ボジョレー・ヌーボーが解禁されます。今年は2003年の再来と言われているほどのワインの当たり年と言うことで、輸入量も過去最大、日本の消費量もフランスに次ぐ世界第2位ということです。すでにテレビなどで報じられていますから特に驚くこともないでしょうね。

あまり知られていないのが、ボジョレーの地理的位置。ボジョレーはフランスの古都リヨンの北で、行政上はローヌ=アルプ圏になりますが、ブルゴーニュのマコネ地区に隣接しブルゴーニュ・ワインと分類されています。

ボジョレー・ワインは赤ワインであればガメ(ガメイ)というブドウの品種を使うことが義務づけられています。白は非常に生産量が少ないのですが、シャルドネ種を使います。ボジョレー・ワインは90の村で産出された物ですが、その中で37の村に限定された物をヴィラージュと記されます。

ボジョレー・ヌーボーは8月から9月に収穫されたブドウを11月に出荷します。そのために特殊な製法「マセラシオン・カルボニック法」を使います。この方法は果実に炭酸ガスを封入し急速な発酵を行いワインにします。このためフルーティーな味わいになりますが、少しの炭酸が含んでいます。時々新酒だから泡が出ていると言う人がいますが、製造方法によるものです。また、よくこのヌーボーを年々か取っておいて熟成してから飲もうとか言うか違いますが、ヌーボーの賞味期限は12月頃までと言われ、長期保存には向きません。製法はより進化し近年は例えば10年前よりも美味しくなっていると言う人もいます。

ボジョレーヌーボーの解禁というのは、本来は11月15日でした。ヌーボーはその性格上よく売れるのでそれぞれのメーカーがこぞってどこよりも早く発売をし始めました。このため、まだワインとして出来上がっていない物までが市場に出回るようになり、解禁日を設けこの日以前には販売しないと言うことで、有る程度の醸造期間を保証したのです。1984年から解禁日を11月の第3木曜日と改められています。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  2. 先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  3. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  4. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  5. ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
  6. 日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  7. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
ページ上部へ戻る