アペリティフ365

アペリティフ3652004年にフランスから提唱された「アペリティフの日」。11年目を迎えましたが、今年は一年365日楽しめるアペリティフの習慣化を目指して「アペリティフ365」と銘打ち、代官山で三日間に渡って開催することになりました。

食前のひと時の洒落た楽しみ・「アペリティフ」は、美食を愛し、友情を重んじ、ゆったりと人生を楽しむフランスの食文化そのものです。

シェフがフランス産食材を活かして腕をふるうアミューズブース、料理やワインセミナー、コンサートなど、フランスのライフスタイル「Art de vivre(アール・ド・ヴィーヴル)」を体験いただく絶好の機会です。HILLSIDE TERRACE店舗を巡るスタンプラリーも行います。

『アペリティフ365 in 東京』
■開 催 日 時 :2014年 5月30日(金) 11 :00〜20 :00、5月31日(土)11 :00〜19 :00、6月1日(日)11 :00〜19 :00  
■会場:代官山HILLSIDE TERRACE (http://www.hillsideterrace.com/)
■料金:入場無料。(食べ物やワイン等飲み物はキャッシュオンスタイルでご提供いたします)

食ブース参加シェフ (フランス農事功労章受章シェフの方々 ※敬称略)

青柳(小山裕久)/エスプリ・ド・ビゴ(藤森二郎)/セルリアンタワー東急ホテル(福田順彦)/タテルヨシノ(吉野建)/パティシエ・シマ(島田進)/ル・コルドン・ブルー・ジャポン(ドミニク・コルビ)/レストラン・パッション(アンドレ・パッション)

食・ドリンク出店ブース:ボージョレ―ワイン委員会/ブルゴーニュワイン委員会/大塚製薬(株)大塚食品(株)/ペルノ・リカール・ジャパン(株)/ CAMUS/カフェロイヤル/ラクタリス・ジャポン/日仏貿易(株)・カルネ(株)/サントリーワインインターナショナル(株)/(株)ブレスブルージャポン/BAUGET JOUETTE/ PIERRE OTEIZA/(株)チェリーテラス/銀座オザミデヴァン本店/ VAPEUR/デリリウムカフェ/ボナペティ/レストラン・イリエ・ル・ジョワイユー/HILLSIDECAFE/フランスワイン/ MAX BORDEAUX ROPPONGI/ GLOBAL

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2009-11-26

    科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  2. 2010-1-5

    シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  3. 2008-7-4

    国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  4. 2010-3-10

    産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  5. 2011-9-8

    増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  6. 2009-5-24

    日曜日も働きたい?!

    まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルより フランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  7. 2018-5-19

    アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
ページ上部へ戻る