのである。

戦争などの捕虜であれば、ジュネーブ条約が適用されるが、犯罪者であれば
関係なく、アメリカの領土でもないので、アメリカの憲法や法律上の権利も
関係ないというわけだ。

しかも、この基地の周りはキューバによる地雷で埋め尽くされていて、脱走
も難しいし、マスコミや人権団体の監視もされにくいという好条件が備わっ
ていた。

9.11のテロ後、各地で捕らえたアルカイダ、テロ容疑者などをグァンタナ
モ収容所に連れてきて無期限の取り調べや拷問などを行っている。国内では
違法で出来ない事も行っているため、人権機関などが非難しており、世界的
にも閉鎖を求める声が出てきている。

ブッシュ前大統領も2007年に閉鎖を行おうとしたが、収容されている人間
の移送先が問題となり頓挫してしまった。アメリカの連邦裁判所も一部の収
容者の釈放を命令しているが、オバマ大統領も閉鎖の支持した。

このため、ヨーロッパの首脳たちは相次ぎこの収容所からの移送に関してコ
メントをしており、フランス、ドイツなどでも閉鎖を歓迎し、収容者の受け
入れ国に加わる表明している。

問題はアルカイダ幹部などをどこに移送するか?さすがにヨーロッパも受け
入れられないし、出身国に返すわけにもいかない。2007年にサウジアラビ
アに送還された元容疑者は社会復帰プログラム終了後、イエメンに渡りイエ
メンの米大使館爆弾テロ事件に関与した疑いがあるなど、釈放された人間が
テロを起こした事件がある。

もちろん、ヨーロッパでも意見は分かれており、ドイツでは外相は受け入れ
を表明したが、内相は反対しているなど、アメリカの出方次第ではどうなる
か判らない。オバマ大統領も最初の試練と語っている。

◆◆フランス語順思考パターントレーニングディスク
◆◆Ecoutarium お得な3号パック発売中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Ecoutariumは単位文節ごとに解釈し、フランス語を逐次処理して理解する脳に
フランス語を理解していくメカニズムを作り上げるトレーニングディスクです。

三巻完結のEcoutariumシリーズ。3号は1、2号より、文章、文節を長め
にして難易度を上げています。3号には1〜3号のクイズ集を付録、理解度
のチェックに役立ちます。ボーナストラックとして、フランス語脳活性に効
果があると評判の2倍速音声も収録しました。3巻まとめたお得なパックも
ご用意しています。

フランス語が話せるようになりたい。
でも、何が一番いい方法なの?
どう勉強したらいいの?

フランス映画を字幕なしでみたい
フランス人のお友達と言葉の壁を感じたくない
ビジネスでフランス語を使いたい

言葉を習得しようとする思いは人それぞれ。

しかし、英語ではなく第2外国語となると
その学習方法も限られていてレベルアップを図ろうとしても
どうしたらよいかわからないジレンマに陥ることもしばしばある。

エクタリウムはそんなジレンマの解消に応えるべく
初級から上級者までが、フランス語力をアップさせることができる
わかりやすく学習できるスタイルの教材です。

センテンスごとにフランス語、日本語の順番で聞くことで無理なく文章を理解
できます。センテンスが区切られているので、自然と単語の意味も覚えてしま
うでしょう。「単語帳を片手に」、から抜け出して、「単語帳が自然と耳に入
ってくる体質」を目指しましょう。

また、時事単語や流行語を含み最新のフランス語を耳にすることができます。
フランス人のお友達との会話も常に時代に合った単語を使って洗練させたもの
にしたいですね。フランス語力を確実に身に付けたい人のためのエクタリウム
です。

フランスメディアショップ
http://www.france.tc/

商品一覧(LaFrance.TV/早聞き時事フランス語/Ecoutarium/CleClaire/Les Voix)
http://www.france.tc/magasin/site_map.php

◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

このメールマガジンは、いくつかの方式で発行されています。
まぐまぐ   <http://rap.tegami.com/mag2/m/0000000200.htm>
まぐまぐでは「殿堂入りメルマガ」「草分けメルマガ【地域の情報】」です。
Melma     <http://www.melma.com/mag/30/m00000030/>
BIGLOBE    <http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/205.html>
※当方の手作業による変更、中止は行っておりません。
※配信先の変更は、現在の配信を中止後、上記にてお申し込みください。

◇◇協賛・提携募集___________________________◇

フランス・コミュニティーをサポートしていただける企業・お店を募集して
います。詳しくは、<[email protected]> へ

◇◇AntenneFranceの活動 ________________________◇

アンテンヌフランスの活動は会員の会費や寄付金などで運営されております。
□ClubAntenneFrance <http://club.antennefrance.com/>
アンテンヌフランスを応援する日本最大級の日仏団体です。
□パリ・ブランシェ <http://www.parisbranche.com/>
アンテンヌフランス編パリのガイド本好評発売中!
本書紹介のお店が続々日本進出中!
□フランスメディアショップ<http://www.france.tc/>
LaFrance.TVや早聞き時事フランス語や雑誌LesVoixの販売
□France.ST <http://www.france.st/>
フランス情報コミュニケーションサイト
□FranceJournal <http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/21/P0002114.html>
まぐまぐプレミアムで有料版フランス情報を配信中!
□Paris.CD <http://www.paris.cd/>
フレンチポップスの情報サイトへリニューアル中
バイオグラフィー翻訳プロジェクト翻訳ボランティアも募集中!
□パリ・フランス <http://www.parisfrance.be/>
電話で聞けるフランス情報。0570-003303へ電話して2513とダイヤル
□フランス・ウェブリング <http://www.antennefrance.com/WebRing/>
日本語のフランス関係のサイトのウェブ・リングです。
日本のフランス・コミュニティーの輪です。
□L’HEXAGONE <http://www.antennefrance.com/search/hexagone.html>
フランス関連専門の検索エンジンです。フランス関連のホームページやノ
ウハウなどを検索できます。

◇◇お問い合わせ____________________________◇

記事に関して   <[email protected]>
ホームページ   <http://www.antennefrance.com/>
ホームページではオリジナル・スクリーンセーバーなどをダウンロードして
います。

◇◇著作権について___________________________◇

全ての記事はAntenneFranceのオリジナルもしくは提携した機関より提供して
掲載しています。掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じ
られています。
発行:AntenneFrance(アンテンヌフランス|東京都港区)
■1997-2009 AntenneFrance, All Rights Reserved.
┼                                   ┼
_____________________________________________________________F____I____N__
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
http://www.AntenneFrance.com/

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る