アペリティフ365

アペリティフ3652004年にフランスから提唱された「アペリティフの日」。11年目を迎えましたが、今年は一年365日楽しめるアペリティフの習慣化を目指して「アペリティフ365」と銘打ち、代官山で三日間に渡って開催することになりました。

食前のひと時の洒落た楽しみ・「アペリティフ」は、美食を愛し、友情を重んじ、ゆったりと人生を楽しむフランスの食文化そのものです。

シェフがフランス産食材を活かして腕をふるうアミューズブース、料理やワインセミナー、コンサートなど、フランスのライフスタイル「Art de vivre(アール・ド・ヴィーヴル)」を体験いただく絶好の機会です。HILLSIDE TERRACE店舗を巡るスタンプラリーも行います。

『アペリティフ365 in 東京』
■開 催 日 時 :2014年 5月30日(金) 11 :00〜20 :00、5月31日(土)11 :00〜19 :00、6月1日(日)11 :00〜19 :00  
■会場:代官山HILLSIDE TERRACE (http://www.hillsideterrace.com/)
■料金:入場無料。(食べ物やワイン等飲み物はキャッシュオンスタイルでご提供いたします)

食ブース参加シェフ (フランス農事功労章受章シェフの方々 ※敬称略)

青柳(小山裕久)/エスプリ・ド・ビゴ(藤森二郎)/セルリアンタワー東急ホテル(福田順彦)/タテルヨシノ(吉野建)/パティシエ・シマ(島田進)/ル・コルドン・ブルー・ジャポン(ドミニク・コルビ)/レストラン・パッション(アンドレ・パッション)

食・ドリンク出店ブース:ボージョレ―ワイン委員会/ブルゴーニュワイン委員会/大塚製薬(株)大塚食品(株)/ペルノ・リカール・ジャパン(株)/ CAMUS/カフェロイヤル/ラクタリス・ジャポン/日仏貿易(株)・カルネ(株)/サントリーワインインターナショナル(株)/(株)ブレスブルージャポン/BAUGET JOUETTE/ PIERRE OTEIZA/(株)チェリーテラス/銀座オザミデヴァン本店/ VAPEUR/デリリウムカフェ/ボナペティ/レストラン・イリエ・ル・ジョワイユー/HILLSIDECAFE/フランスワイン/ MAX BORDEAUX ROPPONGI/ GLOBAL

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2005-11-20

    江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  2. 2011-1-4

    国民投票でフランス人の真の声を届けよ!

    市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  3. 2006-2-18

    結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
  4. 2011-8-12

    アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  5. 2010-6-7

    フランス人、トップクラスの生産性

    バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  6. 2009-11-19

    幼児のテレビ鑑賞は禁止すべき?

    幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  7. 2009-8-13

    フランスの地方分権

    今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
ページ上部へ戻る