6月4日アペリティフの日開催!

今年も『アペリティフの日』のイベントが6月4日、全国8都市で開催される。アペリティフとは食前酒やつまみのことで、本格的なディナーをスタートする前に軽い食事と会話を楽しむフランスの習慣だ。

イベントは今年で6回目。食通、ワイン通、フランス好きの人にはたまらないイベントで、一流シェフの料理やワインなどが一度に味わえる機会として魅力だ。目立つのがやはり女性の姿で中心会場となる東京六本木の六本木ヒルズアリーナは毎年大勢の人で賑わう。今年は約5000人ほどの来場者数を見込んでいるとか。

帝国ホテルやホテルニューオータニなどの有名ホテルからのシェフや、ソムリエの田崎真也さんも参加する。

入場には、専用サイトで販売する前売りチケットを購入する。フードとドリンクはフリーだが、ドリンクのうちシャンパンのみは1杯500円の追加料金が必要。料金は第1部から第3部までが3800円。第4部(4300円)は既に完売の模様。

今年はプラスチックカップの使用を抑え、CO2排出量を削減するため、使ったワイングラス1個は持ち帰ってもらうことになった。

おいしいものを一度に楽しむ機会はフランスならではのイベント。毎年混み合うようなので、もっと広い会場でもいいのではと思ってしまうくらい。

フランス好きの方は是非足を運んでみてください!!

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 移民のDNA鑑定に足踏み状態

    フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  2. フランスの政策失敗例

    日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  3. 科学技術振興する国家

    最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  4. 産休延長へ

    フランスの年金改革のデモの話が大きくて隠れているが、ヨーロッパ議会は産休を延長する法案を採択した。E…
  5. 仏独の目指す欧州経済政府

    20年前なら、フランス人のみならずフランス語圏の人間にドイツやドイツ語について聞けば、アレルギーかと…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial