アペリティフ365

アペリティフ3652004年にフランスから提唱された「アペリティフの日」。11年目を迎えましたが、今年は一年365日楽しめるアペリティフの習慣化を目指して「アペリティフ365」と銘打ち、代官山で三日間に渡って開催することになりました。

食前のひと時の洒落た楽しみ・「アペリティフ」は、美食を愛し、友情を重んじ、ゆったりと人生を楽しむフランスの食文化そのものです。

シェフがフランス産食材を活かして腕をふるうアミューズブース、料理やワインセミナー、コンサートなど、フランスのライフスタイル「Art de vivre(アール・ド・ヴィーヴル)」を体験いただく絶好の機会です。HILLSIDE TERRACE店舗を巡るスタンプラリーも行います。

『アペリティフ365 in 東京』
■開 催 日 時 :2014年 5月30日(金) 11 :00〜20 :00、5月31日(土)11 :00〜19 :00、6月1日(日)11 :00〜19 :00  
■会場:代官山HILLSIDE TERRACE (http://www.hillsideterrace.com/)
■料金:入場無料。(食べ物やワイン等飲み物はキャッシュオンスタイルでご提供いたします)

食ブース参加シェフ (フランス農事功労章受章シェフの方々 ※敬称略)

青柳(小山裕久)/エスプリ・ド・ビゴ(藤森二郎)/セルリアンタワー東急ホテル(福田順彦)/タテルヨシノ(吉野建)/パティシエ・シマ(島田進)/ル・コルドン・ブルー・ジャポン(ドミニク・コルビ)/レストラン・パッション(アンドレ・パッション)

食・ドリンク出店ブース:ボージョレ―ワイン委員会/ブルゴーニュワイン委員会/大塚製薬(株)大塚食品(株)/ペルノ・リカール・ジャパン(株)/ CAMUS/カフェロイヤル/ラクタリス・ジャポン/日仏貿易(株)・カルネ(株)/サントリーワインインターナショナル(株)/(株)ブレスブルージャポン/BAUGET JOUETTE/ PIERRE OTEIZA/(株)チェリーテラス/銀座オザミデヴァン本店/ VAPEUR/デリリウムカフェ/ボナペティ/レストラン・イリエ・ル・ジョワイユー/HILLSIDECAFE/フランスワイン/ MAX BORDEAUX ROPPONGI/ GLOBAL

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  2. フランスも女子アナ時代

    数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  3. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  4. ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  5. フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial