EDFの再国有化が進行中

IPOから17年後、Électricité de Franceの再国有化が開始されました。今週の火曜日、7月19日、すでに84%の株主であるフランス国家は、エネルギー会社の唯一の株主になるために残りの株式を12ユーロで買い戻すことを約束しました。全体として、この「公開公開買付け」はフランス国家に90億7億ユーロの費用がかかるはずです。今週の火曜日の朝、株価はパリ証券取引所に飛んだ。

州がその申し出に取り組むことを可能にするために、上場は先週の水曜日に停止され、今週の火曜日の朝、株価は11.76ユーロに跳ね上がりました。株主の場合、これは53%の保険料を表しており、これらの株主に有価証券を売却するよう説得することが重要です。

州は、この買収入札を実行するために90億7億ユーロを支出する予定です。彼は木曜日に議会で議論された修正予算にそれらを入力しました。買収は9月までに証券取引所憲兵隊に提出されますが、すでに州に対して苦情を申し立てると発表したグループの従業員株主の一部と元従業員によって争われています。

彼らは、過半数の株主として、競合他社に低コストで電力を販売する義務を含む「無謀な」戦略的および産業の選択によって会社を困難に(現在は過度の債務)させたと非難しています。

ベルシーは、この苦情が取引に及ぼす影響を最小限に抑えます。そして、政府にとって、買収入札は正当化されます。エネルギー会社を100%制御することで、構造改革や原子力発電への多額の投資などの大規模なプロジェクトに自由に従事することができます。

現在の地政学的文脈では、これまで以上に重要視されている問題。今週の火曜日、EDFは、アドホック委員会が買収入札の利益のために取締役会に勧告する責任があることを発表しました。これは、過半数の株主の身元を考えると形式的なものです。

メールマガジン購読

https://www.rfi.fr/fr/france/20220719-france-la-renationalisation-d-edf-est-en-marche

 

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 667