マグロ取引禁止へ

マグロの乱獲によって絶滅の危機があるとされ、ヨーロッパでは禁輸する動きが高い。マグロの消費は日本が80%を占めていると言われ、この問題は日本のマグロ消費に大きく影響するだろう。

もちろんフランスにも大西洋や地中海で漁をしたり養殖している漁民が多くいるから、国内の漁師などもこの決定に不満があるが、本当に絶滅してしまえば、元も子もない訳で、理解を示している人も少なくはない。EUの中にも、クロマグロ禁輸に反対している国もあり、昨年9月には禁輸は否決されている。

確かに日本のマグロ好きは分かるが、本当に世界の80%も消費しているのか?確かに寿司屋、スーパーなどでも常にマグロは列んでいるが、近年は魚離れが話題になっている。寿司にしても刺身にしてもマグロばっかり食べているわけでもない。確かに手頃な居酒屋や回転寿司など外食産業が急速に伸びているので、こういう所の消費は大幅に増えたかもしれない。

世界中のマグロは日本に来るのかもしれないが、買うのは中国だったりするのではないか?

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの地方分権

    今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  2. フランス人、トップクラスの生産性

    バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  3. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
  4. アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  5. 中国工場を閉鎖しフランスへ

    ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。 中国では人…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial