ヨーロッパに広がる食品偽装問題

日本ではつい最近も食品偽装が立て続けに問題となったが、ヨーロッパでもチーズを巡り問題が起きている。先日のイタリアのモッツァレラのダイオキシン汚染に続き、今度はヨーロッパ数カ国に渡るチーズの製品に関わる重大な問題が明らかになった。

現在の調査によるとチーズ製造40社が2年間にわたり1万1千トンのチーズを賞味期限切れの物や痛んだものを新鮮なチーズと混ぜ再加工し各地に出荷していたという。イタリア人経営のドイツのチーズ工場ではネズミの糞や虫が付着した物や、インクやプラスチックが混ざった物まで混ぜて加工されていた事が取材などを通じ紹介されている。

まるで雪印やミートホープを彷彿させるような話題で同じようなことがヨーロッパでも起きるのかと驚きを隠せない。フランス人は一般的にイタリア人をバカにしているので、今回の問題はドイツがメインであるが、イタリア人の経営であることでちょっとホッとしている感じだ。

ヨーロッパで最大の乳製品の会社はフランスのラクタリスだが、イギリスやイタリアのチーズ会社などを吸収して拡大している。イタリアのチーズ最大手のガルバーニもラクタリスの傘下となっており、食品もボーダレスだ。

ラクタリスによれば、問題の会社とは1年前から取引を絶っており、現時点で問題はないとしている。

日本にも多く輸入されているヨーロッパのチーズ、本当に大丈夫なのか?

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. espace sans tabac

    2015-7-15

    子ども遊び場の全面禁煙

    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
  2. 2010-12-12

    フランスは世界の学力で中位

    OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  3. 2008-7-4

    国民健康保険、赤字対策で自己負担率アップ

    今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  4. 2009-9-11

    日本とフランスの自殺者数

    日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  5. 2015-7-17

    ヴァカンスの学習帳(夏休みの練習帳)

    毎年夏になると400万部も売れるベストセラーの本があります。それはcahier de vacance…
  6. 2009-11-26

    科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  7. 2005-11-20

    江戸時代にフランス語を習ったらどうなるか?

    フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
ページ上部へ戻る