ヨーロッパでエネルギー不足の脅威が消えつつある理由

ヨーロッパのガス価格は市場で下落し続けています。1月16日、1メガワット時あたり60ユーロを下回った。これはヨーロッパ人にとって安堵です。しかし、彼らはウラジミール・プーチンが立ち上げたエネルギー戦争に勝ったのか?

クレムリンの長は、ほとんどの西洋の専門家と同様に、この冬の最悪の事態を予測していた。ヨーロッパ、特にドイツを供給するロシアのガスパイプラインであるノルドストリームの水門を閉鎖することで、ウラジミール・プーチンはすでにヨーロッパ人がウクライナをめぐって震え、分裂するのを見ました。

しかし、すべての期待に反して、ヨーロッパのガス埋蔵量は現在最高です。2023年の初めに80%が充填され、ウクライナでのロシアの攻勢の前夜、1年前よりもはるかに優れています。そして、市場への圧力は低下しました。ヨーロッパの基準であるオランダのガス価格は、2021年9月の水準に戻り、1年間で25%下落した。

特に穏やかな天候はヨーロッパ人に有利に作用した

しかし、それがすべてを説明するわけではありません。ヨーロッパ人、市民、コミュニティ、企業を合わせると、消費を減らすために大きな冷静な努力をしています。電気集約型メーカーは苦しんでおり、その結果は苦しんでいますが、ヨーロッパの産業全体は生産を増やし続けながらエネルギーを節約することに成功しています。

1970年代以来のヨーロッパで最悪のエネルギー危機は、電力不足を引き起こしたり、景気後退を引き起こしたりしませんでした。ヨーロッパはまた、再生可能エネルギーの台頭によりエネルギー供給を多様化することができました。そして何よりも、それはすぐにロシアのガスの代替品を見つけ、多くのノルウェーのガスとアメリカのLNGを購入しました。ヨーロッパのLNG輸入はほぼ倍増した。彼らは行方不明のロシアのガスの80%を補償します。

法外な価格で

エネルギー法案が急騰した。可能な限りタンクを満タンにしたいというヨーロッパ諸国の熱意は、市場の急増に貢献しています。消費者を保護するために、州もエネルギーに多額の補助金を受けています。世帯や企業に付与された公的援助の総額は、27年間で7000億ユーロと推定されています。したがって、ヨーロッパはこのエネルギー危機を克服するために高い代償を払った。

今日、ガス価格は急激に下がっていますが、わずかな寒さですぐに回復する可能性があります。 冬は終わっておらず、次の寒い季節はヨーロッパ人にとって新しいテストになります。その間、彼らは経済のための健全な休息を享受しています。ロシアが開始したエネルギー戦争は目的を逃しており、長い目で見れば、それに反対する可能性がある。

ロシアは2022年に炭化水素輸出で記録的な収益を得た

1550億ドルで、それは2021年より30%多い。ロシアは割引価格で販売された石油で中国とインドを浸水させ、27のガスパイプライン、さらにはLNGを介したバルカン半島へのガス供給国のままです。しかし、12月には、ロシアの輸出は急激に減少した。ガスプロムはヨーロッパ以外の他の店舗を見つけるのが最も困難であるため、昨年は探査への投資は急激に減少し、ガス生産は5分の1減少しました。したがって、戦争前にエネルギー超大国として認識されていた国にとって、見通しはあまり安心できません。

ヨーロッパでエネルギー不足の脅威が消えつつある理由 – powered by Happy Scribe

そして今日は、ドミニク・バイヤードを迎えての経済です。ドミニクさん、こんにちは。Arnaudさん、こんにちは。欧州のガス価格は市場で急落を続けている。昨日はメガワットアワーあたり60ユーロを割り込みました。もちろん、これはヨーロッパの人々にとっては安心材料です。問題は、プーチンが仕掛けたエネルギー戦争に勝てたかどうかだ。

クレムリンのトップは、多くの西側専門家と同様に、ヨーロッパ、特にドイツに供給しているロシアのガスパイプライン、ノルドストリームのバルブを閉じて、この冬の最悪の事態を予見していたのだ。ウラジーミル・プーチンは、ウクライナをめぐってヨーロッパ諸国が震え上がり、分裂しているのを見た。しかし、予想に反して、欧州のガス埋蔵量は現在最高水準にあり、2023年初頭の充填率は80%で、ロシアのウクライナ攻勢前夜の1年前よりはるかに良くなっています。そして、市場に対する圧力は完全に緩和されました。欧州の基準価格であるオランダのガス価格は、現在、2021年9月の水準に戻りました。1年間で25%減少しています。停電や暖房の切れの心配は、もうまったくありません。

特に天候に恵まれたことが、ヨーロッパ勢に有利に働いたことは明らかだ。

そう、非常に穏やかな気温のおかげで、電気や暖房用ガスの需要が減っているのです。しかし、これですべてが説明できるわけではありません。ヨーロッパの人々も、市民、自治体、企業を問わず、電力消費量の削減に大きな努力を払っています。電気集約型産業が苦しくなり、業績が悪化した。しかし、全体としては、ヨーロッパの産業界は生産量を増やし続けながら、なんとか省エネを実現しています。欧州では、1970年代以降最悪のエネルギー危機も、まだEUを不況に陥れていない。 欧州は、自然エネルギーの台頭で供給も多様化し、何よりもノルウェー産ガスや液化天然ガスを米国を中心に大量に購入し、ロシアのガスに代わるものをいち早く見出しているのである。欧州のLNG輸入量はほぼ倍増している。ロシアのガスの不足分の8割を補っている。

法外な値段で輸入する。

そう、だからエネルギー代が高騰しているのは事実なんです。欧州各国の満タンラッシュもこれに拍車をかけた。また、消費者を保護するために、政府はエネルギーに多額の補助金を出してきた。家計や企業に支給される公的支援の総額は、加盟27カ国合計で7000億ユーロと推定されている。したがって、このエネルギー戦争は、ヨーロッパにとって大きな代償となる。現在、ガス料金は大きく下がっていますが、寒くなる兆しが見えれば、すぐに反発する可能性があります。冬はまだ終わっておらず、次の寒い季節はヨーロッパの人々にとって新たな試練となることでしょう。その間、彼らは経済的な安らぎを享受しているのです。ロシアのエネルギー戦争は的外れだった。結果的に裏目に出る可能性もある。

2022年になっても炭化水素の輸出で過去最高の収益をあげているロシア。

売上高8550億ドル、これは2021年に比べて30%増です。ロシアはその安い石油を中国やインドに流し込んでいる。現在もパイプラインでバルカン半島にガスを供給しており、27日にはLNGも供給している。しかし、12月に入り、ロシアの炭化水素の輸出が急減しました。ガスプロムが欧州以外の出口を見つけるのに苦労したため、昨年を通じて探鉱への投資は激減し、ガス生産量は5分の1に落ち込んだ。だから、戦前はエネルギー大国と目されていた日本にとって、あまり安心できる見通しではない。

ドミニク・ベイヤールさん、ありがとうございました。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/aujourd-hui-l-%C3%A9conomie/20230117-pourquoi-la-menace-de-p%C3%A9nurie-d-%C3%A9nergie-s-%C3%A9loigne-en-europe

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 949
Enable Notifications OK No thanks