フランスは、米国、インドによってブロックされているハイテク大手への課税に関する世界的な協議が述べている

少数の管轄区域で利益を宣言する世界的なハイテク大手に課税することを目的とした国際会談は、米国やインドなどの国々からの反対により停滞している、とフランスの財務大臣は月曜日に述べた。今週のG20会議は、再びボールを転がそうとします。

OECDの後援の下、利益を上げる国の多国籍企業に課税することに関する協議は、租税回避を減らすことを目的としており、今週のインドのG20大経済グループの会議に先立ちます。

「今日現在、物事は特に米国、サウジアラビア、インドによってブロックされており、「成功のチャンスは低い」とブルーノ・ル・メールは記者会見で語った。

彼は、フランスは常にG20諸国がこの問題について合意を得ることができない場合、代わりに「ヨーロッパの解決策」を求めるべきだと主張してきたと述べた。

「私たちは今その段階にいると思う」と彼は言った。

パリに拠点を置く主に豊かな国のクラブである経済協力開発機構は、主にデジタル巨人をターゲットにした税金に関する協議を先導しており、そのほとんどは米国のマザー企業としています。

OECDによって調整された多国籍企業に対する世界的な最低15%の税率を求める別の合意は、より多くの成功を収めており、「今後数ヶ月」に実施される予定である、とル・メールは述べた。

フランスはすでに大規模なデジタルビジネスに全国レベルで課税しており、毎年推定7億ユーロを国の財源に持ち込んでいます。

国際協定は、会社の利益に対する標準的な最低15%の税金という考えでブロックされています。

https://www.rfi.fr/en/international/20230220-france-says-global-talks-on-taxing-tech-giants-being-blocked-by-us-india

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks