AntenneFrance N.72

┼                                   ┼
                                  vol.72
                       A n t e n n e F r a n c e
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆
                        ◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆ ◆
                         ◆◆◆  ◆◆ ◆◆
                        ◆ ◆  ◆      ◆
                                ◆
                            ◆
                        ┼           ┼
                         S O M M A I R E
                        ┼           ┼
         N O U V E L L E
       i◆お知らせ
        _____________________________
         P A R I S
       1◆フランスの今 家族ってなに?
        _____________________________
         L E P E T I T B O U Q U E T
       2◆lundi 17 janvier 2000
        _____________________________
         r f i m u s i q u e
       3◆Jean Jacques Goldman 9
        _____________________________
         I N F O R M A T I O N
       i◆AntenneFrance 姉妹サイト
        _____________________________
         I N F O R M A T I O N
       i◆登録・解除・お問い合わせなどについて
        _____________________________
┏━┓                          N O U V E L L E
┃0┃お知らせ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□スタッフの今年の抱負(第3弾)
 「私のフランス年。仏語のレベルアップ!AntenneFranceと、フランスの出版社、
  企業との提携、協賛を増やしたい。」竹田
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                              P A R I S
┃1┃フランスの今 家族ってなに?
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ~離婚、ユニオンリーブル、婚外子の増加 モノパロン(片親)家族、ル・コン
 ポセ家族の出現~
 「家庭は社会の基礎構成単位であり続ける」そう考える若者(15~29歳)は
 9割弱にのぼる(1998年)。しかし彼らにとっての家庭像は、「婚姻関係を
 結んだカップルとその子供たち」という今までの観念にとどまってはいないよう
 だ。カップルがいつまでも続くことを望んでいながらも、一世代前の人間が開い
 た道(同棲や双方同意のもとでの離婚)を、彼らは何の抵抗もなく受け止めてい
 る。
 フランスでは今、10組に9組のカップルが同棲生活から2人の生活を始めてい
 る。この背景には、様々な理由が考えられる。カップルでありながらも自由を望
 む、社会において結婚という圧力が減少している、学業期間が延びてい
 る・・・。こうした状況の中で、「ユニオンリーブル(自由な結びつき)」は当
 然の選択だ。その数は15%にのぼっている。
 その結果、1997年には40%の子どもが婚外子として生まれた(1980年
 には10%だった)。1977年には1000人に対し8.1人が結婚したのに
 対し、1994年には4.4人という最低率を記録した。1997年、それまで
 子どものいる同棲カップルに対して有利になっていた税制が改定されたため、婚
 姻率は4.9まで回復した。
 逆に、離婚数は結婚に反比例した。35年前と比べて4倍となったのである。こ
 のままでいくと、10数年後には、3組に1組のカップルが離婚を迎える計算に
 なる。とはいえ、3組に2組の離婚カップルは子どもがいるカップルだ。よっ
 て、「モノパロン(片親)家族」、「ル・コンポゼ家族」の出現となる。
 25歳以下の子どもの11%は、片親、その大半は母親と生活をしている。モノ
 パロン(片親)家族といっても今や「孤独」とは無関係のようだ。親近者が彼ら
 の支えとなるからだ。それに、この状態は長くは続かないらしい。40歳以下の
 片親の10人に6人は、離婚の5年後には伴侶を再び得ているのだから。そこで
 「ル・コンポゼ家族」が出現する。現在、4人の子どもがいる家庭の15%は異
 母(異父)兄弟のいるル・コンポゼ(再構成)家族だ。
 こういった様々な家族の形がある中で、当然問題点も多い。たとえば、「ル・コ
 ンポゼ家族の親権は、誰がもつのか?」現在のところ、法はそれについて何も答
 えてはいない。それに加え、論争の急展開をもたらしたPACS制度。家族論争
 は、まだまだ続きそうだ。
                                大崎 慶子
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                    L E P E T I T B O U Q U E T
┃2┃lundi 17 janvier 2000
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□PRISON APOCALYPTIQUE
 拷問、自殺、ドラッグ、凍った食事、ねずみとゴキブリ、とあまりにも非人道的
 なパリのサンテ刑務所(皮肉にもサンテとは健康を意味する言葉) の実態を報告
 した本がきっかけとなって、刑務所の衛生問題が議論になっている。これに対し
 ギグー法相は「わが国にふさわしからぬ環境」を改善するため、来年度1700万フ
 ランの援助を認めた。
□ASSASSINAT
 「アルカン」の名で知られる旧ユーゴ戦犯ジェリコ・ラジュナトビッチ被告が、
 15日ベオグラード内のホテルで何者かに銃殺された。 ラジュナトビッチ被告はコ
 ソボ紛争における一連の残虐行為を指示した人物として、国連の旧ユーゴ戦犯法
 廷から起訴されていた。 ミロシェビッチ大統領と親交が深かったことから、暗殺
 されたのではないかと見られている。
□CHASSE
 15日水禽の狩猟が盛んなソム県アブビル(Abbeville)で、狩猟期間短縮に反対す
 る1万人が抗議デモを行った。デモの中心となったCPNT(狩猟・漁業・自
 然・伝統の保護運動をしているグループ)のメンバーらは、次回の市議会選挙で
 この法令に賛成した議員に敵討ちをすると公言している。
□ALPHONSE BOUDARD
 作家アルフォンス・ブダール(74)心臓発作で死去。ブダールは19歳でレジスタ
 ンス活動に身を投じるが、その後、窃盗や贋金などで捕まり服役中に小説を書き
 はじめるようになる。囚人生活や娼館などを題材に、隠語や揶揄を交えた独特な
 スタイルで知られており、フランス文学を代表する作家であった。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
====[PR]==================================================================
   ★フランスの空気をいつも感じていたい!!  >> パリの放送が
   ★フランス語にいつも触れていたい!!    >> いつでも聞けます。
 □「ゆうせん」なら、衛星回線を通じてハイクオリティーな音で□
 □パリのラジオ局をそのまま放送中!            □
              ■詳細は→ http://www.AntenneFrance.com/usen/
==================================================================[PR]====
┏━┓                        r f i m u s i q u e
┃5┃Jean Jacques Goldman 9
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 AntenneFranceでは、ジャン-ジャック ゴールドマンを一押しフランス人アーテ
 ィストとして特集しています。
□彼は通りすぎ、また戻ってくる。
 97年にリリースされたパトリシア・カースのニューアルバムに再び参加した後、
 97年8月にリリースされたのは、自身のアルバム「パッサン(通りがかり)」で
 した。再びソロの形に戻ったのです。出発すること、いくつかの外国の世界や夢
 などが問題となっているメランコリックなこのアルバムでは、スタイルがデ
 ビュー当時と比べると少し変わってきています。つねに鳴り響いているギターの
 音が想定させるリズム・アンド・ブルーズの影響の見い出されるこの新しい作品
 は、また「ナターシャ」におけるバラライカの魅力や、シンプルな「サッシェ・
 ク(知っておいたほうがいいよ)」の中東のパーカッションの魔力も用いていま
 す。これまでの中で最も個人的な色の強い作品である「パッサン」は、それでも
 たくさんの経験とつねにインスピレーションを持ち続ける音楽家であり、歌手で
 ある彼の業績の継続なのです。ファンはそのことをよく理解していて、1998年の
 始めには125万枚を数えました。
 ギターのジルダス・アルゼルだけを相棒に九月にウォーミングアップのツアーを
 した後で、ゴールドマンは春から新しいツアーにでかけます。しかしソロのライ
 ンにしたがって、今回は、彼がステージに上ったとき、キャロル・フレデリック
 スもミカエル・ジョーンズ(とはいえミュージシャンとしては参加)もなしで、
 一人だけでした。1988年以来、彼らと一緒でなければかれは歌っていなかったの
 です。5月17日から20日のゼニットの後、夏の終わりまでに少なくとも20回、パ
 リの大会場に戻って9月30日から10月4日。彼の歌手としての活動は、作詞作曲
 家としての活動とそれほど隔たっているわけではありません。実際、9月にはほ
 とんど全体が彼によって作詞作曲されているセリーヌ・ディオンのニュー・アル
 バム「シル・シュフィゼ・デメ(愛することだけでいいのなら)」がリリースさ
 れています。ゴールドマンは、彼女に理想の歌手を見い出したかのように思われ
 ます。
 広がっている名声から家庭を守り続けているゴールドマンは、パリの郊外のモン
 ルージュの建物に住んでいます。そのままであり続けたいと願っている慎み深い
 人間である彼は、国内のスターとしての地位をうまく受け入れることを可能にし
 てくれた家族と友人たちとの間で一種の部族を形成しています。彼の作曲は、質
 と商業的な有効性を結び付けて、フランスの歌の遺産の一部となっています。革
 新者ではない彼は、ポピュラーな歌手であること以外のなにも望んでいないので
 す。
 98年10月
 ジャン=ジャック・ゴールドマンについての(非公式の)サイトより
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
====[PR]==================================================================
■■■■■■■■■「ゆうせん」で生のフランスを聞こう!!■■■■■■■■■
☆パリのラジオ放送を24時間リアルタイムに聞くことが出来る!
☆ラジオフランス語講座専用チャンネルからジャンル毎の番組など440ch!!
☆毎月 30 時間のインターネット・アクセス料が無料!!
 今なら加入料無料で AntenneFrance のオリジナルボールペンをプレゼント!!
 詳細、お申し込みは→ http://www.AntenneFrance.com/usen/
==================================================================[PR]====
┏━┓                       I N F O R M A T I O N
┃i┃AntenneFrance 姉妹サイト
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ICHIBANDORi
◆◆http://www.metamondes.com/ICHIBANDORi/
   フランスのポップス『フレンチ・コンテンポラリー』を中心にフランスを紹
   介します。フランスのラジオ局や音楽チャンネルの協力で曲やビデオクリッ
   プなどを見ることが出来ます。
◆◆L’HEXAGONE フランス情報省
◆◆http://www.metamondes.com/HEXAGONE/
   フランス関係の総合検索エンジン。フランスに関する情報と日本のフランス
   関係のサイトおよびフランスの有益なサイトを検索できます。
◆◆フランス・ウェブリング
◆◆http://www.metamondes.com/WebRing/
   日本語のフランス関係のサイトのウェブ・リングです。
   日本のフランス・コミュニティーの輪です。
◆◆[email protected] フランス情報メーリングリスト
◆◆http://www.electriccafe.net/MelFRANCE/
   フランスに関係した情報を交換する為のメーリングリストです。質問などマ
   ナーやルールを守ってご参加下さい。
◆◆映画専門マガジン ScreenKiss
◆◆http://www.ScreenKiss.com/
   ただの紹介ではない深~い内容で映画を紹介します。映画関係者のインタビ
   ュー、タイムリーな映画祭情報、パパラッチ的俳優情報、Paris・NY・London
   の映画情報など多彩なコンテンツでお届けします。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                       I N F O R M A T I O N
┃i┃登録・解除・お問い合わせなどについて
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンは、8つの方式で発行されています。
                          (内容は全て同じです)
  まぐまぐ   
  マッキー!   ID:411
  メルポット   ID:0000000007
  ココデメール  ID:0300400007
  ClickIncome 
  Pubzine
  Tiara online ID:france
  emaga
  【メールアドレス変更】
  ご自身の登録したサービスのページに行き古いアドレスを削除して、新しいア
  ドレスを登録します。
  マッキー版はご自身の購読IDの設定を変える事で変更できます。
  【解除】
  ご自身の登録したサービスのページに行き自分の登録したアドレスを削除のフ
  ォームに記入し送信して下さい。
  マッキー版はご自身の購読IDの設定で解除できます。
  【ホームページにて】
  AntenneFrance のホームページにはこのメールマガジンを発行しているサービ
  スへ直接処理が出来るようにリストアップしております。
  http://www.AntenneFrance.com/
◇◇サービス______________________________◇

