フランスの家きん輸入停止を解除

農林水産省は5月25日、フランスにおける鳥インフルエンザの清浄性を確認したことから、フランスに対する家きん(鶏、七面鳥、あひる、うずら、がちょう)と家きん肉などの輸入一時停止措置を解除しました。

フランスにおける弱毒タイプの鳥インフルエンザ(H5N3亜型)の発生を受けて、今年2月3日以降輸入一時停止措置を講じていました。

フランスからの家きんの輸入停止措置は、平成18年にも高病原性鳥インフルエンザ(血清亜型H5N1)が発生したことから行われていました。

なお、発生国又は地域から家きん、家きん肉等の輸入を停止するのは、家きん等がウイルスに感染することを防止するためであり、食品衛生のためではないと農林水産省は見解を示しています。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  2. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  3. 国民投票でフランス人の真の声を届けよ!

    市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  4. フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  5. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
ページ上部へ戻る