電力供給業者EDFは180億ユーロを失い、会社史上最悪の結果

国営発電発電機EDFは、フランスの企業史上最悪の年の1つを報告し、180億ユーロを失い、2022年には負債が前例のない650億ユーロに上昇しました。ウクライナ戦争とアイドリング原子炉の影響は、国営企業にとって金融災害と綴られた。

EDFの収益は、エネルギー価格の上昇により70%増加し、1,400億ユーロを超えましたが、2021年の50億ユーロの利益と比較して、グループはほぼ180億ユーロの純損失で赤字になりました。

EDFは既存の発電所で十分な電力を生産することができず、グループは国際市場でプレミアムで電力を購入することを余儀なくされました。

金曜日に、最近任命されたCEOのリュック・レモンは、「電力とガス価格に支えられた売上高の大幅な増加にもかかわらず、EDFの総営業利益率は、原子力生産の減少と、困難な市場状況の中で2022年にフランスで実施された例外的な規制措置によって大きく罰せられている」とコメントした。

しかし、レモンは2023年に原子力生産が増加することを確認し、危機の緩やかな終結を示唆している。
ストレス腐食 – 2021年後半から多くの原子炉を閉鎖している問題 – が対処されている。

EDFと「核ルネッサンス」

EDFの損失の発表に反応して、フランス政府は直ちにグループに圧力をかけ、「新しいCEOとすべての従業員に、できるだけ早くEDFの電力生産能力の全体を再確立することを期待している」と述べた。

経済大臣のBruno Le Maireとエネルギー移行大臣のAgnès Pannier-Runacherは、EDFの財政の回復は何よりもまず生産量を増やすことによって達成されると強調した

閣僚はまた、EDFに「共和国大統領が決定した新しいEPR原子炉のプロジェクトの準備」を進めるよう求めた。

これは、フランス国家が、マクロン大統領の支援を受けた6つのEPR原子炉を含む600億ユーロの核ルネッサンス計画を推し進めるためにEDFを再国有化しているときに起こります。

2022年は電力会社にとって特に複雑な年であり、原子力発電と水力発電の生産は、世界的なエネルギーと気候の危機の中で最低点に低下しました。

EDFは、コロナウイルスのパンデミックによるパイプの腐食と発電所のメンテナンスの遅れに起因する問題の蓄積に直面している。

昨年、フランスの56基の原子炉の平均生産量は、過去5年間の73%と比較して54%に低下し、真冬の停電の脅威を高めました。

低出力と価格の上限

比較的穏やかな冬のおかげで、電力の輸入、フランスの人口の間での省エネの取り組みの実施、およびフラグを立てている原子炉を再接続するためのEDFの努力により、停電が回避されました。

それにもかかわらず、コストは高かった。

1988年以来、国内で生産されたテラワット時の原子力発電はそれほど少なくありません。2005年の430TWhのピークと比較して、2022年にはわずか279TWhです。

ウクライナでの戦争は問題を悪化させ、ガスと電気の価格が高騰した。

フランスの消費者のための法案を相殺するために、過半数株主であり、まもなくEDFの唯一の株主となる州は、競合他社や代替電力供給業者に1MWhあたり42ユーロで低価格の電力を販売することをグループに義務付けました。

その措置だけでも、公益事業になんと80億ユーロの費用がかかりました。

化石燃料産業の「前例のない」利益

EDFの苦境は、西部の5大石油・ガス会社が合計2000億ユーロの利益を上げ、2022年を化石燃料産業にとって最も有利な年としました。

いわゆる「ビッグファイブ」(エクソン、シェブロン、シェル、BP、トータルエナジー)から2月初旬に発表された年次結果は、石油とガスのコストの上昇が収益をターボチャージするのに役立ったため、2022年が歴史上最も収益性があることを明らかにしました。

一方、国際エネルギー機関の責任者であるファティ・ビロルは火曜日、世界の石油・ガス産業が2022年に約4兆ユーロの利益を上げたと発表した

https://www.rfi.fr/en/france/20230217-electricity-supplier-edf-loses-€18-billion-worst-result-in-company-s-history

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1516
Enable Notifications OK No thanks