  ホームページで色々なサービスがあります。是非ご利用下さい。
  【オリジナル・ポストカード】
   インターネット上でポストカードを送信できるシステムです。他とは違っ
   たフランスの香るイメージを送ることが出来ます。
  【過去の記事参照】
   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。
  http://www.AntenneFrance.com/
  Backnumber.toを利用したバックナンバー再送信サービスもあります。
  http://backnumber.to/list.asp?userid=10000200
◇◇広告募集______________________________◇

  AntenneFranceでは、広告を募集しております。
  詳しくは、[email protected]
◇◇お問い合わせ____________________________◇

  色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿を
  お願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。
  記事に関して        [email protected]
  Le Petit Bouquetについて  [email protected]
  翻訳に関して        [email protected]
  商品に関して        [email protected]
  タイアップ         [email protected]
  記事募集          [email protected]
  スタッフ募集        [email protected]
◇◇スタッフ______________________________◇

  【発行人・編集長】   【フランス支部】    【翻訳部】
   中津川 昌弘      Philippe BERTHET    片山 貢
               横田 まり子      鈴木 実奈子
  【編集部】                    熊谷 奈穂子
   小杉 妙子      【制作部】        高橋 明日香
   野口 和江       小俣 小夜子      長島 順子
               金子 真理子      秋田 真波
  【編集第2部】                  池田 由佳
   大崎 慶子      【広報・広告部】     吉田 奈可
   川俣 沙織       竹田 恭子       山田 順子
               松山 弥代       パンペルデュ
               大崎 慶子       木都老 とし子
                           中沢 早苗
                           石川 綾子
◇◇協力・提携_____________________________◇

  TMF 日仏メディア交流協会
  INA フランス国立視聴覚研究所
  RFI フランス国営国際放送
  Le Petit Bouquet
  ScreenKiss
  ICHIBANDORi
  EMEX (Europe Multimedia Express)
  Courrier d’Iris
  TEMPO
◇◇AntenneFrance について_______________________◇

  AntenneFrance はフランスのメディアや日本国内のフランス関係機関との協
  力を得てフランスに関わる話題を紹介しています。
  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。
 ■Copyright(C), 1997-1999 AntenneFrance               ■
  Ce numero a ete realise par <>, <>, <>,
  <>, <>, <> <>,
  <> et <>.
  Merci!
                      directeur de la publication
 ■                    Masahiro NAKATSUGAWA    ■
┼                                   ┼
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 ■  □  ◆  ◇             ╋           ╋
                           F  I   N 
                        ╋           ╋

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2009-9-24

    幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  2. 2017-5-30

    2017年バリューボルドー100発表

    今年もバリューボルドー100が発表されました。 バリューボルドーは、日本で販売されているボルドーワ…
  3. 2009-11-26

    科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  4. 2010-4-26

    フランスでもブルカ禁止法案

    先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  5. 2010-7-2

    フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  6. 2010-10-25

    産休延長へ

    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  7. 2018-6-2

    フランス映画祭 2018ナタリー・バイが団長に決定!

    今年で26回⽬を迎える「フランス映画祭 2018」(6/21(⽊)~6/24(日)開催)。⽇仏交流1…
ページ上部へ戻る