6/7日はアペリティフの日「アペしない?」

アペしない? by 服部幸應

アペしない? by 服部幸應

服部幸應の「アペしない?」イメージ

6年前から日本でも開催された「アペリティフの日」フランス大使館、ソペクサ(フランス食品振興会)が主導して、日本でも普及を狙っています。今年は東京、京都、大阪、千葉、埼玉、横浜、名古屋、岡山、土佐、宮崎、仙台(初開催)で行われる予定で、地域ごとに違った内容です。

特に東京では、六本木ヒルズアリーナに有名シェフが一堂に会して行われますし、フランス食品などが買えるマルシェもあります。入場はチケット制で4月24日から前売りのみで発売です。来場予定者数は5000人。マルシェの方はテレビ朝日の方にある開場で、チケットを持っていない人でも入場できます。

アペリティフは食前酒で、On va prendre un apéritif?ちょっと一杯飲んでいこうって言う感じで使われています。

当日のイベントの他、各地の小売店、レストランなどで販促キャンペーンが行われます。たとえば、フランスワイン産地への招待、協賛企業の商品などが当たります。

アペリティフの日参加シェフ他

アペリティフの日参加シェフ他

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスには最大40万人の不法移民が滞在するとされ、移民規制の政策は強化される傾向にある。特にフラン…
  2. 衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  3. 数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  4. 先日、ベルギーでヨーロッパ初のブルカ禁止の法案が下院を全会一致で通過したが、フランスでも同様の法案が…
  5. 日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
  6. 日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  7. フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
ページ上部へ戻る