6月4日アペリティフの日開催!

今年も『アペリティフの日』のイベントが6月4日、全国8都市で開催される。アペリティフとは食前酒やつまみのことで、本格的なディナーをスタートする前に軽い食事と会話を楽しむフランスの習慣だ。

イベントは今年で6回目。食通、ワイン通、フランス好きの人にはたまらないイベントで、一流シェフの料理やワインなどが一度に味わえる機会として魅力だ。目立つのがやはり女性の姿で中心会場となる東京六本木の六本木ヒルズアリーナは毎年大勢の人で賑わう。今年は約5000人ほどの来場者数を見込んでいるとか。

帝国ホテルやホテルニューオータニなどの有名ホテルからのシェフや、ソムリエの田崎真也さんも参加する。

入場には、専用サイトで販売する前売りチケットを購入する。フードとドリンクはフリーだが、ドリンクのうちシャンパンのみは1杯500円の追加料金が必要。料金は第1部から第3部までが3800円。第4部(4300円)は既に完売の模様。

今年はプラスチックカップの使用を抑え、CO2排出量を削減するため、使ったワイングラス1個は持ち帰ってもらうことになった。

おいしいものを一度に楽しむ機会はフランスならではのイベント。毎年混み合うようなので、もっと広い会場でもいいのではと思ってしまうくらい。

フランス好きの方は是非足を運んでみてください!!

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスに行くと犬が多いのに驚くだろう。たまに結構でかい犬が地下鉄に乗っていたりする。あのくらいだと…
  2. 今月から半年間EU議長国となり、お祝いにエッフェル塔のスペシャルライトアップがお祝いムードですが、妥…
  3. ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染対策における移動制限など封鎖解除に向けて動き始めました。これは…
  4. パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  5. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  6. セバスチャン・マルニエ監督
    https://youtu.be/-DVY9NpXM8w セバスチャン・マルニエ監督 インタビュ…
  7. 20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
ページ上部へ戻る