ユーロが2002年以来の1ドル台まで下落

数週間前から予想されていたユーロとドルのパリティがついに達成された。これは2002年以来です。インフレ、輸入品の価格上昇、ユーロ圏の魅力の喪失を伴う単一通貨の下落。

 

パリティという象徴的な閾値を超えたところです。ユーロが急落し、ドルが強くなる。ウクライナ紛争に揺れる欧州を前に、米国経済は投資家にとってより強固に映る。

このパリティの第一の帰結は、ユーロ圏にとってドルでのすべての取引がより高価になることである。これを輸入インフレという。通貨安になればなるほど、輸入コストは高くなる。

年初来、ユーロの下落により、石油代は8%上昇しました。他の原材料のドル建て輸入も同様です。欧州各国の貿易赤字の重しになるエネルギー法案。

観光部門は唯一の勝者

しかし、原材料だけでなく、電子部品など、欧州とアジア間のフローもドル建てが多い。また、大企業は一般的にこの為替リスクに対してカバーされていますが、中小企業はそうではありません。

最後に、大勝利を収めたのは、観光分野です。有利な為替レートは、米国からの観光を後押しします。

メールマガジン購読

https://www.rfi.fr/fr/économie/20220712-l-euro-tombe-à-un-dollar-pour-la-première-fois-depuis-2002

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks