パリの一皿料理:ビストロ・ボブールのプラ・ド・ジュール(本日の皿)

安くておいしいパリのビストロをたくさん知っている、味と値段には厳しいフランス人の友人に連れていってもらい、以来ファンになってしまったここビストロ・ボーブールは、シャトレ駅から少し歩いた、ポンピドゥー・センターの裏手の袋小路に位置する。真っ赤な庇が目印の、内装も、外観も、内容も、どれをとっても典型的なパリのビストロという言葉がぴったりとあてはまる。
お昼ちょうどにオープンするが、午後1時にもなれば、店内は近くで働いているビジネスマンや自由業者と思われる人々でたちまち満杯になってしまう。夜も常に10〜15€のメニューがあるが、ここは断然昼に来るのがお得。何せ、プラ・ド・ジュールが5.8€からあるのだ。今回はその5.8€の皿「Petit Salé Lentille」を選んでみる。作りたてほかほかの湯気つきでテーブルに届いたのは、おなじみランティーユ豆が下に敷かれた、豚肉の塩煮込み。盛り付けは極めてシンプルだが、味のほうは、よく煮込んであるのか、豚肉独特の臭みがなく、肉自体も柔らかくて、とても食べやすく美味しい。マスタードをつけると、味にメリハリがついて、より一層うまみが増す。普段は苦手な脂身も、ランティーユ豆と一緒に食すと、独特のコクになり、パンも進む。この一皿とパンでかなりの満腹感になり、普段めったに残さない私でもランティーユを残してしまうほどのボリュームだ。
ソースがたっぷりとかかった同じプラ・ド・ジュールの子牛の煮込み8.2€もここの看板料理で、おすすめの一皿。他にもチリ・コン・カルネや、ステーク・フリットなど、パリジャンが日常に食べるメニューが豊富。店の人も皆キビキビと働いていて、お水やパンのおかわりにもすぐ対応してくれ、感じが良い。お昼前に着いてしまって、外で寒い中待っている人もチラホラ見かけた。場所柄何故か年齢層高めのゲイ・カップル率が多く、落ち着ける、大人のカジュアル・ビストロといった感じだ。
Bistrot Beaubourg
25, rue Quincampoix 75004 Paris
tel : 01 42 77 48 02
12h〜翌朝2hまで 無休

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  2. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  3. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  4. 日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  5. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  6. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  7. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
ページ上部へ戻る